初ゴルフのマナー?これだけは守りたい2つのこと!ゴルフは紳士のスポーツです!

スポンサーリンク
ゴルフ

ゴルフデビューの日、初めてのゴルフコースなので、同伴者に迷惑を掛けてしまうのは仕方がありませんし皆が通る道です。

しかし、これだけは守った方がいいと思うマナーがあります。

私は会社の人がゴルフデビューするときに、同伴者としてラウンドすることが多くありました。そして、自分のデビュー時も振り返って気になることが2つ

マナーはコースを周りながら教えてもらう事がほとんどです。ゴルフに興味がなかった人をゴルフに誘っておいて「マナーくらい予習しとけよ」って言ってもなかなか難しい。

ゴルフに興味がなく、コースに出たことがないのに「グリーン上で~したらマナー違反だぞ」とか言ってもイメージできる筈がないんです。

ここでは初ゴルフに行くなら、これだけは守った方がいい2つの「マナー」を紹介するので、しっかりと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

初ゴルフで気を使うべき2つのマナー

プレーに関する部分ではありません。そしてもちろんマナーはこれだけではありません。

大きな声を出さない

これが一番多いです。大きな声で喋り・笑い・叫ぶ。

自分の同伴者が打つときはもちろん静かにするのは当たり前ですが、ゴルフコースには他のグループも多くプレーしてます

いつどこで誰がボールを打つ瞬間を迎えてるかわかりませんので、大声を出すのは厳禁です。

また、ゴルフでは打ったボールが隣のホールに飛んでしまった際に「フォアー!」と叫び危険を知らせるマナーがあります。

その声が聞こえたプレイヤーは、プレーを止め周囲の安全を確認しますが、何も無いのに大声を出すと至る所でプレーが止まってしまうことも起きてしまうのです。

ゴルフコースでは普通の声で会話し、他人のプレー中は会話も止めるように心掛けましょう。

そして、危険を知らせるときこそ大声で叫びましょう!

アドレス中の音や動きに注意する

これは同伴者に対してのマナー。もちろん誰もアドレス(打つ構え)に入っていなければ気にしなくても大丈夫です。

気にしない人や気にならないって人もいますが、通常絶対にやってはいけないこと。ゴルフボールを打つときは誰もが集中してるので、本気で怒られるケースもあります。

音で注意したいのが、グローブのマジックテープの音クラブ同士がぶつかる音素振りの音などです。打つ瞬間に音を出してしまったら最悪。

動きは、アドレス中に打つ人の視界に入り動いてしまうことです。誤って視界に入ってしまった場合は動かないようにしましょう。

また、初心者の頃によく言われていたのが、アドレス中「真後ろに立つな」ということです。初心者にとって、真後ろから見たい気持ちは凄くわかりますが注意しましょう。

簡単に言うと、同伴者がアドレスに入ったら動かないってことです。動かなければ音も出ない筈です。

スポンサーリンク

まとめ

初ゴルフのマナー、これだけは守りたい2つの事。

  1. 大きな声を出さない
  2. アドレス中の音や動きに注意する

スポーツにはルールがありますが、興味がないスポーツのルールなんて知らなくていいって人がほとんどです。好きになるからルールを覚えマナーを身につけられるのだと思います。

ルールがないスポーツなんて、誰もやりたいとは思いませんし面白くもありません。

まず、ゴルフが好きだからやってみたいって人と、ゴルフに興味がないのにやらされる人では、初ゴルフでのマナーの捉え方や考え方が全く違います。

面白くないと思っている人にとっては、恐らくマナーはどうでもいいことなんです。

ですので、1度ゴルフコースに行ってみて、好きになってからルールやマナーを身につけていくしかないと思います。

誘っておいて「お前はゴルフをやる資格がない」って初ゴルフの人に言っちゃう人が私の周りにいましたし、「知らないからしょうがないっていう」初心者も沢山いました。

どっちも言いたい気持ちはわかりますが、ゴルフが好きなのかどうなのかって差だけです。

まずゴルフを経験してみて下さい。きっと楽しくて好きになる筈です。一度経験すると色々知りたくなります。でも初ゴルフでは、今回紹介した2つのマナーだけは、絶対に守るようにして下さい。