アジア競技大会「男子バスケットボール」騒動後の初試合を8人で勝利する!東京五輪へ光が見えた?

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです。

ジャカルタで行われているアジア競技大会で、例の不祥事開け初の試合を見事に8人で勝利したようです。

関連記事:東京オリンピック出場枠が大ピンチ!男子バスケットボール日本代表、アジア大会期間中での致命的な不祥事‥。

5人で試合するから問題ないじゃんと思われがちですが、本当は12人いる筈の国際試合で、8人で臨むのは、試合中に何かあった時の事を考えてもとても不安で精神的に疲れる試合になったと思います。

FIBAランクで格下の香港に相手に「88-82」と辛くも勝利しましたが、試合では簡単なシュートも外したりと、かなり精神的にも集中できる状態での試合ではなかったようです。

スポンサーリンク

東京五輪へ向けて

この試合の結果で、東京五輪の開催国枠がどうこうするもんではありませんが、少しでも目立ってFIBA(国際バスケットボール連盟)へアピールしなくてはいなりません。非常に厳しい状況ですが‥。

とにかく、W杯へ出場してベスト16水準のプレーを魅せる他に東京五輪への出場はありませんので、とにかく頑張ってもらいたいです。

スポンサーリンク

今回の不祥事の対応についてFIBAは

インドネシア、ジャカルタで行われているアジア大会で、公式ウエアを着たまま深夜の歓楽街に立ち入り、行為を行い、バスケットボール男子日本代表の4選手が日本オリンピック委員会(JOC)から日本選手団の認定を剥奪された問題で、日本バスケットボール協会のエグゼクティブアドバイザーを務める川淵三郎氏(81)が23日、自身のツイッターを更新。同協会の三屋裕子会長に、国際バスケットボール連盟(FIBA)のヴァイス財務担当から「三屋会長は正しい対応をした。我々は三屋会長を応援している」と激励があったことを明かした。

記事引用元

この記事を見た感じでは、日本バスケットボール協会の対応は上手くいったような感じですが、これが東京オリンピックの開催地枠獲得には関係がないと思いますので、やはりW杯でのパフォーマンスが大切だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

W杯の2次予選は9月から始まります。かなり厳しい戦いになるとは思いますが、あの強豪国「オーストラリア」に競り勝った実力は本物だと思いますので、とにかく勝ち切って頑張って東京オリンピックの出場を決めてもらいたいです。

オリンピックに出場することが、日本のバスケットボールのレベルを押し上げてくれると思っていますし、更に子供達のバスケットボール人口が増え「Bリーグ」の人気もレベルも上がり、野球やサッカーのように日本全体で盛り上がるリーグになってもらいたいです。頑張って下さい!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

東京オリンピック出場枠が大ピンチ!男子バスケットボール日本代表、アジア大会期間中での致命的な不祥事‥。
もしかしたら、男子バスケットボールの東京オリンピック終了となるかもしれません。今月16日の深夜、ジャカルタで開催中の「アジア大会」にバスケットボール日本代表として現地入りしていた4名の選手が現地で買春してしまったんです。 五輪の出場枠の確約をもらっていない男子バスケですが、売買春は本当に世界中から嫌われている行為なので
男子バスケットボール日本代表「アジア大会」で予選突破し準々決勝へ進出!目指せベスト4!そして東京五輪へ‥
やりました!男子バスケットボール日本代表が「アジア競技大会」でグループリーグを突破し準々決勝へ進出を決めたんです! アジア大会の結果は「東京オリンピック」の開催地枠確保に直接は関係ないのですが、W杯でベスト16水準を魅せることを義務付けられている日本代表はアジア大会で予選敗退ってのは痛恨の結果になってたと思うんですよ。
日本バスケットボール協会「あの4選手」の処分が決定。ちょっと厳しめ?どう思います?
アジア大会の期間中、日本へ帰国させられた「あの4人選手」の処分が、日本バスケットボール協会から下されました。処分の内容とかはどんな感じだったのでしょうか。 本当ならこの4人もいて先日のフィリピン戦の4人で戦わなければいけない試合なんか無かったってことです。 結局は結構厳しい感じの処分になったと思います