自分の子供をスポーツ選手にしたい!?それなら幼い頃から効率的に運動させるべきです!

子供をスポーツ選手にしたいと考えたり、高校などの部活で活躍して欲しいと考えたりしている保護者の方は多くいると思います。

子供のときに経験する運動というのは中学や高校、そして大人になってもスポーツの動きにかなり影響が出るものです。

よく耳にすることで、高校からバスケを始めたのに、経験者より上手くなったなどという話があります。もちろん、他のスポーツでも聞くことです。

しかし、そういった選手は、必ず小学生やそれよりも幼いころから他の運動を必ず経験しています。

今回は、子供を運動が得意といえる人間にしたいなら、どのような環境に置くべきかを考えていきましょう。

スポンサーリンク

遺伝?経験?運動神経はどのように培われるのか

スポーツをやるにあたり、大切と言われている運動神経。これは、どのように培われるものなのでしょうか。

遺伝の影響

運動神経は遺伝だ、と言われることが多くあり私もそう思っています。

しかし、スポーツによってさまざな動きや反応があるため、その運動神経が遺伝によって優れているものなのかということまでは分かりません。

また、運動を全くしない人もいますので、どの程度の人が遺伝によって運動神経が優れている人ということも判断できないといえます。

そして、自分のことを運動神経が優れていると考えていても、他人から見たら極々普通だというケースもあるのです。

経験による影響

子供の頃から運動をしていた経験は、大人になってからも活かされるケースが多くあります。

例えば、大人になってからるスポーツでいうと、ゴルフを始める人が多いのではないでしょうか。子供の頃に運動を経験している人は、初めてクラブを振る時もなんとなく形になるものです。

しかし、全く運動をしていなかった人は、全く構えやスイングが形になりません。自分では、プロゴルファーのようにスイングしているつもりでも、他の人から見たら酷いとしか言えないものです。

また、大人だけではなく、中学生にも言えることです。小学生から運動をしていた生徒は、それなりに何の競技でも、そつなくこなすことができます。

しかし、何もしてこなかった生徒は、何の競技でも信じられないくらいにスポーツの動きをすることができないのです。

そのため、運動神経というのは、遺伝によるものも大きいですが経験こそが大切といえます。

スポンサーリンク

なぜ、遺伝が大きいと言われているのか

もちろん、運動神経は遺伝によるものが大きいです。しかし、そう言いきってしまうと、両親の運動神経が悪いなら子供はスポーツを楽しめない?と考えてしまう人も出てきてしまいます。

遺伝というより生活の仕方

よく子供のスポーツを観に行くと、他の保護者の人から「ウチは、私が運動神経悪いから、子供も全然ダメなんですよぉ~」と聞かされることがあります。

その人は、幼い頃から運動経験が無いと言っていました

しかし、それは運動神経が悪いというよりも「幼い時から運動しない生活を送った」という経験を自分の子供にも経験させてしまっただけの話です。

その保護者は、自分の運動経験が無い人生を、だだ単に子供が生まれても続けただけで、運動神経が悪いなどと決めつけることはできません。

運動する習慣など無い人は、子供が生まれたからといって運動を始めたり、教えたりすることは考えづらいことです。

このケースでは、遺伝で運動神経が悪いと思われがちですが、実際は運動をする習慣が無いというだけといえます。

子供の意思で始めても上手くいかないから

子供は幼い頃、自分の意思でスポーツなど出来るはずがありません。何の運動も経験しないまま、中学生になった頃に子供自らスポーツがしたいと保護者へ訴えたそうです。

「お前は運動神経が悪いから止めとけ、父さんも運動神経が悪いから遺伝だ」と伝えましたが、本人がどうしてもということでスポーツを始めました。

そして、部活に入りましたが、やはり保護者が言ったように運動神経の悪さだけが目立ったのです。

保護者は「やっぱりダメだっただろ」となりますし、子供も「やっぱりオレは運動神経が悪い」と感じてしまうでしょう。

しかし、中学校からスポーツを始めて、いきなりそれなりの動きをするのは不可能といえます。

こういった経験をした生徒は数多くいると思います。そのため、自分は運動神経が悪い人と思っている人が多くいるわけです。

スポンサーリンク

どうすれば運動できる人になれるのか

スポーツ選手になったり、スポーツで活躍したりするためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

運動を経験させる

大人になってからでは、不得意な事を得意な事へ変えるのは難しいといえます。

幼い頃は、もちろん経験した事の無い全てが不得意な事です。しかし、幼い頃は経験した事をすぐに得意な事として吸収することが出来ます。

そして、得意となったことを忘れずに繰り返し続けることで、運動が得意なできる人となるのです。

幼い頃から運動面と精神面を鍛える

中学生など、ある程度の年齢になってしまうと、出来ないことは出来ないと諦めてしまいます。

しかし、幼い頃から出来るまでやり切る精神力と、それを可能にする運動能力を鍛えておけば、さまざまな可能性を引き出すことが出来るのです。

スポンサーリンク

幼い頃から出来ることをやる

具体的には、どのようなことを子供に経験させるべきなのでしょうか。

家で運動させるように意識する

家の中に、子供が運動できるようなスペースを設けて、毎日欠かさず運動させる方法があります。

しかし、このようなスペースを用意することも難しことです。

また、全ての保護者が正しい運動を教えられるわけではありません。そして、無理な運動をさせてしまうと、怪我などのリスクも考えられます。

プロに任せる

この方法が、一番安全で確実な方法といえます。

子供に運動を教えるプロから、マンツーマンで指導を受けることにより、子供の運動能力全般を底上げすることが可能です。

この幼い時期での経験が、大人になっても運動が得意な出来る人としてくれます。

オススメのレッスンは、RIZAP KIDSというレッスンで、もちろんマンツーマンレッスンです。

マンツーマンがなぜ良いのかというと、子供は大勢でレッスンすると他の子が出来ているのに、自分が出来ないと感じてしまうと飽きてしまい集中力を欠いてしまいます。

マンツーマンなら、自分だけに指導してくれるので飽きずに集中し、効率的に運動能力を身に付けられるのです。

詳しくは公式HPをご覧下さい → 運動能力向上にコミット!RIZAPが運営するキッズ専用スクール【RIZAP KIDS】

こういった、プロのマンツーマン指導は根拠や経験に基づき、子供1人ひとりに合ったカルキュラムでレッスンするので確実性が高いサービスといえます。

スポンサーリンク

まとめ

運動神経は遺伝によるものが多いかもしれません。

しかし、何も運動を経験せずに大人になっても、それを発揮するのは難しいことです。

スポーツで活躍するためには、運動神経を気にするよりも運動能力の底上げが大切といえます。

そのためには、幼い頃からの運動するという経験が必要だということです。

自分で経験する方法もありますが、プロの指導を受けることで効率的に運動能力の底上げができるので、子供の未来を考えるなら検討してみてはいかがでしょうか。

【RIZAP KIDS】公式HP → 運動能力向上にコミット!RIZAPが運営するキッズ専用スクール【RIZAP KIDS】