退職したいと家族を説得!「会社を辞めたい…」家族に納得してもらう2つのポイントとは?

スポンサーリンク
会社を辞める準備

私は、40代で長年お世話になった会社を辞めました。その際、よく色々な人から聴かれたのが「奥さんは退職についてなんて言ってた?」です。

上司にも聞かれましたし同僚や先輩にも聞かれました。

「会社を辞めたいけど嫁さんが許してくれない、どう言えばいい?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

奥さんが許してくれないため退職に踏み出せないケースは、かなりあると思います。

この記事では、私が実際に実践した「会社を辞めたいことを、家族に相談した方法」を紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

会社を辞めたいことを、家族に相談する2つのポイント

自分の経験を織り交ぜながら説明していきます。

家族は退職をどう考えているかを理解して伝える

理解しておきたいのが、毎月安定した給料を貰ってくる人が、突然「会社を辞めたい」と言い出したら家族はびっくりするのは当然ということです。

家族にとって働くことは常識なので理解してくれません

自分が会社を辞めたとしても、家族の生活が変わらないことを自信を持って説明できなければ「会社を辞めたい」とは言ってはいけないのです。

自分以外の家族一人ひとりにも学校や仕事があり、そこにはそこの生活もあります。また、家に帰っても色々考えることが多くあるのです。

自分が会社の人間関係や仕事のことで悩んで思い詰め「何でわかってくれないんだろう」と考えても家族には伝わりません。それぞれの家族にも同じような悩みはあるのです。

そのため、退職理由に会社が悪いやツライなど理由を並べても「誰にでもツライことはある」と言われ取り合ってくれません。

そして「お前はわかってない」など夫婦の言い争いになってしまうのです。

よって、家族に「会社を辞める」と伝えるときは、前向きな意見を言う必要があります。

  • 仕事は辞めないのが常識。家族が退職を想像していない
  • 会社が嫌だなどネガティブな理由では理解してくれない
  • 「やりたい仕事がある」などポジティブな理由を伝える

家族に退職を相談する意味を理解する

気をつけたいのは、一番最初は誰よりも家族に相談することです。極端に考えれば生計を共にする家族以外へは相談する必要はありません。

以前、私が勤めていた会社で退職した人の話ですが、結婚し子供もいるのに自分の両親に退職の相談をして、その父親が次の就職先まで決めてしまったということがありました。

その結果、就職先に勤務するため両親の住む地域に引っ越しすることになったのです。

もちろん、何の事後報告された奥さんは大激怒。その後どうなったかはわかりませんが、全く家族の生活リズムや人生を無視した行動と言えます。

家族にも自分同様、外出先での生活があり、その生活を自分の都合だけで壊すのは、いくら家族でも相談なしにやってはいけないことです

とにかく最初に相談するのは同居家族だけにしましょう。

  • 退職の相談は、まず同居家族にする
  • 家族にも外出先での生活があることを理解する
  • 家族に相談なく自分だけで話を進めない
スポンサーリンク

家族に退職を相談する方法

前述した内容から、家族へ退職を相談するには前向きに計画性のある話で伝えることが重要です。

私が家族へ相談した内容も参考にしてください。

退職理由は前向きに!タイミングは1年以上前

絶対に会社や会社の人へのネガティブな感情を理由にしてはいけません。それらの理由で辞めると言うと将来まで不安にさせてしまいます。

ネガティブ感情で会社を辞めると、家族は「転職先でも同じことになるのでは?」と不安になるのです。そのため、話すら聞いてくれないことになります。

ポジティブな退職理由なら、話くらいは聞いてくれる可能性を高めることができるのです。

また、必ず「退職したら何をして収入をどれ位得られるのか」を家族に伝えるようにしましょう。

退職金を計算しておき、何カ月間は安定して生活できるなど計画性がある退職であることも伝え、家族を不安にさせないことが大切です。

そして、退職したい時期の1年以上前には、家族に伝えるようにしましょう。

  • ネガティブ理由は話すら聞いてもらえない
  • ポジティブ理由なら聞いてくれる可能性がある
  • 計画的な退職であることをアピール
  • 可能なら退職予定の1年以上前に伝える

私が家族へ伝えた内容

私は主に以下の内容を伝えました。

  • 会社に不満があって辞めるわけではないこと
  • やりたい仕事があること
  • やりたい仕事をすることでどのような良い効果があるか
  • やりたい仕事でどれくらいの収入を見込んでいるのか
  • 退職金の金額
  • 退職金などで何カ月生活可能か具体的な数字
  • 通勤することで発生している金額(退職後必要なくなる)

数字を具体的に説明できると、説得できる可能性がかなり上がると思います。また、会社へ通勤するだけで意外と多くのお金が掛かっていることを伝えるのも効果的です。

突発的に退職を考えたのではなく、しっかりと計画された退職であることを伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

まず第一に家族の生活や将来を考えずに退職してしまうのは無謀です。

しかし、どうしても会社を辞めたいという気持ちはわかります。私もそれで会社を辞めました。

最終的に退職を決意したときは前向きな気持ちでしたが、辞めたいと考えたきっかけはやはり「仕事がつらい」などのネガティブな感情です。

普段から家で会社の愚痴を言ってるようなら家族を説得するのは難しくなります。

退職を考えているあなたは、本当に苦労してつらいことは間違いありません。

しかし、家族は同じ経験をしてないので「何故わかってくれない?」と言ったところで理解してもらうのは難しいでしょう。

理解してもらうポイントは、会社を辞めることで今よりもどう良くなるのかを家族にイメージさせられるかということです。