コネ入社ってダメなのか?会社員だった頃に考えていたコネ入社の考えと私が経験した現実。

スポンサーリンク

 

こんにちは、ガイドです。

コネ入社って聞いて皆さんはどう感じるでしょうか?「ずるい?」「不正?」「羨ましい?」「カッコ悪い?」「時代遅れ?」「実力ないくせに?」等々、人それぞれ感じる事があると思います。

私が昨年末で退職した会社もコネ入社は頻繁にありました。今回は、この【コネ入社】について、会社員の時に私が考えてた事と、その職場でのコネ入社の人に対しての他従業員達の扱いを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

コネ入社とは

そもそもこの、コネ入社とは一体なんなのかってことなんですが、その会社の関連会社の関係者や、従業員・役員等の親族関係とか、学生時代の先輩後輩関係従業員の友人や知人関係等々が、その関係性を利用して入社するって事です。一般的な民間企業ではその会社で規定や規約があればダメですが、とくに法律等ではもちろん禁止されてません。公務員は殆どの場合は違法のようです。(公務員試験がある)

私が勤めていた会社では、おそらく全てのパターンでのコネ入社が行われていたと思います。

スポンサーリンク

コネ入社についてのこと

私が経験した場合での事です。あくまでも私が以前お世話になっていた会社での事だけです。

コネ入社の従業員達

私が勤めていた職場にも、コネ入社の人はいました。その人は、会社のまあまあなお偉いさんの息子さんでしたが、仕事振りを一言で表現すると「素晴らしい」です。

自分からコミュニケーションができて話しやすいし、だから仕事を頼みやすです。そして、仕事を頼んでもすぐに返事をし取りかります。

仕事を頼んでも、その仕事を選ぶ後輩従業員ってかなりいます。そんな後輩たちの何倍も仕事もするし気が利きます。最初から出来上がった会社員のような感じで入社してきました。

このコネ入社で入社した人は、今でもこの会社で働いています。

私が勤めていた会社でのコネ入社してきた人達は殆どの場合は、職場にとっては即戦力で素晴らしい人の場合が多かったです。(例外も勿論いましたが‥)

コネ入社者に対しての従業員達の対応

もちろん、仕事をバリバリやって誰とでもコミュニケーションができて、すぐに職場の仲間になるって感じのコネ入社者に対しては、すぐに溶け込み誰も何も気にせずに接します。

しかし、それでもやっぱり本人が不在の時には、いろいろと言う人はいます。例えば「コネ入社なんてよく恥ずかしくないな!」とか「そんな楽に会社入れて羨ましい」と皮肉ったりと、本人がいなければ言いたい放題で仕事をしない人たちがいます。

コネ入社について私が考えていたこと

私が会社員の時は、仕事をバリバリやって誰とでもコミュニケーションができて、仕事をすぐに覚える人材をコネ入社させることはいいことだと思っていました

逆に不満を言う従業員達の言いたい気持ちもわかる様な気もしてしましたが、不満を言うなら圧倒的にコネ入社の人より仕事をするしかないのも職場です。会社が決めた事に対して、ただ不満を言うだけってことは従業員としてはどうかと思ってました。

昔ほどではないとは思いますが少しずつ会社では人材不足の傾向になってました、若い新入社員は、育てている過程で簡単に退職してしまう事が多かったです。他に良い働き口があれば転職するのは若い人なら当然かもしれません。

でも、コネ入社の人はなかなか辞めれません。入社してすぐに「辞めます」っていえません。誰かの顔を潰すことになってしまいます。ですから、コネ入社で働き物の社員は会社にとっても良いことだったと思います

コネ入社でダメだった人

私が出会った殆どが社会経験が豊富あったり、新卒でもコミュニケーション能力があり仕事を覚えるのが早く頼もしいコネ入社者ばかりでした。

しかし私が在職中に一度だけコネ入社にも関わらず、試用期間中に採用を見送られた人がいました。

詳しくは書きませんが、その人は会社の役員さんの弟で多分50歳前後の人でした。(この会社では、普通この年齢での入社はありえません。)

今まで会社勤めをしたことがないため、社会経験が皆無で勿論コミュニケーションも挨拶も出来ないし、いきなり会社を休んだり早退したりと、すごかったのは覚えています。

ホントに絵に描いたようなコネ入社って感じでした、ある従業員が仕事振りを咎めると「兄に言います」って言いだしたらしく‥。しかし、それを聞いた兄(役員)は弟に対して激怒し、結果採用見送りとなったそうです。(今の世の中では当たり前です)

とうことは、会社もただ単に知り合いだから優遇して入社させてる訳ではなく、きちんと考えて即戦力としてのコネ入社者を迎えているってことになります。とても効率的なことだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

私も実は関係会社で働いていたところを誘われて、かなりお断りしたのですが入社したという経歴があります。それがコネ入社っていうかは別としてですが‥。

そういう立場で入社する時って、かなり気を使いますし人の何倍も仕事をしていく覚悟で入社します。殆どの人がそういう気持ちで会社に入っていきます。

コネ入社で他の従業員に認められる様になるのは至難の業で、どれだけ頑張っても認めてくれない人も沢山います。でも、会社に入れてくれた人の顔を潰さないためにも必死で頑張っているのがコネ入社の社員達です。

いつ辞めるかわからない新入社員より、確実なコネ社員の方が会社にとっては必要な人材かもしれません。私も会社を辞める時「誰かいい人いたら紹介してくれ」って言われました。友達とか知り合いでもいいから社会経験がある人が欲しいって言われました。

勿論職種によって大きな違いがありますが、今の世の中では、お偉いさんの関係だからとか、取引先の親族だからってだけでのコネ入社は、全く受け入れられなくなっているのではないでしょうか。

会社にとっては、そういう関係者を受け入れると同時に「素晴らしい人材だ」といえる従業員をコネ入社者として迎えたいと考えているのだと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

今後の人生を左右する?挨拶の重要性を考える。「おはようございます」を言わない人は、職場に馴染めないだけじゃない理由。
会社って同じ期間一緒にいても、上司や同僚や先輩・後輩等々とすぐに馴染める人と全然馴染めないって人がいます。 新入社員として何人かが職場に配属されて来ても、ひと月も経たずに職場での馴染み具合に新入社員各々に大きく差が出てきてしまいます。 朝の挨拶「おはようございます」を言えるか言えないかの違いだと私は考えています。
会社を遅刻する理由に嘘を伝えてはいけない理由。後悔することになる自分を守るための嘘‥。
皆さんも経験があるのではないでしょうか?、起きた瞬間に遅刻だと分かった時の、あの例え様のない感情。 急な遅刻や欠勤等、会社員はその度にそれを上司に伝えなければなりません。そしてその度に遅刻や欠勤の理由も伝えなくてはいけない事が殆どです。 そこで今回は、どんな理由がいいの?って事を書いていこうと思います。
「名物社員?」若いサラリーマンが40代の中堅サラリーマンになるまでにやっておくべき1つ意識
サラリーマンとして生きて行くと決めたからには、凄く気にする必要は無いとは思いますが、それなりに他人の評価を気にしなくてはいけません。 本気でサラリーマンとして大きく成功したまま定年の日を迎える為には、会社や社員達や取引先等から色々な意味で頼られ注目される必要があります。 殆どの会社員は、定年の頃には色々と「仕事が出来ない」や「何もしていないのに高給取り」等と陰口を叩かれ会社を去っていってしまいます。(注:私の経験だけの話です。) その逆で、定年退職するって話が社内全域に広がり全国各地の支店や事業所から「送別会を是非やりたい」と言われる、会社にとって名物的な社員もいます。 どうしてこのような「差」が生れるのでしょか?