パットで2打は損しちゃってる?ゴルフ超初心者にオススメしたい、たった1つのパッティング練習方法

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです。

パッティング大事です‥。初ゴルフで意気込んで猛練習しいざコースに出ても、そこで初めて気が付くのが、グリーン上のパッティングの難しさです。

力を入れていないつもりでも、とんでもなくオーバーしたり、その逆にオーバーさせないように軽く打つと全くカップまで届かない‥。

初ゴルフで練習の成果を発揮し、グリーンに3オンして初のパーが懸かった大事なパッティング、狙ってパットしたつもりが、とんでもなくオーバーしてしまい結局4パットもしてしまったという話をよく耳にします‥。

パターは初めて打つと全く距離感がわからないものなのに、パッティング練習経験が無いままコースデビューする人が結構多い様な気がします。猛練習でティーショットやアプローチが上手くいっても、パッティングも同じ1打なのでこれ程勿体ない話はありません。2オン3パットだと、バーディーチャンスから一気にボギーです。(パー4の場合)

そんな訳で、初ゴルフに行くならやっておいた方が良い、私がやっていたパッティング練習を紹介したいと思います。これは、超初心者向けの練習方法です‥。

スポンサーリンク

初ゴルフ前のパターの練習

この練習は、自分の打ち方での距離感を知る為だけの練習です。私は自宅で練習していましたが、いい場所があれば何処でやっても大丈夫です。

用意する物

まずは、パターボール3個くらいで大丈夫です。そして家の床が絨毯やカーペットの人はその上でいいですが、今はフローリングが多いと思いますのでその場合は、パターの練習用マットを用意します。私はフローリングなので練習用マットを用意しました。

練習用マット以外にも、人工芝マットとか代用できる物があれば何でも大丈夫です。ボールが良く転がる物なら何でもいいかと思います。ゴルフ場のグリーンの速さも毎回違うので、あまり気にしなくて大丈夫です。

また、カップに入れる練習ではありませんので特にカップは要りません。ただカップ付きの練習マットだとボールが散らばらないので便利だというくらいです。

練習方法

マットにボールを置き、2m先へ正確にボールを停めれる様にひたすらパッティングします。この時、パターとボールが当たる音が毎回同じになるように気にしながら練習します。

その2m先を狙う感じではなく、「自分がこの打ち方をすれば真っ直ぐ2m打てる」というのを身に付けるように心掛けて練習します。スタンス幅を目印にしてみたり、バックスイングの距離を目印にしたりと、とにかく自分だけのタイミングや目印で2mの距離を見つけるよう練習します。

練習効果

ある程度真っ直ぐにボールを打てるようになります。距離感も大きく誤る事がなくなるので一気にスコアが良くなります。初心者の時は18ホール全てで今までより、1~2パット分スコアが良くなる事を考えての練習してました。

注意点

2m先の目印をカップに設定してしまうと、どうしてもカップに入れる事を優先して考えてしまいますので、出来るだけカップを避けて2m先を設定した方がいいです。打ち損じてもカップに入ってしまう事がありますので、この練習はカップインさせる練習ではありません。

スポンサーリンク

まとめ

超初心者向けのパター練習は「自分の打ち方で2m先に真っ直ぐ打つことを身につける」ってことでした。

私は初心者の時、この練習で一気にパット数が減り、パッティングが好きになりました。そして一気に100切りできました。

おそらく、110~120台の方はパッティングを練習すれば、あっと言う間に100切り出来ると思います。

自分の打ち方で2mの距離を打つコツを覚えてしまえば、コースに行って練習グリーンでその2mの打ち方をやってみて、そのコースのグリーンは速いとか遅いとか、自分なりの距離感の計算が容易になり随分とスコアが改善されていきます。それにより、2パット以内で各ホールを周れるようになる筈です。是非初心者の方は試してみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

ゴルフ初心者に一番大切な練習?たった1つのどこでも出来ちゃう簡単で一番大事な練習。
初ゴルフの方が自信を持ってスイング出来てたのかって事ですが、初めてだから怖いもの知らず?っと思いがちですが、それには自分なりの根拠がありました。 上手い下手とかではなく、初ゴルフで自信を持って気持ち良くスイングできた練習方法を1つだけ紹介しようと思います。もちろん初心者限定でのお話です‥。
ゴルフを始めるなら慣れるより習え‥?初心者がコースデビューする前にレッスンを受けた方がいい2つの理由
これからゴルフを始めたいって人に、是非読んでもらいたい記事です。 ゴルフは、幼い時からやっていた人以外では、殆どの人が会社員など大人になってから始めるスポーツという特徴があります。 今回は、ゴルフというスポーツにおいて、独学で慣れるよりもレッスンを受けて習うほうが良い理由を解説したいと思います。
初心者ゴルフ:【パターの握り方や打ち方】は人に教えてもらわない方がいい理由
ゴルフのスコアアップにかなり重要なグリーン上での「パッティング」ですが、初心者にとっては「どう打つ?どう握る?」等いろいろとわからないことが多いと思います。 そんな時は「誰かに聞けばいいか」ってなると思うんですけど、ちょと人に聞くのは考え直して欲しいって話です。「えっ?なんで聞いちゃダメなの?」って話になると思います