会社員はなぜ転職を考えるのか?転職がもたらす素晴らしい経験とは

スポンサーリンク
会社員について考える

どうして転職を考える人が多くいるのでしょうか?

お金のために働くなら、慣れ親しんだ会社を辞めて転職する必要もないような気がします。

この記事では、私が過去に働いていた会社での転職事情を紹介し、一般的に考えられる転職理由を考えていきましょう。

また、転職で得られる、素晴らしい経験についても触れていきます。

スポンサーリンク

自分が退職した会社の転職事情

私は40代で退職しましたが、転職はしていません。

その会社の前には2度ほど転職しています。

会社員時代には、先輩や後輩など本当に多く人が転職するの見てきました。

少子高齢化がハッキリとしている現代では、若手の人材不足を補う環境がない会社では、これから人手不足になる傾向があります。少しでも有能な人材を確保するために、転職希望者を受け入れる傾向があるのです。

私が退職した会社も例外なく「知り合いでも友達でもいいから誰か会社に入りたい人を紹介してくれ」とよく言われました。この会社もかなりピッチを上げて環境を整えていましたが、結局は人手不足になっていたのです。

この会社の転職理由で多いのは「残業の多さと休日出勤、宿直や日直、出張の多さなど」だと思います。もちろんこれらには手当が発生するので、給料としてはかなり良いほうです。

給料も良いし手当も必ず発生するので、給料が不満だから「転職」したいという人は在職中に聞いたことはありませんでした。

スポンサーリンク

転職したい理由について

一般的な転職理由を挙げてみました。

キャリアアップしたい

今までの職種、職歴を活かして、やりがいある仕事や高待遇の仕事へ転職を考える人も少なくありません。

昨今では、「転職エージェント」という、自分にマッチした転職先を紹介するサービスが大盛況です。

スキルアップしたい

資格や免許、技術や技能を身につけ自分を高めたいと考える人も少なくありません。

転職すればスキルアップできるのでしょうか?

会社によって仕事内容や進め方が違うため、それらを経験するために転職を繰り返すという人を見たことがあります。

転職を繰り返し、転職先の技術や技能を身につけるのは、会社にとっては良い話ではないかもしれません…。

しかし、自らの将来の夢生涯の仕事のために、資格や技術を見につけるには効率的な転職と言えるのではないでしょうか。

職場環境が合わないから

「上司や同僚と合わない」「仕事がつらい、つまらない」「職場環境が嫌い」「通勤がつらい」など挙げてみるとキリがありません。

これらは、退職する最終的な理由にはなりませんが、きっかけになることでしょう。

誰かに相談しても「どこ行っても一緒だから」と言われるますし、私もそう思います。

しかし、こういった理由から「転職」を考えるのも重要です。

どこへ行っても一緒ですが、自分から環境を変える行動を起こしたことが、今までにない貴重な経験になります。

給料が安い

入社したばかりの若い社員からはよく「給料安いから、若いうちに転職したい」と聞こえてきます。

すぐに給料が高い会社へ行きたいなら、迷わず転職すべきです。

しかし、自分が結婚し子供を養う時期なら、安易な転職は避けるべきかもしれません。

会社員として社会に出た場合は、ほとんどの人が給料を安いと感じる時期を経験します。そして、少しずつ給料が上がり、会社からも信用され安定した生活が手に入るのです。

スポンサーリンク

転職で得られる素晴らしい経験

転職で得られるのは、それぞれの会社の常識です。

ひとつの会社しか知らない会社員は、その会社、または職場の常識しかありません。

しかし、転職した会社員は、それぞれの常識を知ることができるです。

この経験は、人間関係やコミュニケーション能力に役立つ一生のスキルになります。

スポンサーリンク

まとめ

転職したい理由についてでした。

前向きな気持ちでの転職は良いことです。

反対に、職場が嫌だなどの「不満があるから転職したい」人も、転職するという行動は悪くありません。行動せずに不満ばかり言うよりも、行動し経験した方が今後の会社員生活を明るくできます。

経験しないより経験したほう良いですし、行動力があれば現状の何倍も明るい未来があるのではないでしょうか。