40代の転職事情は明るくない?転職成功率10%台の現実と客観視の重要性

40代の会社員は、「就職氷河期(1993-2005年頃)」と呼ばれていた、就職難の時期に就職活動を経験した世代といえます。

そのため、入りたくもない会社に就職し、今に至っている会社員も珍しくはないでしょう。

長年務めた会社であるにも関わらず、愛着もなく不満を感じ「このままでいいのか?」と、感じている会社員も少なくはないようです。

2019年現在では、企業の人手不足などが背景にあり高い就職率を保っているため、「自分にも需要があるはずだ」と転職を検討するきっかけともなっています。

しかし、40代の転職を成功させるのは簡単ではない、という根拠が示された記事もあります。

※上記の記事は【転職鉄板ガイド】から読むことができます

今回は、記事に書かれていることを参考にして、40代会社員の転職について考えていきましょう。

スポンサーリンク

40代で転職を成功させるのは簡単ではない

40代で転職する人も少なくはありません。

転職できたとしても、思っていた待遇ではなかったり役職ではなかったりというケースもあるのではないでしょうか。

40代の転職成功率は、2018年上半期において「14%」とされています。

人材不足で就職率が高い時代背景があっても、40代での転職は厳しいということです。

こちらの詳細データは【転職鉄板ガイド】40代転職、成功・失敗を決める「5つの誤解」から確認いただけます。

40代といえば、子供の進学などでお金がかかる時期と重なる人も多いでしょう。転職が失敗し、収入が減ってしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。

また、今まで積み上げてきた会社での地位や立場も無くしてしまうことです。

そのようなリスクが有りながら、どうして「自分は転職できる」と考えられるのでしょう。

スポンサーリンク

40代の転職が失敗する理由は「誤解」?

【転職鉄板ガイド】では、40代における転職が失敗するのは「5つの誤解」をしていることが原因だとしています。

なかでも気になった1つが、40代であっても「当然正社員になれる」と誤解しているということです。

以前の記事でも触れましたが、自分の経験が他の企業にとっても有益だと考えてしまっている会社員も少なくありません。

そのため40代であっても、転職すれば正社員として転職できるのも当然と考えたり、収入がアップするのも当たり前と考えたりするのです。

しかし、【転職鉄板ガイド】では「40代の転職では、正社員になれるだけでも勝ち組と言っても過言ではありません。企業が欲しているのは20代〜30代までの人材。40代以上はお呼びでないことが大半」と現状を表しています。

こういった「誤解」による転職活動は、自分や家族の人生を大きく狂わせてしまう可能性もあるのではないでしょうか。

それでも40代転職を目指すなら、ある程度「収入が減る」ということは理解しておくべきでしょう。

また、自分を客観的にみて、企業が本当に必要として受け入れてくれるような人材なのか冷静に考えてみることです。

※「5つの誤解」の詳細は、【転職鉄板ガイド】40代転職、成功・失敗を決める「5つの誤解」で確認いただけます!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、上記の記事を参考にして考えてみました。

就職や転職などの成功率が高水準となっている昨今では、企業側も自社にマッチした人材の採用に積極的です。

しかし、その対象となるのは、20~30代であったり、求められるスキルがある人材であったりと、すべての労働者とは言えません。40代の転職成功率は、14%と非常に厳しいのが現状ということでした。

もし、転職を検討し悩んでいるなら、【転職鉄板ガイド】にさまざまな有益情報がありますので、チェックしてみてください。転職を成功させるポイントやヒントが得られるかもしれません!