会社員として絶対に気をつけなければいけない1つの事、言ってはいけないし聞かない方がいい話しって何?

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです。

会社員として働いていると、様々な場面で他社の方達と係わることがあります。その時に絶対に気を付けた方がいいって事が1つありますので、その話を書き留めておこうと思います。

私は昨年の12月に会社を辞めるまで約20年間会社員として働いてきましたが、本当に色々な他社の人とも仕事中に接する場面が多くありました。

そんな場面でよく会話になる内容で、聞きづらいし更に絶対に言ってはいけない様な話が結構頻繁にされていました

今、会社員として働いている人やこれから社会人になるって人は、自分は絶対に大丈夫と思っていても、ついその場の雰囲気や立場で一緒になってその事を言ってしまうことも考えられますので、このブログに折角辿り着いたんだし気を付けてみて下さい。

スポンサーリンク

言ってはいけない1つの事‥

別に会社員だからって特別言っちゃいけないって内容ではないです。誰でも言わない方が良い事ですし聞きづらい事です。

他社の人間に言ってはいけないこと

本当に会社員時代に他社の人が話して来る内容で多いのは「お客様の悪口」です。すげー聞き辛いですし面倒くさい会話です。いったい何なんだろうってくらいそんな話ばかりする人がいます。

なんでお客様の悪口をいうのか

わかりませんが、おそらく悪口を言う事によって自分の方が立ち場が上だと思わせたいのか思いたいのか。

それか、人の悪口が一番盛り上がると思っているのかもしれません。知らない人と仲良くなる為に他人の悪口を共有し仲良くなろうってことなんでしょう。

または、ただの会社員なのに芸人さんのマネをして毒舌キャラでお笑い芸人気取りをしたいのか‥。

悪口の何がいけないのか

別に、社内での悪口とか友達や家族で悪口を言って喧嘩するなら、別に他人には関係の無い事ですし勝手にやってればいい話ですが、会社員としてお客様の悪口を社外の人に言ってしまうとどうなるのでしょうか。

その悪口を言う人の業界全体がそういう体質だと思ってしまいます。

人から人へ「あの会社は、お客さんを馬鹿にしてるから使わない」ってなっちゃいます。昔みたいに付き合いやお偉いさん同士が仲良しとかでは、誰も使ってくれる時代ではありません。

自分の仕事は自分の業界以外の人全てがお客様と思って発言しないと、取り返しの付かない事が起こってしまう場合もあります。

それでは、実際にあった話を書いていこうと思います。

実際にあった悪口からの出来事

マンションの管理会社の人で「マンションの住民」の悪口を言いまくってるって人がいました。しかも普通の言い方ではなく、耳を塞ぎたくなるような悪口でした。この管理会社の人全員が、管理しているマンションの住民を馬鹿にしてるって思われても仕方ありません。

更に話には続きがあって、私が働いていた会社で、この管理会社が管理しているマンションに住んでいる先輩がいたのですが、なんとその人にこの管理会社の人は「住民の悪口」を言ってしまったそうなんです。

その先輩が住んでいる事を知らずに、ただの関係会社の人だと思いそのマンションの住民の普通ではない悪口を言ってしまったのです。勿論その先輩の悪口ではありませんが。

それを聞いて最初は話を合わせようとしたそうですが、我慢出来なくなってしまい「お前の会社でこのマンション買えるヤツいるのか!」と、先輩はその管理会社の人にイキナリ怒鳴り散らしたそうです。(先輩の発言もなかなかの悪口です‥)

そしてそのマンションは管理会社と契約更新せずに管理会社を変更しました。これが原因かどうかはわかりませんが、その関連のマンション全てがこの管理会社と契約の更新をしなかったそうです。

因みに私は違うシリーズのマンションに住んでいましたが、管理会社はこの悪口を言う会社でした。しかし、やはり他の管理会社に変更となりました‥。とにかく何があったのか知りませんが理事長さんが怒ってました‥。

とにかく、会社員ではなくても他人の悪口を他人に言うってことはやめた方が絶対にいいって話でした。

スポンサーリンク

まとめ

とにかく、会社員ではなくても人の悪口ばかり言う人がいます。結局その場に居ない人の悪口を言いまくり、全員の悪口を言ってしまってるのでないかって人もいます。

本人に言えない事は他人には言わない方がいいです。その事を指摘された時に言い返せもしないなら尚更です。どこでどう繋がっているのかがわからないのが人間関係です。

後で恥をかかない為にも、他人の悪口を言いまくる行為は慎むべきだと思います。もちろん、それが本人に伝わって欲しいなら話は別ですが‥。

多分、陰口・悪口を他人に言いたい人って、それを言う事によってその人より上に見られたいって感情だと思います。そうじゃなきゃその場に居ない人の悪い事を話す理由がありません‥。

今回は、マンションの管理会社での例でしたが、この悪口って話は他にも沢山様々な会社の人と接してきて感じていたことでした。自分の会社以外の人は、お客様だと考えられないのでしょうか。それもとそもそも「お客様」という概念なんて持ち合わせていない?のかもしれません。

どんどんと消費者の肩身が狭くなってきている世の中に感じてしまいます。平気で「客は偉くない」って言っちゃう飲食店とか‥。一部のお客さんが偉そうだったから発信しちゃうという‥。偉そうにしている人なんて殆どいませんし、逆に店に敬意を払ってる変わった客も殆どいません。そこまで飲食店の事を当事者が思っている程、気にして考えている人はいません。まあこの話は長くなりそうなので今度にしておきます‥。

いつまでも、上手くいくわけではないってことです。会社に入ってくるお金は、その人や物やサービスに消費するお客様がいてくれるからだけです。それだけです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

自分だけが特別な世間とは違う考えを持っていると思っちゃってる同僚へ掛ける言葉を考える。
会社で働いているといろいろ仕事以外の話をする。 例えば「俺は興味無いんだよな」「実は昔‥‥」や「本当は‥‥」等々、会話にならない人。会話中に全く関係ない話を始めてしまう困った人です。 そうです、言葉のキャッチボールが出来ない「自分だけが特別な世間とは違う考えを持っている」と思っちゃってる【井の中の蛙】のような人です‥。
「名物社員?」若いサラリーマンが40代の中堅サラリーマンになるまでにやっておくべき1つ意識
サラリーマンとして生きて行くと決めたからには、凄く気にする必要は無いとは思いますが、それなりに他人の評価を気にしなくてはいけません。 本気でサラリーマンとして大きく成功したまま定年の日を迎える為には、会社や社員達や取引先等から色々な意味で頼られ注目される必要があります。 殆どの会社員は、定年の頃には色々と「仕事が出来ない」や「何もしていないのに高給取り」等と陰口を叩かれ会社を去っていってしまいます。(注:私の経験だけの話です。) その逆で、定年退職するって話が社内全域に広がり全国各地の支店や事業所から「送別会を是非やりたい」と言われる、会社にとって名物的な社員もいます。 どうしてこのような「差」が生れるのでしょか?
今後の人生を左右する?挨拶の重要性を考える。「おはようございます」を言わない人は、職場に馴染めないだけじゃない理由。
会社って同じ期間一緒にいても、上司や同僚や先輩・後輩等々とすぐに馴染める人と全然馴染めないって人がいます。 新入社員として何人かが職場に配属されて来ても、ひと月も経たずに職場での馴染み具合に新入社員各々に大きく差が出てきてしまいます。 朝の挨拶「おはようございます」を言えるか言えないかの違いだと私は考えています。