遂に決勝戦!第100回全国高校選手権・夏の甲子園でまた1人のレジェンドが誕生するかもしれない‥。

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです!

夏の風物詩「夏の甲子園」といえば、今年で100回記念大会となる【全国高校野球選手権大会】ですが、この大会で久々のレジェンドが誕生するかもしれません!

過去記事でも書きましたが、甲子園と聞いてパッと出てくる選手は意外と限られていて、清原選手や桑田選手等がそのレジェンドと言われいる代表的な選手だったと思います。

関連記事:テレビ朝日8月5日放送の【ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙】を観て思ったこと

そして今回そのレジェンド仲間入りするかもしれない選手というのが、秋田代表の県立高校の金足(かなあし)農業高等学校の吉田輝星(こうせい)投手です。

大会中、勝ち続けるに連れどんどん知名度が上がり、ワイドショーにまで取り上げられる人気ぶりで社会現象にまでなっている感じがします。更には高校野球中継の視聴率も凄い事になっているとか。

このフィーバーぶりは、2006年の88回大会のハンカチ王子こと「斎藤祐樹投手」くらいの大きな盛り上がりになるかもしれません‥。

吉田投手は、昨日の日大三高との準決勝でも見事完投勝利を治め、本日の強豪大阪桐蔭との決勝戦に挑みます。

スポンサーリンク

決勝の見どころ

優勝候補筆頭の大阪桐蔭

いつも良く聞く高校だと思います。出身プロ野球選手も多く輩出している名門野球部です。更に今年のチームはドラフト候補選手が多数いて、過去最強チームと言われています。

よく最強とか優勝候補筆頭等々、過去にそんなチームはいくつかありましたが、実際に決勝まで駒を進めてくるって難しい事なので恐らく本当に最強だと思います。言われていてもそれが出来ないのがスポーツです。しかも更に、春夏連覇が掛っているので大阪桐蔭は名実共に本物の過去最強チームになる可能性があります。

最強チームと言われていたのではなく、実際に勝ち取っての最強チームに、今日なるかもしれません。楽しみです。

第1回大会ぶりの決勝戦へ金足農業

なんと記念すべき100回大会の決勝に進む金足農業ですが、これまた記念すべき1回大会でも決勝に進出してるんです。(結果は準優勝)

今日の決勝戦では、エースの吉田投手が大阪桐蔭の強打者たちをどれだけ抑え込めるかが鍵となります。気持ちで投げるタイプの投手のようなので、気持ちが乗ってきてからのストレートが素晴らしいので、なかなか大阪桐蔭でも難しい試合になるかもしれません。

ストライクゾーンのストレートで空振りをとれる、最近では珍しいそして素晴らしい本格派の投手です。そのストレートに大阪桐蔭が絞ってきた時、どうするのかどうなるのか。見応えが有り過ぎます‥。

打線もミラクルを連発しているので、接戦なら勝ち切れる要素が十分にあり、とても楽しみな決勝戦です。

スポンサーリンク

まとめ

第100回全国高校野球選手権大会は、本日14時いよいよ全国3,781校の頂点を決める決勝戦となりました。

私はいつも自分の地元が決勝戦に出ていたとしても「どっちも頑張れ」で観戦しちゃいます。なんか夏の甲子園の決勝だけそうやって観ちゃうんです。(歳取ったからだと‥)

そして、もし今日の試合で金足農業が優勝し、数年後に「甲子園といえば?」「金足農業の吉田投手」とパッと名前が出るようになっていれば、吉田投手は甲子園のレジェンドになったってことだと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

甲子園で一世を風靡した金足農業の吉田輝星投手が行きたいプロ野球の球団を言ったら波紋を呼んだ?
甲子園で一世を風靡した金足農業の吉田輝星投手が行きたいプロ野球の球団を言ったら波紋を呼んだ?
夏の甲子園で準優勝した金足農業の吉田投手に市民栄誉賞?市長の考えは何?
今年の第100回全国高校野球選手権で、素晴らしい活躍を魅せチームを準優勝に導いた金足農業の吉田投手ですが、新たに勲章が増えそうなんです。 まだ、甲子園大会が終わって日が浅いのですが、出身地である秋田県潟上市(かたがみし)が「市民栄誉賞」を贈ることを検討してるということです。 準優勝した投手だからという理由なのでしょうか