旬のタケノコ!筍のアク抜き方法と私のお気に入りの食べ方を紹介‥。

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

スーパーに旬のタケノコが売っていたので、買ってきました!

毎年この時期に一回だけ買って食べる事にしているタケノコ、私がやっているアク抜き方法をご紹介したいと思います。

突然料理の話になります!これからも少しずつレシピや、初めて作ってみた料理をご紹介していきますので宜しくお願いします。

料理は全く得意ではありませんが、料理をするのは好きで興味があり、たまにやる程度です。

レシピ等で、「こうした方がいいよ」なんて意見があればメール下さい、宜しくお願いします!

スポンサーリンク

筍のアク抜きレシピ

タケノコの下処理の方法です。材料も少なくて簡単です。

用意する物

1.タケノコ  1本

2.米ぬか   1カップくらい

3.水     鍋の中のタケノコが完全に浸る量

米ぬかは、今回スーパーでタケノコの隣に置いてあったので一緒に買ってきました。
普段は米の研ぎ汁を使っていましたが、折角なので米ぬか使っていきます。

手順

1.タケノコの皮を3枚くらい剥く。

2.タケノコの根元の方にあるブツブツを削り取る。

 

3.タケノコの先端を斜めにカットし、縦に包丁を入れておく。

私の場合は、鍋に入るくらいの大きさに合わせてタケノコの先端を切ってます。

 

4.鍋にタケノコと、タケノコが被るくらいの水を入れ、米ぬかを入れて火に掛ける。

米の研ぎ汁の場合は、そのまま鍋に入れてOKです。米が入ってしまっても後で取り除けば良いだけですのでOK。

 

5.強火で沸騰したら、火力を調整しながら1時間弱茹でる。

タケノコが浮いてこない様に、落とし蓋等で押さえ付けるのがポイント!
沸騰後45分くらいで、爪楊枝や竹串等を刺して固さを確認し抵抗なく刺さればOK!(火傷注意)

 

6.火を止め鍋のまま冷めるまで更に1時間放置する。

この時間にもアクが抜けるので重要です。

 

7.冷めたら皮を剥きながら水洗いする。

米ぬかがタケノコの中に入り込んでいますので、しっかりと水洗いします。

もうこの状態で、切って食べてもOKです。

スポンサーリンク

筍を保存する場合

タッパー等の密閉できる容器に、茹でてカットしたタケノコを入れ、水をタケノコが浸るまで入れ保存します。

毎日水を替えれば4・5日は持ちますが、新鮮なものは新鮮な内に食べちゃって、煮物とかの料理に使うなら水煮買って料理すりゃいいやと、我が家では現在では行っておりません‥。

昔はよく何本か買ってデッカイ鍋でいっぺんに茹でて保存して、食べたい時に食べたりもしてましたが、今は一本買ってその日に全部食べちゃいます。

とにかく茹でた後に乾燥させない様に注意です。

スポンサーリンク

食べてみる

食べ方は、わさび醤油で刺身のように食べました。最近では、この食べ方しかしてません‥。他の美味しいタケノコ料理は店か買って食べてます‥。

でも、私の中では一番お気に入りの食べ方で、折角丸ごとタケノコを手に入れたのなら、これ以外は考えません。

これでレシピを語るな!と言われてしまいそうですが‥、今回はアク抜き方法です!‥すいません‥


映えなく、美味しさが全く伝わらない写真となってしまいました‥。タケノコは悪くありません‥。と、いうわけですが、美味しくいただきました。

スポンサーリンク

まとめ

旬のタケノコのアク抜きとお気に入りの食べ方でした。

今後、他にも気が向いた時にレシピを書き留めていこうと思ってますので、宜しくお願いします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

ふきのアク抜き(下処理)方法。誰でも簡単、画像解説付きです。
ふきは、山菜特有の香りと苦みがあり調理加減によって歯触りも楽しめる、とても万能な食材です。 他の山菜と比べてもクセが強すぎない香りと苦みなので、山菜が苦手な人でもふきだけは食べれるって人もいらっしゃいます。 美味しく食べれるようにする為には、アク抜き(下処理)をしてから調理する必要がありますので、今回はふきの下処理方法