甲子園で一世を風靡した金足農業の吉田輝星投手が行きたいプロ野球の球団を言ったら波紋を呼んだ?

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです。

夏の甲子園が終わっても、まだまだ話題に事欠かない高校野球界です。今回の甲子園大会で一気に有名になった金足農業の吉田輝星(こうせい)投手が、またまた話題の中心となり、その言動で波紋を呼んだ?ということなんですが、いったい何を語ってどうなったんでしょうか?

この言動の他にも、全国高校野球選手権が終わって興奮冷め止まぬ内にツイッターアカウントを開設し、応援などに対しての感謝の気持ちをツイートしたところ、いきなり4万のリツイートと「いいね」が26万、更に8万フォロアーが殺到し、即時ツイートと消したってこともありました。

まだ高校生で、いきなりこの8月一気に全国から有名になったんで、騒ぎを起こしたいとかではなく、本当に感謝の気持ちを全国に送りたかったのだと思います。その一番の方法がSNSだったということだと思います。大会終了後すぐに感謝の気持ちをいの一番に全国に発信したかったという気持ちの表れだったと思い素晴らしいことだと私は思いました。

話が逸れましたが、この「吉田投手」いったいどこのプロ野球球団に行きたいって語ったんでしょうか?

スポンサーリンク

吉田投手の行きたい球団の話

これは、吉田投手がツイッターで発信した内容ではなく、インタビュー中に語った事です。

行きたいプロ球団は?

巨人でした。しかし、今時点では高校卒業後の進路は決めておらず、いずれはプロ野球の選手になりたいとしたうえでの「巨人軍」ということです。

でも、これから高校野球選日本代表チームとかで、全国各地の他の高校選手達と進路の話をする機会が沢山あると思いますので、恐らく高卒即プロ野球入りしたくなるのではないでしょうか。丁度2カ月後に迫った10月25日のドラフト会議今から楽しみです。

プロ志願届の提出期限はドラフト会議の2週間前までなので、それを提出するかしないかも注目されるところだと思います。

スポンサーリンク

なぜ波紋を呼んだのか

地元球団じゃないから?

なんで巨人といって波紋を呼んだのかってことですが、まず金足農業は秋田県にあり東北地区の高校です。東北と言えは「東北楽天イーグル」の本拠地です。(県で言えば宮城県が本拠地です)

なので、地元のプロ野球球団に入って活躍してもらいたいというのが、地元の人や親御さん達の正直な気持ちだと思います。

現にお父さんは「近くの球団だと応援に行きやすい」と語り、楽天に入団して欲しいという気持ちを表わしています

でもこの巨人に行きたいってのは、記者からの質問に答えたという話の流れでの発言です。好きな球団を聞かれて「巨人です」「行きたい?」「はい、行きたいです」って感じです。

この発言が問題だから?

「プロ・アマの会合では、裏金の横行などを危惧する高野連側が『ドラフトでは各球団が高校生を奪い合うのではなく、1つの“日本プロ野球株式会社”として迎える意識を持ってほしい。その代わり、生徒には希望球団を口にしないよう指導します』と訴えてきた経緯がある。吉田君は純粋に“聞かれたことに答えただけ”なのだろうが、密約を疑われないように、高野連からおしかりを受けることになるかもしれない」

記事引用元

ドラフトに掛る可能性のある選手は、過去に蔓延していたというドラフト前の選手や親や指導者への裏金問題等を防ぐため、希望球団を言わないように指導されているようです。この為いろいろと波紋を呼んでしまったのかもしれません。

しかし今回の場合、好きな球団を聞かれて答えたら「行きたい?」って聞かれただけです。普通の高校生なら会話の流れで「行きたい」って言っちゃいます。更にその話が全国ニュースなるってのは、それだけ今「吉田投手」が注目されてるってことだけです。

この発言について高校生である「吉田投手」が、高野連から個人的におしかりを受けるって見解は考えられないとは思います。

スポンサーリンク

まとめ

「吉田投手」が、巨人に行きたいとの発言から「地元球団ではない」と「希望球団を言ってはいけない」って事で波紋?を呼んだという話でした。

でも本人は今時点では「進路を決めていない」ってまず最初に自分の言葉で語ってます。その後の話は、記者の質問からの流れです。だからまだ高校卒業後は何処で野球をするのか決まってはいないってことです。私個人的には高卒でプロ野球へ行ってほしいです。

ここで当初の目標だった、地元である東北の「八戸学院大学(青森県)」へ進学するのか、プロ野球へ進むのか、運命の分かれ道を選ぶにはあまりにも短い期間しかありません。甲子園での活躍によって自分の選択肢を増やすことができたスーパー高校生の今後に注目です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

夏の甲子園で準優勝した金足農業の吉田投手に市民栄誉賞?市長の考えは何?
今年の第100回全国高校野球選手権で、素晴らしい活躍を魅せチームを準優勝に導いた金足農業の吉田投手ですが、新たに勲章が増えそうなんです。 まだ、甲子園大会が終わって日が浅いのですが、出身地である秋田県潟上市(かたがみし)が「市民栄誉賞」を贈ることを検討してるということです。 準優勝した投手だからという理由なのでしょうか
遂に決勝戦!第100回全国高校選手権・夏の甲子園でまた1人のレジェンドが誕生するかもしれない‥。
夏の風物詩「夏の甲子園」といえば、今年で100回記念大会となる【全国高校野球選手権大会】ですが、この大会で久々のレジェンドが誕生するかもしれません! 過去記事でも書きましたが、甲子園と聞いてパッと出てくる選手は意外と限られていて、清原選手や桑田選手等がそのレジェンドと言われいる代表的な選手だったと思います。