炊飯器で簡単!「ふき入りご飯」の作り方。苦みと歯応えを楽しめる季節のご飯!

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

ふき(蕗/フキ)を使っての料理レシピです。レシピといっても40代の男が作れるものなんです。とっても簡単に出来ちゃいますので是非お試しく下さい!

材料を用意して炊飯器に任せるだけで、美味しいご飯が炊けます。

今回のレシピは【ふき入りご飯】です。このふき入りご飯は、毎年春に生のふきを買った時だけ作ってます。

特に難しい味付けをする訳じゃないのに毎年同じ味が出せません‥。けど、それはそれで出来上がりが楽しみです。

生のふきじゃないと、山菜特有の香りや食感・苦みが感じられませんので、出来れば生のふきを手に入れた時に是非作ってみて下さい。

スポンサーリンク

ふき入りご飯のレシピ

用意する物

1.お米                 2合

2.ふき(茎の部分)      細い物4~6本 

3.ダシ昆布               1本

4.塩               ひとつまみ 

5.水               お米2合分 

 

ふきは、生の物を下処理したものを使います。下処理方法は下の記事をご参照下さい。

関連記事:ふきのアク抜き(下処理)方法。誰でも簡単、画像解説付きです。

手順

1.お米を研いで、水を切っておく

お米を研いだあと、1時間くらいザルで水を切り乾かしておく。

2.ダシ昆布を水に浸しておく

ダシ昆布の表面を流水で軽く洗う。 ボールに水を入れ、ダシ昆布を1時間くらい浸しておく。 水の量は、だいたいお米を2合分炊く位でOK。(正確じゃなくても大丈夫です。)

3.ふきを輪切りにする

お好みの切り方で大丈夫ですが、輪切りで小さめに切ると、食感がいいです。

4.炊飯器で炊く

炊飯器の釜に、お米とダシ昆布を浸しておいたを入れ2合分の水量に調整する。

を釜にひとつまみ入れ混ぜる。

水に浸しておいたダシ昆布と、輪切りにしたふきを入れる。

④1時間以上このまま炊飯器の中に放置し炊飯器のスイッチを入れる。

まず、お米と水だけで、水量の調整をすることがポイント。 ダシ昆布は、二等分にカットして入れてもOK。(昆布も食べる場合は、細かくカットして入れる)

 

これで【ふき入りご飯】の完成です。

ふき入りご飯レシピのまとめ

①お米を研ぎ、1時間程水を切っておく
②ダシ昆布を、1時間程水に浸しておく
③ふきを輪切りにする
④塩と上記材料を釜に入れ炊飯器で炊く

この手順で完成です。

味はかなり薄味ですが、ふきが入っている普通のご飯ってイメージで作ってみて下さい。

食感と香りは十分楽しめますし、炊き込みご飯のようにおかずの邪魔をしません。(炊き込みご飯も大好きです)

過去に作ったやり方で美味しかったのが、ダシ昆布の代わりにこんぶダシの素スティック顆粒タイプと塩を多めに入れたものが美味しかったです。

でも、ふきだけの感じを楽しみたいなら、味が薄い【ふき入りご飯】がオススメです。味を変えたければ、お好みで醤油を垂らしても美味しいです。

生のふきを手に入れたら是非、お試しください。

合わせて読みたい

ふきのアク抜き(下処理)方法。誰でも簡単、画像解説付きです。
ふきは、山菜特有の香りと苦みがあり調理加減によって歯触りも楽しめる、とても万能な食材です。 他の山菜と比べてもクセが強すぎない香りと苦みなので、山菜が苦手な人でもふきだけは食べれるって人もいらっしゃいます。 美味しく食べれるようにする為には、アク抜き(下処理)をしてから調理する必要がありますので、今回はふきの下処理方法
超簡単で美味しい「ふきの味噌汁」の作り方。食感と香りが最高!
ふき(蕗/フキ)を使った味噌汁の簡単レシピの紹介です。山菜独特の風味が味噌と一体となってとても美味しいです。 この味噌汁、我が家では年に一度くらいしか食べれない春を感じられる旬の味噌汁で、生のふきを買ってきた時だけ作ってます。 生のふきでなければ食感や香りが楽しめないので、生のふきを手に入れたら是非お試しください。
簡単ふきレシピ「ふきのピリ辛煮付け」の作り方。鍋に入れて煮込むだけで美味しい!
ふき(蕗/フキ)の簡単料理レシピ【ふきのピリ辛煮付け】の紹介です。 歯応えがよく食感を楽しめ、味わい深い山菜の苦みに唐辛子を加える事により食欲をそそります。 我が家では、生のふきが旬の時期に必ず作る一品ですので皆さんもお試しください。