40代で無職になって3年以上…なんとかなる?家族持ち退職でも絶望などない!

スポンサーリンク
会社を辞めてから

会社なんて辞めたい! 本当に多くの人が考えていると思います。

私は、40代で会社を辞めて3年以上が経過しました。

この3年、けっして平坦なものではありませんでしたが、なんとかなっています。

また、絶望的な気持ちになったこともありません。

もちろん、つらいと感じたことや、嫌なことはありましたが、今はとても気持ちは安定しています。

会社員だったころと比べると、メンタル面ではかなり楽になっていると自信を持っていえるくらいです。

今回は、40代で会社を辞めて無職になった私が、「40代で無職になっても、なんとかなる」とするための考え方を書いていこうと思います。

40代で退職を考えている方や、無職になってしまった方などに参考にしていただけると幸いです。

また、40代で会社を辞めて1〜2年の感想は、以下の記事でまとめているので参照ください。

スポンサーリンク

40代で無職になって3年…なんとかなるのか?

40代で無職になっても、なんとかなるのか?

結論からいうと、なんとかなります

しかし、当然お金を稼ぐ必要があるので、何もせずに3年間過ごすのは無理です。

また、結婚しているなら、家族の理解も得る必要があるでしょう。40代は子供にもお金がかかる時期です。

 

無職になっても「なんとかなる」の条件は以下がポイントになると考えています。

  • お金を稼ぐ方法がある
  • 家族の理解が得られている
  • 周囲の目を気にせずに生きられる

これらがクリアできれば「なんとかなる」かもしれません。

お金を稼ぐ方法がなければ「なんとかなる」とはいかない

40代で会社を辞めて無職になっても、当然お金を稼ぐ必要があります。

そのため、会社を退職し「何もしないで生きていこう」ということはできません。

40代で無職になって何もしないで生きていくには、一生遊んで暮らせるお金を手にした場合だけです。

例えば、退職金が数百万円入ったとしても、おそらく1年も生活することができません。

とにかく、お金を稼ぐための環境をつくってから、無職になる必要があります。

もちろん、転職や再就職が一般的です。

しかし40代では、余程のスキルやキャリアがなければ満足のいく転職や再就職はできません。

そのため、会社を辞める理由が「今の会社が嫌だ…だから転職したい」ということだけなら、40代での退職は考えないようにしましょう。

40代では、スキルアップやキャリアアップを目的とした転職はいいですが、会社に不満を抱いての転職は無謀です。

再び同じことを繰り返してしまいます。

ほとんどの場合、40代になっても辞めたいくらい会社に不満がある人は、会社員向きではないのかもしれません。

40代で会社員として不満を持っているなら、会社員自体を引退するべきです。

そのために、お金を稼ぐ方法が必要になる、ということになります。

ポイント
  • 40代で退職し無職になってもなんとかなる
  • お金を稼ぐ環境をつくってから無職になる必要がある
  • 会社が嫌だから辞めるは無謀
  • 会社が嫌で辞めるなら会社員自体を引退する覚悟が必要

家族の理解が得られていないなら「なんとかなる」とはいかない

40代で無職になることは、家族の理解がもっとも重要です。

とにかく、反対され説得できないなら、会社を辞めることは諦めるべきかもしれません。

家族に反対されているのにも関わらず40代で無職になることは、「家族を捨てた」と思われてもしかたないことです。

会社を辞めると家族の生活も一変します。

今まで普通にしてきたことができなくなるなど、家族は不安を抱えてしまうでしょう。

そして最悪、家庭が崩壊してしまう可能性もあります。

もし、奥さん、または子供たちの理解を得られないなら、40代で会社を辞めることは諦めるしかありません。

しかし、どうしても会社を辞めたいという気持ちを抑えられないこともあります。

その場合、上手に伝えることで家族に理解を得られるケースもあるので、しっかりと自分の気持や退職後のことを整理して伝えてみましょう。

ポイント
  • 40代での退職は家族の理解を得ることがもっとも重要
  • 説得できないなら退職は諦めるべき

周囲の目を気にする人は「なんとかなる」とはいかない

会社員という肩書が常識と考えているなら、40代で無職になることをおすすめできません。

世の中では、仕事といえば「会社員として給料を貰うのが当たり前」というのが一般的です。

最近では珍しいですが、まだまだ他人の職業や肩書を知りたがる人はいます

家族の理解が得られていたとしても、他人からは理解されないことが多いのが現実です。

なぜか、会社員ではない、というだけで見下してくる人もいます。

極端な例ですが、会社員のとき年収1,000万だったとしても肩書が無くなれば、年収500万円くらいの会社員にも見下される、ということも珍しくありません。

もちろん年収は関係ありませんが、わかりやすくするために極端な例にしました。

このように、今までの社会的地位など一切なくなります

そんなことは気にしない、というなら退職を検討してもいいのではないでしょうか

また、家族が嫌な思いをする可能性もあるので、しっかりと考えていから行動するようにしましょう。

ポイント
  • 40代での退職は理解されないケースが多い
  • 社会的地位は一切なくなる
  • 家族が嫌な思いをする可能性もある
スポンサーリンク

結局「なんとかなる」とするにはどうすべきか

40代で退職し無職になっても「なんとかなる」とするには

お金を稼ぐ方法を考えたうえで家族の理解を得られれば「なんとかなる」

ということです。

お金を稼ぐ方法は人それぞれなので、自分で考えられないなら会社を辞めるべきではありません

間違いなく、露頭に迷うことになり「なんとかならない」状況になります。

会社を辞めるなら無職になるのではなく、転職や再就職を考えましょう。

 

会社を辞めて無職になっても、いつまでも無職の肩書でいるわけにはいきません。

お金を稼いで確定申告するというのが、退職し再就職や転職を選択しない「40代で無職になる」ということです。

まったくなにもしない意味での無職ではありません

スポンサーリンク

絶望感なんてない!

40代に限ったことではありませんが、会社を辞め無職になると社会的な疎外感があります。

それは、皆と違うことをしているという不安からです。

人どれぞれ感じ方は違うと思いますが、会社とはかなり安心できる場所なのかもしれません。

もちろん冷たい目で見る人もいますし、直接は言われませんが馬鹿にしている人もいるでしょう。

しかし、会社を辞めることで、時間やお金の考え方、家族や人間関係の大切さなど、さまざまなことに気づけるようになりました。

さらに、今までの自分の人生に対し、大いに反省できる機会を得られます。

この経験だけでも「退職して良かった」と心から感じられることです。

そのため、40代で会社を辞めて3年、まったく絶望感はありません

スポンサーリンク

まとめ

私は、40代で無職になることをおすすめしません。退職は、家族としっかり話し合ってから検討しましょう。

今いる会社が嫌で辞めたいなら、しっかりと転職先を見つけてから退職するべきです。

やりたいことがあるなど前向きな気持ちで会社を辞めたいなら、しっかりと稼げる方法を考えてから退職しましょう。

40代の退職は決断が難しいので、自分だけではなく家族と決めるのが理想的です。

皆さんの退職後が「なんとかなった」となることを願っております。