明日は我が身を考えて欲しい‥。本当に信じられない被災者に対しての問題行動がある事実。想像してその意識を変えて下さい。

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は、災害に遭遇してしまった場合ではなく被災された方へ対しての行動で、絶対にやってはいけない事を心掛けて欲しいという趣旨の内容です。これも震災時等の備えです。

最近では北海道胆振東部地震が発生し、その震災にって地面の液状化による地割れや歪みが発生し、家が傾いてしまう等の被害が発生してます。

家が傾いてしまうと、勿論避難しなければいけません。こういった被害に遭われた方は本当に辛くて今後の不安しかないと思います。絶望的な気持ちで避難していると思います。

周りは地震なんか無かったかのようにどんどん日常に戻っていくのを目の当たりにしながら、自分は生活の基本となる家に帰る事さえ出来ない状況になってしまっているのです。

そんな不安な状況時に、全く関係のない部外者がその環境をまるで観光地に来たかの気分で見学にくるという許し難いことがいつも発生してしまいます。

というわけで今回の記事は、震災等が発生し被害を受けてしまった地域には、部外者は立ち寄らないで欲しいというお願いの記事になります。野次馬行為は人を傷つける場合があります。

スポンサーリンク

震災時の野次馬行為はやめましょう

特に今回の様な、個人の家等が被災してしまった場合は絶対に野次馬行為はやめましょう。被災した地域にとっては腹が立つ行為です。

妻の知人の話

今回の北海道胆振東部地震でも野次馬行為に悩まされている地区がでてしまっているようです。妻の知人がその地域に住んでいるため聞いた話です。

その地区の一部では、地震で地面が歪み数件の家が傾いてしまった為、夜は避難所で昼は自宅に帰れるという避難生活を余儀なくされてしまいました。

住民である妻の知人が言うには、知らない人が自分の家や周りの家をスマホで撮影して嫌な気持ちになるということでした。それは、消防や警察やマスコミや町内会や工事関係とかの人ではなく、全然その地域には関係のない部外者の野次馬です。

危険な場所だし調査等もあるし復旧作業もある為、関係者と住民以外は立ち入り禁止の場所に入ってきてスマホで撮影するという恥ずかしい人達がいるってことです。

しかも興味津々に笑いながら「スゲー!ヤバッ!」など笑いながら大騒ぎする人達もいるようです‥。

被害に遭った人の気持ちだけを考えて行動する

自分の家で寝れなくなってしまうことが、どれだけ辛い事か考えてみて欲しいってことです。そして、その状況がいつまで続くか分からないという言いようのない不安を抱えながら、家の中を片づける人の気持ちを考えて欲しいってことです。

震災など特殊な場合での写真や情報は、その地域に住んでいる方やマスコミの取材で十分に得ることが出来ます。ただの一般人が立ち入り禁止の地区でスマホ撮影した自己満足の写真等は必要ないってことです。

その地区や住民にとって見られたくないことや、知られたくないことも当然あるわけですので、そういった非日常的な生活を余儀なくされている地域に対しての野次馬行為は、絶対にあってはいけない事です。

震災等の自然災害の場合は、とにかく被害に遭われた方に余計な神経を使わせないことが最優先です。

だから、いちいち他人の不幸を見学に行き、精神的にダメージを受けている人の気持ちを逆撫でするような行動は絶対に行うべきではありません。

もしそういった事をやってしまったことがあるって方がいましたら、もう二度とそのような行動は止めて下さい。宜しくお願いします。

スポンサーリンク

まとめ

この野次馬行動に対し「常識がない」とか言っても問題解決には全くなりません。更にその場で注意しても全く伝わりません。

残念な事に意識を持って行動していない人に注意しても、全く意味のない事ですし聞いてくれる事は殆どありません。

今回の野次馬行為をしてしまった人達は、自分が間違った行動をしている意識等もってないってことです。自分で考え意識を持つまでは、行動に表すことってなかなか出来ることではありません。

とにかく想像してみることです。自分が嫌だったり格好悪いと思ったことは大人になるに連れやらなくなります。だからとにかく、自分がその立場になった時に大騒ぎしてスマホ撮影されたらどう思うかを真剣に想像してみて下さい。

想像する事により他人へ配慮できるようになります。そこに行かなかったり何もしなかったりすのが大切な大人の配慮だということに気が付ける筈です。

震災時の備えとして、被災者の気持ちを最優先に考え配慮できる意識をもっておくってことでした。これは本当に宜しくお願いします。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

合わせて読みたい

災害後の不便な生活を耐えられる気持ちを作っておくという重要なこと。心構えや準備を怠ると全てが最悪になってしまう‥。
いざという時にその人の本質が表れると云いますが、震災等の災害が発生すると避難所で生活しなければいけなかったり、自宅にいれても停電や断水・食糧不足等に耐えたりと、暫らくは非日常的な生活が強いられる事になります。 変わった行動をとらないためにも、普段から心構えと準備をして落ち着いて行動できるようにしておくことが大切です。
食料品が売ってない!?備えあれば憂いなし!緊急時に困らないように常に準備しておくという考え。
震災等が発生すると、スーパーやコンビニ等の商品があっと言う間に品薄になってしまうことが多々あります。 私が普段から準備していたので、困らなかったという最低限の物を書き留めておきたいと思います。 同じく震災に遭った人達が店を開いてくれているという意識をもてれば、何も迷うことなく震災に備えて準備出来るのではないでしょうか。
震災で停電、そして携帯電話等の通信障害はどれくらいで発生するのかを自分が経験した時のことを書く
日本列島では毎年のように地震や台風や豪雨等々の自然災害が起こっております。私が若かった時より随分とその周期が狭まってきているようにすら感じられます。 地震発生から、停電そして携帯電話等の通信障害の流れを書き留めておこうと思います。この限りではないとは思いますが、常に頭の中で意識して準備しておくことをお勧めします。
震災に備えての「水・電気」2つの準備について、経験者が用意しておいて本当に助かった物。
以前災害により「停電や断水」を経験したことがあります。部屋は真っ暗ですしトイレやお風呂も使えません。 備えあれば憂いなしです。私は過去テレビを通して知ることが出来たので、普段の生活に役立てながら支障が出ない程度に準備が出来ました。 「停電や断水」を数日間乗り切る為の方法や準備しておきたい事を書き留めておこうと思います。