震災に備えての「水・電気」2つの準備について、経験者が用意しておいて本当に助かった物。

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

9月6日午前3時8分、最大震度7という大規模な「北海道胆振東部地震」が発生しました。被害に遭われた方が1日でも早く日常生活を取り戻せるよう祈っております。

あの地震から1日が経ちましたが数分刻みでの余震が続き、そしてまだまだ北海道全域の広範囲で「停電や断水」が続いております。

私も以前、災害により「停電や断水」を経験したことがあります。部屋は真っ暗ですしトイレやお風呂も使えません。そして食事も作れないし、そもそも食材も手に入らなくなってしまいます。

急に電気も水も使えなくなってしまった時、営業出来る状態では無いコンビニやスーパーに人は押し寄せパニックになってしまいます。みんな生きていかなければいけないので当たり前のことですが‥。

しかし、備えあれば憂いなしです。私は過去色々な災害をテレビを通して知ることが出来たので、普段の生活に役立てながら支障が出ない程度に準備しておくことが出来ました。

というわけで「停電や断水」を数日間乗り切る為の方法や準備しておきたい事を書き留めておこうと思います。

スポンサーリンク

停電に備える

震災時に発生する停電は予告なく突然起こります。真夜中、急に停電になってしまったら、歩くこともままならないほど真っ暗になってしまいます。そんな状態で明かりを探し歩き回る事は大変危険なことです。

就寝時は、必ずスマホ等の明かりを発する物を枕元に置いて寝るようにすることが重要です。

家庭用バッテリー

これは本当に究極で言えば家庭用のバッテリーがあれば最強です。スマホ・携帯電話がかなり重要になってきます。その充電が出来てしまうのはすごく心強いです。

金額がちょっと高めなのが気になりますが、実際に停電になった時の事を考えればすごく助かる物です。

キャンプ好きの方なんかは持っているのではないでしょうか。オススメは室内でも使える充電出来る「蓄電池タイプ」のものです。ガソリン等の燃料で発電機は室内では絶対に使用しないで下さい

ラジオ

震災が起きて停電になってしまうとテレビは映らなくなります。そして家庭のWifiも使えなくなり、通信障害によってスマホの電波が弱くなり情報が全く入ってこなくなってしまいます。

自分や一緒に行動している人以外とは、完全に孤立してしまい避難指示等の情報が全く入ってこなくなってしまいます

いざ災害が起きても情報が入ってこなければ「まだ大丈夫」や「取り合えず家に居よう」等と自分で判断してしまいがちですが、それが逃げ遅れてしまう一番の原因です。

ですので情報はラジオから得るのが一番で停電時はかなり重要なアイテムとなります。充電式や乾電池等々種類がありますが、照明付きで手回し充電が出来るタイプがオススメです。

カセットコンロ

お湯を沸かせればカップラーメンが作れますしコーヒーや味噌汁を飲んで緊張を解すことも出来ます。更に米と水さえあればご飯を食べることが出来ます。

停電時に、温かい物を食べると張りつめた気持ちを落ち着かせることが出来ますし、落ち着いて行動出来るようにもなります

カセットコンロのガスも常時切らさないようにしておくことが大切です。いざって時によく無いのがこのガスボンベです‥。

その他

スマホ充電池

スマホを充電出来る充電池が多少は便利でしたが、災害時の停電で考えると回数も使えませんので家庭用バッテリーの方が便利です。

懐中電灯

懐中電灯単体機能の物ではなく、ラジオや充電が出来る物がオススメです。乾電池を使う物は応急的には十分役立ちますが、乾電池の交換が必要となり更に乾電池を大量に準備する必要があります。

車の燃料

とくに震災での停電時はすぐ車に給油とはいきません。普段から常に半分減ったら満タンにしておくことが大切です。車が無事でエンジンさえ掛ればスマホの充電、テレビ・ラジオも使用できます。

また、冬はヒーターを夏はエアコンと温度調整もある程度出来ますので、一時的に便利で使い勝手がいいのが車です。しかし長時間の滞在は体にかなりの負担掛けますので注意が必要です。

スポンサーリンク

断水に備える

断水時は風呂やトイレは勿論、水分補給や食事にもかなり影響が出てしまいます。更に断水になってからスーパーやコンビにに掛け込んでも、ほとんどの場合は買うことはできません。

給水を待っても十分な量を確保できるわけではありませんので、数日間は生活出来る水を準備しておくことが大切です。

ペットボトルの水

私の家では常に500ccペットボトルの水を30本以上常備しています。この水は普段から外出時に持って歩く用で通販でまとめ買いしています。

一回に48本注文し半分減ったら注文して常時30本くらいをキープするように心掛けています。これは普段から使ってる物で断水時にも役立つ物です。

飲料水としてやカップラーメンやレトルト商品等々、色々な物に必要ですので沢山あると安心です。これで急いで水を買いに行かなくても数日は耐えられます。

ウォーターサーバーの水

これはメカーによって停電時使えなかったりもあるとは思いますが、綺麗な水がそこにあるって事には変わりません。

私が使っているのはフレシャスというウォーターサーバーで、この水は真空のビニール袋に水が入った状態で配達されてきます。(下の画像参照)

こんな感じですので、停電でウォターサーバーが使えなくても、端をハサミでカットすればすぐに綺麗な水を使用する事が出来ます。しかもこの1袋で7.2リットルありますので、けっこう色々使えます。

詳細は公式HPをご覧ください:フレシャス

風呂の水

風呂の水は風呂を洗う直前まで流さないようにしておくと便利です。断水になった時にトイレを流す水として使用できます。

私も昔は風呂の水をその日に流してしまっていました。しかし、いざ断水になった時トイレすら使えなくなってしまうと、ただでさえパニックなのに更に落ち着きを保てなくなってしまいます。

しかし、風呂の水をバケツですくいトイレのタンクに入れればトイレを流すことが出来ます。ですから、嫌って方も多いとは思いますが、出来るだけ風呂の水は入れ替える直前まで残しておくと緊急時に役立ちます。

体拭きシート

断水時は風呂やシャワーには入れなくなります。そんな時に便利なのが「体拭きシート」です。

これは体を拭くだけでスッキリさらさらになった気分になれるので、断水のイライラ等のストレス解消にもなります。体がベタついてると本当にイライラしてしまいます。

濡れタオルで体を拭いても、更にベタベタ感が出てしまいますので、これは本当に大量に用意しておいた方がいい物です。気分が全然違います。

その他に便利だった物

震災等の停電・断水時は買い物が出来なくなりますので、簡単に出来上がる食べ物が凄く便利でした。

カップラーメン・レトルト食品・缶詰類等々です。レトルトのご飯なんかはかなり本格的な味がして美味しいです。日保ちする食品類を普段から意識して買っておくと、緊急時にも焦って買い物に行かなくても済むこともあります。

他には、ティッシュやトイレットペーパーも無くなるギリギリまで待たずに補充しておくと、いざという時に焦らずに済みます。

焦って行動する事こそが、緊急時では一番危険なことのような気がしました。

スポンサーリンク

まとめ

とにかく今の時代では、緊急時の情報が無いと怖くて動くことが出来ません。また、食糧や飲み物等は待っていれば誰かがどうにしてくれるってことも有り得ません

連絡が取れなかったり喉が渇いてどうしようもない等の状態では、落ち着いた行動をとることが出来ません。自分に出来る準備はやっておくことが緊急時には重要です。

合わせて読みたい

震災で停電、そして携帯電話等の通信障害はどれくらいで発生するのかを自分が経験した時のことを書く
日本列島では毎年のように地震や台風や豪雨等々の自然災害が起こっております。私が若かった時より随分とその周期が狭まってきているようにすら感じられます。 地震発生から、停電そして携帯電話等の通信障害の流れを書き留めておこうと思います。この限りではないとは思いますが、常に頭の中で意識して準備しておくことをお勧めします。
食料品が売ってない!?備えあれば憂いなし!緊急時に困らないように常に準備しておくという考え。
震災等が発生すると、スーパーやコンビニ等の商品があっと言う間に品薄になってしまうことが多々あります。 私が普段から準備していたので、困らなかったという最低限の物を書き留めておきたいと思います。 同じく震災に遭った人達が店を開いてくれているという意識をもてれば、何も迷うことなく震災に備えて準備出来るのではないでしょうか。
災害後の不便な生活を耐えられる気持ちを作っておくという重要なこと。心構えや準備を怠ると全てが最悪になってしまう‥。
いざという時にその人の本質が表れると云いますが、震災等の災害が発生すると避難所で生活しなければいけなかったり、自宅にいれても停電や断水・食糧不足等に耐えたりと、暫らくは非日常的な生活が強いられる事になります。 変わった行動をとらないためにも、普段から心構えと準備をして落ち着いて行動できるようにしておくことが大切です。