簡単ふきレシピ「ふきのピリ辛煮付け」の作り方。鍋に入れて煮込むだけで美味しい!

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

ふき(蕗/フキ)の簡単料理レシピ【ふきのピリ辛煮付け】の紹介です。

歯応えがよく食感を楽しめ、味わい深い山菜の苦みに唐辛子を加える事により食欲をそそります。

我が家では、生のふきが旬の時期に必ず作る一品ですので皆さんもお試しください。

スポンサーリンク

ふきのピリ辛煮付けレシピ

用意する物

1.ふき(茎の部分)       3~5本

2.油揚げ              1枚

3.水                適量

4.かつおダシの素          適量

5.酒              大さじ1

6.砂糖             大さじ3

7.みりん            大さじ2

8.醤油             大さじ1

9.七味唐辛子            適量

 

甘くない方が好みだという方は、砂糖を減らして下さい。砂糖を減らした分、みりんを減らし調整して下さい。

ふきは、生を下処理したものを使って下さい。下処理方法は下の記事をご参照下さい。

関連記事:ふきのアク抜き(下処理)方法。誰でも簡単、画像解説付きです。

手順

1.ふきと油揚げを切っておく

ふきは、4~5センチくらいの長さで切り、油揚げは半分に切ってから細かく切っておく。

2.鍋に水を入れ火に掛ける

鍋に、ふきが被るくらいの水を入れ火に掛ける。

沸騰したらかつおダシの素を入れる。更に沸騰させてアルコールを飛ばす。

かつおダシの素の量はお好みでOKです。私は多めに入れています。

3.鍋にふきを入れ、煮込む

鍋にふきを入れ、アクを取りながら(あまり出ませんが)再沸騰させて煮込む。

生のふきは、けっこう煮込んでも、すぐに軟らかくなり過ぎになることはないので、しっかりとダシで煮込む感じで、そしてお好みの固さまで煮込みます。

4.味付けをして、油揚げを入れる

砂糖みりん醤油を入れかるく混ぜる。

混ぜたら、油揚げを入れて再沸騰させたら火を止める。

5.盛り付けて、唐辛子を掛ける

皿に盛り付け、七味唐辛子(一味でもお好みで)を好きなだけ掛けて完成。

スポンサーリンク

ふきのピリ辛煮付けレシピのまとめ

①ふきと油揚げを切る
②鍋に水を沸騰させ、かつおダシの素と酒を入れる
③ふきを煮込む
④砂糖・みりん・醤油で味付けし、油揚げを入れる
⑤盛り付けて、唐辛子を掛ける

この流れで、完成となります。

今回のレシピでは、砂糖・みりん・醤油で味付けしてますが、生のふきを下処理したものは、かつおダシの素で煮込んだだけでも、めちゃくちゃ美味しいです

それだとレシピにならなそうなので‥、今回は辛く食べたい時に作る煮付けを紹介しました。もっと辛くしたい場合は、鷹の爪を刻んでタネごと、ふきを鍋に入れるタイミングで入れると美味しくいただけます。

味付けや、辛さ調整等を色々試しながら楽しんで作ってみて下さい。

合わせて読みたい

ふきのアク抜き(下処理)方法。誰でも簡単、画像解説付きです。
ふきは、山菜特有の香りと苦みがあり調理加減によって歯触りも楽しめる、とても万能な食材です。 他の山菜と比べてもクセが強すぎない香りと苦みなので、山菜が苦手な人でもふきだけは食べれるって人もいらっしゃいます。 美味しく食べれるようにする為には、アク抜き(下処理)をしてから調理する必要がありますので、今回はふきの下処理方法
炊飯器で簡単!「ふき入りご飯」の作り方。苦みと歯応えを楽しめる季節のご飯!
今回のレシピは【ふき入りご飯】です。このふき入りご飯は、毎年春に生のふきを買った時だけ作ってます。 特に難しい味付けをする訳じゃないのに毎年同じ味が出せません‥。けど、それはそれで出来上がりが楽しみです。 生のふきじゃないと、山菜特有の香りや食感・苦みが感じられません、生のふきを手に入れた時に是非作ってみて下さい。
超簡単で美味しい「ふきの味噌汁」の作り方。食感と香りが最高!
ふき(蕗/フキ)を使った味噌汁の簡単レシピの紹介です。山菜独特の風味が味噌と一体となってとても美味しいです。 この味噌汁、我が家では年に一度くらいしか食べれない春を感じられる旬の味噌汁で、生のふきを買ってきた時だけ作ってます。 生のふきでなければ食感や香りが楽しめないので、生のふきを手に入れたら是非お試しください。