なぜ会社員は転職を考えるのか理由を考えてみた。このまま会社にいても給料はもらえるのに何で?

スポンサーリンク

 

こんにちは。

どうして転職を考える人が沢山いるのでしょう。給料を貰うだけなら、せっかく入社して慣れ親しんだ会社を辞めて転職するって事は必要ない事です。転職したい理由って色々あると思うので考えてみます。

スポンサーリンク

自分が退職した会社の転職事情

私は昨年末(2017年末)に40代で退職しましたが、今のところ転職はしていませんし考えていません。

しかし、在職中に転職を考えている人や転職していった人は大勢いました。私も少しは考えたことがありましたが、結局は行動には移せませんでした。

少子高齢化がハッキリとしている現代では、若手の人材不足を補う設備環境がない会社では、これから人手不足になる傾向があり、少しでも有能な人材を受け入れる為に転職希望者を受け入れる傾向があります。

私が退職した会社では、かなりこの傾向が強く「知り合いでも友達でもいいから誰か会社に入りたい人を紹介してくれ」とよく言われました。(そんな中、私は退職してしまいました‥)この会社もかなりピッチを上げて、設備環境を整えていましたが結局は人手不足に陥っていました。

この会社での転職理由で多いのは「残業の多さと休日出勤、更に宿直等の泊まり、出張の多さ等」だと思います。もちろんこれらには手当が発生するので、給料としてはかなり良いほうではあったと思います。

給料もまあまあ良いし、手当も必ず発生しますので、給料が不満だから「転職」したいという人は在職中に聞いた事はありませんでした。

スポンサーリンク

転職したい理由について

私が今まで聞いてきた。転職した人や転職を考えていた人の理由と、一般的なよくある転職理由等を挙げてみました。

キャリアアップしたい

社会的地位とでもいうのでしょか。若い人や独身の人に多かったです。

「自分はこの会社なんかで終わる様な人間じゃない!」「ホントはこの会社じゃなくて○○に就職する予定だった」等々を居酒屋で酔いも手伝って、思いっきり他の社員に失礼な言葉を浴びせてしまってる人が多々いました。

しかし、その人の自由な考えですので転職活動するには向いている人だと思います‥。自分で会社を立ち上げた方がいいとは思いますが‥。

スキルアップしたい

色々な資格を取って技術や技能を身に付け自分を高めたいってことでしょうか。なぜ?と思う事が多いです。

なぜ?ってのはスキルアップしたいって事に対してではなく、「スキルアップしたいから転職したい」って事です。転職したら資格や技術・技能が身に付くという考えでしょうか。

まず資格を取るなら、どこにいても取れます。経験や実務実績等が必要な資格を取り生涯の仕事にするって話なら別ですが、今の仕事に係わる資格なら会社だって大歓迎です。

転職を繰り返し、転職先の技術や技能を身に付けたいってのは会社にとってはあまり良い話ではありませんし、特殊な技術や技能ってけっこうその会社でしか使えません。結局会社員として生きて行くなら、一般的な高度な技術こそが万人に受け入れられると思います。

将来の夢生涯の仕事の為に、資格や技術を見に付けたいという人向きの転職です。

職場環境が合わないから

色々あると思いますが「上司や同僚と合わない」「仕事が辛いや詰らない」「職場に清潔感が無い」「通勤が辛い」「職場に会話が無く暗い」等々あります。ほとんどみんなどれかには当てはまります。

よくある話じゃんって思うかもしれませんが、殆どがこう言った所から転職を考え始めるようです。私自身も一番よく聞く話の内容です。

誰かに相談しても「何処行っても一緒だから」と言われることが多いと思いますし、私もそう思います。でも、こういった理由で気分が乗らなく辛いなら「転職」を考えることも気持ちの上では重要なことだと思います。

何処へ行っても一緒ですが、自分から環境を変えようと行動したって事がこれからの生活に役立つと思いますし、転職先が同じ様な所であっても、転職したことが無い人よりはしっかりとその職場に対応できるようになっている筈です。何でも経験する事が一番の財産です。

給料が安い

私が退職した会社ではあまりなかった転職理由ですが、入社したばかりの若い社員からはよく「給料安いから、若いうちに転職したい」と聞こえてきた言葉です。

すぐに給料が高い会社へ行きたいなら、迷わず転職するべきだと思います。おそらく若い社員達の給料は何処もそんなに変わりません。でも、自分が結婚し子供も養っていく時期での事を考えると、安易な転職はオススメ出来ません。

会社員として社会に出た場合は、殆どの人が給料を安いと思う時期を経験します。そして少しずつ給料が上がっていき、会社からも信用され安定した生活を手に入れていきます。ですから、転職先では今までの社会人生活の実績や努力が報われるとは考えてはいけません。

スポンサーリンク

まとめ

転職したい理由についてでした。

前向きな気持ちでの転職はいいことだと思います。スキルアップやキャリアアップ等々、色々挑戦するのは素晴らしいと思います。

逆に、今の職場が嫌だ等の「不満があるから転職したい」って人も、結局は転職するという行動を起こす事はいいことだと思います。何もしないで不満ばかり言って我慢するよりも、行動して経験した方が今後の会社員生活を明るくすると思います。

とにかく何事も経験しないより経験したほういいですし、行動力があれば現状の何倍も明るい未来があると思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

自分だけが特別な世間とは違う考えを持っていると思っちゃってる同僚へ掛ける言葉を考える。
会社で働いているといろいろ仕事以外の話をする。 例えば「俺は興味無いんだよな」「実は昔‥‥」や「本当は‥‥」等々、会話にならない人。会話中に全く関係ない話を始めてしまう困った人です。 そうです、言葉のキャッチボールが出来ない「自分だけが特別な世間とは違う考えを持っている」と思っちゃってる【井の中の蛙】のような人です‥。
会社員として絶対に気をつけなければいけない1つの事、言ってはいけないし聞かない方がいい話しって何?
様々な場面で他社の方達と係わることがあります。その時に絶対に気を付けた方がいいって事が1つありますので、その話を書き留めておこうと思います。 私は約20年間、会社員として働いてきましたが、本当に色々な他社の人とも仕事中に接する場面が多くありました。 聞きづらいし絶対に言ってはいけない様な話が結構頻繁にされていました。
「名物社員?」若いサラリーマンが40代の中堅サラリーマンになるまでにやっておくべき1つ意識
サラリーマンとして生きて行くと決めたからには、凄く気にする必要は無いとは思いますが、それなりに他人の評価を気にしなくてはいけません。 本気でサラリーマンとして大きく成功したまま定年の日を迎える為には、会社や社員達や取引先等から色々な意味で頼られ注目される必要があります。 殆どの会社員は、定年の頃には色々と「仕事が出来ない」や「何もしていないのに高給取り」等と陰口を叩かれ会社を去っていってしまいます。(注:私の経験だけの話です。) その逆で、定年退職するって話が社内全域に広がり全国各地の支店や事業所から「送別会を是非やりたい」と言われる、会社にとって名物的な社員もいます。 どうしてこのような「差」が生れるのでしょか?