会社を辞めるメリットは1つだけ?そのたった1つのことが素晴らしい!

スポンサーリンク
会社を辞める準備

会社を辞めて良いことってなんだろう…?今回は40代で会社を辞めてなんか良いことってあんの?ってことを考えていきたいと思います。

実際40代で「会社をやめたいなぁ~」って方のほとんどが、お金や周りの目を気にして辞めたくても辞めれない状況です。

しかし、なんでもそうですが悪いことばかりじゃない筈です。会社を辞めれば「こんな良いことあるんだ」って私が思ってる個人的なメリットを綴っていきます。

スポンサーリンク

40代で会社を辞めるメリット

40代で会社を辞めた私がメリットと考えたことです。

時間に縛られないで生活できること

これは自由に遊べて何時までも寝ていられるって意味ではなく、自分のペースで仕事も遊びもできるってことです。

私はフリーランスとしてやっていきたいので、自分の仕事なら忙しくても自分の時間って考え仕事をしようと思っています。

会社勤めだと他人が私の時間を管理することがほとんどなので、人生の大半は他人に決められた時間で生活しているのです。

ですので、自分で時間を決めて残りの人生を全うできますし、忙しくても暇でも文句はありません。

交通費、昼食代など費用面

交通費は、特に仕事で遅くなった際のタクシー代がかなり掛かってました。

全て会社に請求するわけにもいかないので、月に数万は掛かかります。

昼食はその日の仕事によって、何処で食べるのかどのタイミングで食べるのかもわからないので、家から弁当を持っていくこともできませんでした。いくら掛るのか全く予測できないので、1番お金が掛かることかもしれません。

とにかく、付き合いで昼食場所が決まるのが大半なので、いつも無駄にお金を多めに持ち歩いてました。そして、財布にお金が入っていると使ってしまうものです。

会社を辞めてからは無駄にお金を持ち歩くことが少なくなり、使う機会も大幅に減りました。

人間関係をリセット出来る

会社の人との人間関係を見直すことができます。

会社を40代で初めて辞めるって方には理解できないかもしれません。しかし、会社の同僚・上司・部下・後輩は全て会社の人です。

年を重ねれば重ねるほど実感します。友達のように接している会社の人です。

以前に辞めた会社の話ですが、私が会社を辞めても連絡をしてきた人のほとんどのは、会社に不満があり愚痴りたい人ばかりでした。

その関係は長続きせず、1度食事をし愚痴を聞いて終わりです。会社を辞めた人間にとって、会社の愚痴は、全く関係が無いつまらない話になります。

でも、同期入社とは何故かたまに食事に行き、会社の話をする訳でもなく自然に楽しく遊べます。やっぱり学生気分の時期に仲良くなった人ってのは例外なのかもしれません。

結局、一緒にいて時間を取られてしまう(消費した)と感じる人には正直会いたくないですし、これからの人生でも必要ないと感じるようになりました。

スポンサーリンク

まとめ

私が考える「会社を辞めるメリット」をいろいろ挙げてました。他にも沢山ありますが、ほとんどが時間に関することです

時間は一生戻らないものですし、時間だけがこの世の中で唯一平等です。同じ時間を過ごしているのに、こんなにも差が…って感じることも多くあるでしょう。

家族にたくさん時間を使える人、稼ぐことに時間を使える人、常に会社へ時間を使ってる人、趣味に時間を使ってる人、他人のためばかりに時間を使っている人など、さまざまな人がいます。

私は、自分で時間管理ができるようになりたいです。

というわけで、私が考える会社を辞める唯一のメリットは「自分で時間を管理できるようになるということでした。

合わせて読みたい

心身共に健康になった!?40代で退職し1カ月、本当は自分ってこんなに元気だったんだと思うこと
40代で家族持ちが、会社を辞めて早くも1カ月が経過しました。正直、あっという間のひと月です。今回は、退職して一カ月間の生活でどんな事が変わったか健康になる?ご参考に。
40代で会社を辞め無職なって半年!現状と本音と心境…充実してるのか?後悔してるのか?お金は大丈夫?
、40代で会社を辞めて新しい自分になると決めた私が、退職後半年間で充実したことが多いのか後悔したことが多いのかを考えます。また、生活費などお金は大丈夫なのか? これから、退職を考えている40代の方はぜひ参考にして下さい。
40代で会社を辞める「デメリット」だけを考える…生活が滞ってしまわないように準備する考え方
私は40代前半で会社を辞めました。私は会社を辞めようと決心できたのは、とにかく会社を辞めたいという想いよりも、自分には何が出来るのかということを真剣に考えたからだと思います。私が考える「40代での退職のデメリット」を挙げていきたいと思います。