第100回全国高校野球選手権【夏の甲子園】、いったい何でこんなにも高校野球は人気なのか?

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです。

連日熱戦が繰り広げられている全国高校野球選手権「夏の甲子園」、もう夏の風物詩になっていますが、なんでこんなにもこの大会が注目されているのかというと、ご存知の方ばかりだとは思いますが何と今大会が第100回大会なんです。

こんなに毎年やってんだから、夏の風物詩って言われんの当たり前だって聞えてきそうですが‥。しかし40代の私が物心付いた時から夏休みには必ず連日テレビで全試合生放送されていて、しかも今でもそれが続いているという夏のビッグイベントです。

この夏の甲子園、なんでこんなに人気があって国民が熱狂するのでしょうか?

私なりの勝手な考えで、書き留めておこうと思います。たまたま自分が生きている瞬間に100回記念大会を観ることができたので‥。

スポンサーリンク

何で夏の甲子園は人気がある?

どうしてこんなにも「夏の甲子園」って日本中を熱狂させ、更に毎年全試合を生中継され続けられているのでしょうか?その要因を考えてみました。

都道府県対抗だから?

これは絶対あると思います。生まれ育った出身地や今住んでいる所は勿論ですが、その出場高校の近所に住んでいたり、親戚や兄妹・祖父母等々の出身校だったりと、人間生きていればその高校の出身じゃなくても色々と応援したくなる要素が出てきちゃうんです

それにより、長く生きていればいるほど1つの大会で色々な都道府県の高校を応援し、楽しむことが出来るわけです。転勤族で高校野球好きの人にとっては、何校もの試合を毎年楽しみに夏を待てるってことです。

更に、自分にとってお気に入りの選手を見付けた場合、数年後にその縁もゆかりもない高校が数年ぶりに夏の甲子園に出場すると、なぜかその高校を応援出来ちゃうんです。本当に不思議な大会なんです。

また、自分の都道府県の高校が夏の甲子園で敗退してしまうと「今年の夏は終わった」と季節まで終わってしまったかのように思えてしまう不思議もあります‥。

最後の夏だから?

殆どの3年生選手にとっては最後の大会になります。毎年大会期間は、その「高校野球人生」最後の瞬間をリアルタイムで毎日放送しています。こんな最後の瞬間を毎日観れる期間って他にあるでしょうか?

本当に限界近くまで練習した人達の涙だから感動できるんです。だから、赤の他人なのに心を動かされるのです。縁もゆかりもない高校生に心を動かされるのはこの「夏の甲子園」ならではのことだと思います。

皆さんにも経験があると思いますが、たまたま点けっぱなしテレビで観た高校野球中継で、たまたま見た選手が、急にお気に入りの選手になるってことなかったでしょうか。バッターボックスで元気だったとか守備で動きに躍動感があったとか好走塁をみせたとか、そんなことで1人の選手に思い入れ野球中継を観る事ができ、負けてしまった瞬間等を見てウルっときちゃうこともあるんです。

凄い事ですよ、全く知らない高校球児に泣かされてしまうんです。夏の甲子園は恐るべきです。

スター選手が出場するから?

数年に一度、とんでもない選手が現れるのも「夏の甲子園」です。

PLのKKコンビ(桑田投手・清原選手)星陵の松井選手だったり横浜の松坂投手駒大苫小牧の田中投手等々、他の選手達とはレベルが違うであろう選手達が、都道府県関係なく注目されます。

本当に数年に一度は、仕事をサボってでも観たくなるような試合があるのが「夏の甲子園」なんです。ただの高校の部活の全国大会で、ただのいち部員がこの大会でスターとなり日本全国が熱狂できるんです。(もちろん前評判から超有名ですが)

先日テレビでやってた「高校野球総選挙」の結果は下の記事でどうぞ

関連記事:テレビ朝日8月5日放送の【ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙】を観て思ったこと

何で野球の大会だけ人気?

昔からテレビでやってるってこともあるとは思いますが、とにかく野球というスポーツの性質上「一対一」でのプレイがある事だと思います。

ピッチャー対バッターという、他の人気スポーツにはない個人技的な要素が野球にはあります。そしてテレビ中継では1人1人をアップで紹介してくれます。それにより、テレビを観ているほうも何故か親近感を持ち、いつの間にか応援しちゃってる事がよくあります。

その個人競技のようでそうじゃない、声を出しチームワークで流れを引き込んだり、試合の流れで自分がこうしたから次の打者がこうなった等の、次に繋げる駆け引きなんかも楽しめます。送りバントの後のタイムリーヒットなんかみちゃうと鳥肌が立っちゃいます。

野球は試合の形式上「勝利投手」「ホームラン」「サヨナラヒット」もあれば、「サヨナラ負けの投手」「最後の打者」「サヨナラエラーの野手」とか等々、他にも沢山その個人がどうしても良くも悪くも目立ってしまうスポーツです。だから、野球中継に見いってしまうのかもしれません。

私個人はスポーツ観戦が好きなので、高校野球は勿論ですがサッカーとバスケットボールは地上波でやってなくても有料チャンネルに契約してでも観戦します。

特に、バスケットボールの試合終了間際数十秒からの作戦タイムからの点数の取り合い、一気に試合をひっくり返したり、ひっくり返されたりと物凄い醍醐味で見応えがあります。すいません、高校野球の話でしたね‥。

スポンサーリンク

まとめ

 

100回大会を迎えた全国高校野球選手権ですが、まだまだ野球少年がいつづけてくれる限りこの人気は衰えることがなさそうです。本当に日本国民に根付いた素晴らしいスポーツ大会だと思います。

更に言えば、高校バスケットボールもBリーグというプロリーグが出来たので、インターハイやウィンターカップは地上波とか無理ならBSで放送して欲しいもんですN○Kさん‥。

という訳で、連日猛暑の中繰り広げられている夏の甲子園の話でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

遂に決勝戦!第100回全国高校選手権・夏の甲子園でまた1人のレジェンドが誕生するかもしれない‥。
夏の風物詩「夏の甲子園」といえば、今年で100回記念大会となる【全国高校野球選手権大会】ですが、この大会で久々のレジェンドが誕生するかもしれません! 過去記事でも書きましたが、甲子園と聞いてパッと出てくる選手は意外と限られていて、清原選手や桑田選手等がそのレジェンドと言われいる代表的な選手だったと思います。
テレビ朝日8月5日放送の【ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙】を観て思ったこと
そ総選挙の結果なんですが、私の予想とは違っていましたので単にこのブログに、今まで小学生の時から約35年くらいは見続けてきたあろう私の、独断での考えを書き留めておこうと。 人に順位を付けるのは失礼だということや決まった順位に対し「自分とは違います」とか言っちゃうのは恥ずかしい事だとは重々承知しておりますがご了承ください。