初ゴルフでのマナー、グリーン上で気を付けたい初心者マナー

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです。

今回は、初ゴルフに行く時、覚えておいた方がいい「グリーン」でのマナーを紹介していこうと思います。

ゴルフのマナーは何度かゴルフコースに行けば、色々同伴者やキャディーさんに教えてもらいながらプレイするので自然に身についてきます。

今回ご紹介するグリーンでのマナーは細かいマナーやルールの話ではなく、初めてのゴルフの時に知っておいたほうが良いマナーです。

初ゴルフに行く前に、これだけは是非、覚えておく事をオススメします。

スポンサーリンク

ゴルフでいう「グリーン」とは?

グリーンとは、各ホールにおける最終目的のカップが設置されている芝が短く繊細に刈られ整備されている場所です。

一回ゴルフに行くと「18回」経験する場所です。通常では各ホール、この場所でだけパター(例外の場合も有り)を使ってボールを転がしカップインを目指します。

芝が短く刈られているので、フェアウェイよりもかなりボールが転がります。真っすぐ転がしたつもりでも、傾斜や芝目によってボールが左右に曲がったり、カップの遥か向こう側までボール転がってしまったりと、慣れるまでは力加減が難しい場所です。

スポンサーリンク

初ゴルフまでに覚えておきたい「グリーンでのマナー」

以前の記事では、声や音に関することや、ティーグランドでのマナーを紹介しましたが、基本的には同じ考えで、他のプレイヤーの邪魔になるような行動をしないって事です。(以前の記事は下リンクがら見れます)

関連記事:初ゴルフのマナー、これだけは守りたい2つの事。ゴルフは紳士のスポーツです!

関連記事:初ゴルフのマナー、ティーグランドでこれだけは守りたい1つの事。知らなかったでは失礼なこと‥。

走らない

かなり繊細に整備されている場所なので、スパイクを履いた状態で走るのはマナー違反です。ボールの痕もそうですが、スパイクを履いて走るとグリーンの芝が捲れたり剥げたりと傷んでしまいます。

よく後続の組に迷惑を掛けないようにと、ホールアウト後にグリーン上を走っているのを見かけますが、走るならグリーンを出てから走るように心掛けましょう。

動かない

同伴者がパッティングをしようとしている時に動かないように注意しましょう。また、視界に入っていないと思い込み動くことも気をつけた方がいいです。視界に入っていないようで入ってますし、気配が気になってしかたがないって人もいます。

立ち位置に注意

パッティングする人の真後ろや、視界に入る場所には入らないように注意しましょう。また、もしパッティング動作中に入ってしまっても「すいません」とか声を出したり、急いでその場から移動する動作はやめましょう。その場合は、声を出さずに動かないようにするしかありません。

大声を出さない

カップインした時に、甲高い大声を上げる人を見かけた事があります。ゴルフ場全体に迷惑ですので注意しましょう。グリーン上以外でも同じです。ゴルフ場で大声を出すのは危険を知らせる「フォアー!」だけです。

また、他の同伴者がパッティングの時、別の同伴者としゃべるのも注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、初ゴルフで気を付けたいグリーンマナーは、「走らない」「動かない」「立ち位置に注意」「大声を出さない」でした。

もちろんこれ以外にも、カップに立っている旗竿の扱い等、細かいマナーはありますが、取り合えずは今回紹介した事マナーを頭に入れてプレイしてみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

初心者向け、ゴルフ練習場(打ちっぱなし)でのマナー。慣れるまでは注意しておきたい事。
ゴルフ初心者にとってはコースデビューと他に、練習場もデビューする必要があります。 ゴルフで練習場といえば通称【打ちっぱなし】と呼ばれる、お客さんが横一列に並び同じ方向にボールを打つ練習施設の事です。 そこで今回は、初心者ゴルファーが知っておけば便利な初めての打ちっぱなしマナーです。
これからゴルフを始める人へ向け、準備するゴルフ用品やグッズリスト
ゴルフをこれから始めようと思った時、まず最初に悩むのは「何を用意すればいいの?」って事だと思います。 一人でゴルフショップに行っても店員さんに聞けば教えてくれます。 しかし、誰にも聞けないって人もいるのではないでしょうか? 初心者でも困らないゴルフを始める人に向けた準備するゴルフ用品やグッズのリストを紹介します。