震災で停電、そして携帯電話等の通信障害はどれくらいで発生するのかを自分が経験した時のことを書く

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

日本列島では毎年のように地震や台風や豪雨等々の自然災害が起こっております。私が若かった時より随分とその周期が狭まってきているようにすら感じられます。

こういった災害のニュースは毎回テレビやネットなどで、その恐ろしさを知ることが出来ます。そういったメディアの情報を知っても、実際には他人事と考えてしまうことが多かったと思います。

しかし、私は実際に震災等の災害に直面すると、何故もっと災害後のことを調べたり準備しておかなかったのかと後悔しました。

私の場合は、避難所に行かなくても大丈夫な場所だったのですが、それでも停電等で情報が全く入ってこなくなり不安を憶えたことを思い出します。

その時は、まだ夜も明けない時間帯に大きな地震が発生しました。そしてその暗闇の中、停電してしまいました。

当時の地震発生から、停電そして携帯電話等の通信障害の流れを書き留めておこうと思います。この限りではないとは思いますが、常に頭の中で意識して準備しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

地震発生から停電まで

地震が発生してすぐにではなく、時間差で停電になることがあります。特に真夜中の地震などの場合は、明かりがあるうちにしっかりと準備する事が大切です。

停電までの時間

地震が発生した直後は家の照明もテレビも点きましたし、外を見ても周りの家の明かりは点いていました。

しかし地震発生後約30分いきなり全ての電気が消えてしまいました。勿論突然ですし身構えてもいませんでした。その時は停電にはならなかったと勝手に判断してしまいました。

何故なら、地震が発生してすぐ数人に連絡したところ「停電になった」と何人もが言っていた為、勝手に「自分の家は今電気が点いているから停電にはならなかった」と判断してしまったのです。

結局その停電前の貴重な時間に全く何もせずに無駄にしてしまいました。少しでもスマホの充電も出来たし、身の回りの準備も出来る時間があったのにと後悔することになってしまいました。

この事により、地震発生直後に停電していなくても停電に備えるということが重要です。

また、地震発生後数十分以内に停電になる可能性は高いと考えておくことが大切です。

通信障害までの時間

私の場合は全く通信できなくなったってことはなく、本当にたまに繋がるって感じでした。ということは殆ど繋がらないってことですが‥。

地震発生直後は本当に普通に電話もネットも繋がりましたし、繋がりにくいってこともありませんでした。色々な人に連絡もしましたし連絡も来ました。

しかし、夜明けで外が明るくなってきた頃から、ほぼ繋がらなくなってしまいました。圏外とかではなく、とにかく電話もネットも繋がりにくくなり、繋がったとしても会話中に切れちゃう感じでした。

こういったことを繰り返していくうちにスマホの充電がなくなってしまい、連絡も取れないし照明も点けられないということになってしまいます。

この通信障害は地震発生後の朝からその日の夜くらいまでだったような気がします。恐らく夜が明けて安否等の連絡を取り合う電話が集中するからだったと思います。

とにかくスマホ等の通信機器の充電は大切になってきますので、出来るだけ繋がらない電話やネットは自分からは使わないようにした方が良かったと今では考えています

この経験から私は「無駄な連絡はしない」と決めましたが‥、やっぱり安否確認は正直したいです。ただでさえ不安なのに更に心配な気持ちになってしまうので、気持ちを和らげる為にも安否確認は大切な事です。

究極はスマホの電池さえ切れなければいいってことです‥。家庭用バッテリーがあるなら充電できますし、無くても車のエンジンが安全に掛けられるのなら車で充電できます。

充電充電って言ってますがそれより大切なのは、震災時はとにかく自分の家族はもちろん、親・兄弟・親戚・知人等々の安否は絶対に把握しておくことです。

スポンサーリンク

まとめ

地震発生からの停電や通信障害の発生についてでした。

とにかく、地震発生直後は大丈夫でも徐々に問題が出てきますので、どれだけ準備や心構えが出来るかってことです。

本当は災害なんて経験したくありませんので準備すらしたくありません。でも、いつ自分がこういった問題に直面してしまうか分かりません。考えたくなくても準備しておくべきです。

合わせて読みたい

震災に備えての「水・電気」2つの準備について、経験者が用意しておいて本当に助かった物。
以前災害により「停電や断水」を経験したことがあります。部屋は真っ暗ですしトイレやお風呂も使えません。 備えあれば憂いなしです。私は過去テレビを通して知ることが出来たので、普段の生活に役立てながら支障が出ない程度に準備が出来ました。 「停電や断水」を数日間乗り切る為の方法や準備しておきたい事を書き留めておこうと思います。
食料品が売ってない!?備えあれば憂いなし!緊急時に困らないように常に準備しておくという考え。
震災等が発生すると、スーパーやコンビニ等の商品があっと言う間に品薄になってしまうことが多々あります。 私が普段から準備していたので、困らなかったという最低限の物を書き留めておきたいと思います。 同じく震災に遭った人達が店を開いてくれているという意識をもてれば、何も迷うことなく震災に備えて準備出来るのではないでしょうか。
災害後の不便な生活を耐えられる気持ちを作っておくという重要なこと。心構えや準備を怠ると全てが最悪になってしまう‥。
いざという時にその人の本質が表れると云いますが、震災等の災害が発生すると避難所で生活しなければいけなかったり、自宅にいれても停電や断水・食糧不足等に耐えたりと、暫らくは非日常的な生活が強いられる事になります。 変わった行動をとらないためにも、普段から心構えと準備をして落ち着いて行動できるようにしておくことが大切です。