食欲不振や体調管理に【レタスしゃぶしゃぶ湯豆腐】季節を選ばず食べられます!

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです。

今回のレシピは【レタスしゃぶしゃぶ湯豆腐】です。

【湯豆腐】は冬のイメージがありますが、我が家では年中食べています。食欲が無い時や、昼食でコッテリ系を食べた時等にオススメです。

スポンサーリンク

レタスしゃぶしゃぶ湯豆腐レシピ

タレについては市販の物で十分ですが、季節によって売ってない時期等がありますので一応載せときます。我が家では私以外全員ポン酢で食べてます‥。

用意する物(4人前)

1.豆腐         2丁(絹・木綿は好み)

2.レタス        1玉

3.長ネギ        2本

4.椎茸         4個

5.出汁昆布       1枚(半分に切る)

6.ポン酢        適量(つけダレ)

7.一味・七味・鷹の爪  お好みで

8.うどん        お好みで

タレを作る場合はこちらも(1人前)

醤油            大匙2

みりん           大匙2

酒             大匙2

砂糖         小匙2分の1

かつおだしのもと       少々

水             大匙2

 

我が家では皆ポン酢で食べていますが、私だけタレを作って食べています。ポン酢で食べる場合は、タレは勿論作らなくて大丈夫です。

手順

1.鍋に水を入れ、出汁昆布を入れて放置

約1時間この状態で放置する。

昆布は長ければ半分切り、軽く表面を水洗いしてから入れる。

2.具材の準備

豆腐、長ネギは食べやすい大きさに切る。

レタスは手でちぎる方がいいです、切ると小さくなり過ぎる部分が出てきちゃいます。

椎茸はお好みの大きさで。他にもシメジやエノキ・マイタケ等も美味しくいただけます。

3.タレを作る(ポン酢で食べる場合は不要です)

小さな鍋に、みりんを入れ沸騰させる(アルコールを飛ばすだけのつもりで)

火を止め、醤油砂糖かつおだしのもと・水を入れ混ぜ合わせる。

混ぜながら再び火にかけ、沸騰したら直ぐに火を止め、そのまま常温で放置し完成。

完成するタレはしょっぱいですが、豆腐につけて食べると丁度いいです。
食べてみてしょっぱいと感じたら、鍋の汁で薄めて調整して下さい。

4.具材を鍋に入れ完成

鍋に火を掛け沸騰させます。

他の鍋料理の時は沸騰手前で出汁昆布は取りますが、湯豆腐の時は入れたままにしてます。

 

沸騰したら、豆腐長ネギ椎茸の順で入れていきます。

火が通ったら完成です。レタスは食べる時にサッと湯通しして食べます

スポンサーリンク

まとめ

湯豆腐にレタスを入れたきっかけは、かなり昔の話なんですが中華屋さんで食べたチャーハンにレタスが入っていて、それがとても美味しくて、それから色々な料理に入れるようになりました。

今回湯豆腐のシメうどんを食べました。うどんは市販の茹でてある袋に入った物です。

うどんを鍋入れる前に昆布出汁の素塩で味付けすると、とても美味しくいただけます。一度試してみて下さい。

食欲が無かったり、コッテリした食事が続いてる時なんかは、この体に優しい【レタスしゃぶしゃぶ湯豆腐】をオススメします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

簡単ふきレシピ「ふきのピリ辛煮付け」の作り方。鍋に入れて煮込むだけで美味しい!
ふき(蕗/フキ)の簡単料理レシピ【ふきのピリ辛煮付け】の紹介です。 歯応えがよく食感を楽しめ、味わい深い山菜の苦みに唐辛子を加える事により食欲をそそります。 我が家では、生のふきが旬の時期に必ず作る一品ですので皆さんもお試しください。
超簡単で美味しい「ふきの味噌汁」の作り方。食感と香りが最高!
ふき(蕗/フキ)を使った味噌汁の簡単レシピの紹介です。山菜独特の風味が味噌と一体となってとても美味しいです。 この味噌汁、我が家では年に一度くらいしか食べれない春を感じられる旬の味噌汁で、生のふきを買ってきた時だけ作ってます。 生のふきでなければ食感や香りが楽しめないので、生のふきを手に入れたら是非お試しください。