若いうちの転職って必要?20代から考えておきたい将来の自分。今の自分に不安なら転職するべき理由

スポンサーリンク

こんにちは。

「会社員として人生を全うするなら、一度は転職を経験しておくべきなのか、、、。」

多分、転職未経験の若い会社員で、こんなことを考えている人は少ないかもしれません。

これは私が20代の時に転職し数年経ったころに、転職して良かったという意味で思ったことです。

勿論、入社して定年まで1つの会社で働き通すことは、立派な事ですし素晴らしいことですし誇れることです。そして、至極正しいことともいえるでしょう。

しかし、私を含め転職を経験したことのある人にとっては、1つの会社で働き通すことを良しとしないと考える人のほうが多いと思います。

私自身も、転職を経験することによって失ったものなど無く、得ることしかありませんでした。

若い会社員は、少しでも将来の自分が想像出来なかったり、今の自分に不安を感じているなら、転職を考えてもいいと思います。

若い時に転職した人は、私の周りにも沢山いますし、皆問題なく生きていますし、どちらかというと楽しそうです。

何故、転職をした方が良かったと考える人が多いのか、そして若いうちに転職をした方が良い理由とは?について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

何故、転職した方が良かったと考える人が多いのか

転職することが、全ての会社員にとって必ずしも良いことだと言うつもりはありません。何度も言いますが、1つの会社で定年まで働き通すことは素晴らしいことです。

しかし会社員として働いていると、その会社に飽きてしまったり、やり甲斐を感じなくなってしまったり、他にも自分に合った会社があるかも?等と考えてしまう人もいます。

ここでは、実際に転職を経験した人が「転職して良かった」と、考える理由を紹介していきます。

転職しようと考えた理由

まず、転職して良かったことを考える前に、どうして転職しようと思ったのかという事を考えてみようと思います。

人間関係を改善したい

これは一番多いと言っても過言ではと思います。転職というより、すぐにでも退職してしまいたいと思っている状態ではないでしょうか。上司や先輩社員が嫌いだとか、職場全体の人と合わない等々、我慢出来ない人も沢山います。

給料に不満がある

昔ほど聞かなくなったような気がしますが、給料が安すぎて転職したいと考えるのは当然です。

他にやりたい業種がある

とりあえずは就職したけど「やっぱり自分は○○の仕事がしたい!」という人も多いと思います。こういった人の場合は、常に転職を考えてしまうのは当然です。

休日をしっかり取りたい

これも多いのかもしれません。私が以前勤めていた会社も、仕事の経験を積めば積むほど休みが無く残業ばかりになっていましたので、気持ちはすごくわかります。

自らのスキルアップやキャリアアップ

ヘッドハンティングで誘われた会社に転職を考えたり、覚えてみたい職種の会社に転職したり、今より大きな会社への転職に挑戦したりと、前向きな人の転職理由です。

 

転職を考える理由って、こんな感じではないでしょうか?大きく分けると、ネガティブに考えての転職なのか、ポジティブな考えの転職なのかということです。

転職して良かった理由

思い切って転職して良かったと考える人が多くいます。転職にはどのようなメリットがあるのかを考えてみましょう。

人間関係が改善された

とくに若い時には、会社にいる同僚によって人間関係が変わってしまいます。

若い社員が多い職場なら、嫌な上司や先輩もいても年の近い仲の良い人もできるので、言ってみれば普通の環境で働くことができます。しかし自分だけが若いという環境では、どうしても嫌な思いをしても1人で抱え込んでしまうことになるのです。

転職によって職場環境が変われば、人間関係を改善できる場合もあります。

給料が上がった

これは転職に成功したという自信にも繋がることででしょう。自分の価値が上がったような気分にもなれますし、なにより生活も良い方向へ変わるような重要な結果です。

望んでいた業種に就けた

自分のやりたかった仕事に就くことができたなら、転職は大成功です。生き甲斐を感じながら人生を楽しめるようになります。

休日が増えた

休日が増えると、会社の為の仕事から、自分が豊かな生活を送る為の仕事へと考えが変わってくるでしょう。

休みが無く、会社の為と考えているとやる気もなく、ただ会社に通い嫌々仕事をこなすことになってしまいます。しっかり休みが与えられると、自分の為に仕事を頑張ろうと考えることがるのです。

スキルアップやキャリアアップできた

完全に転職成功という結果です。自らを高めるという考えは会社員にとって、とても大切な考え方といえます。

私が転職して良かったと思えた理由

実際に私が20代の時に転職を経験し良かったと思えたことは、「違う常識を覚えることができた。」ということです。

どういう意味かというと、会社にはその会社の常識があります。1つの会社でしか働いていないと、その会社の常識が会社員としての自分の常識になってしまうのです。

会社によって、働いている人の常識まで違っていることにも気が付きましたし、その会社で覚えた常識が、自分の生活や振る舞いにも大きく関わってくるものだと実感しました。

転職経験がない人は、1つの会社の常識しかありません。「会社員とはこういうものだ」という考えも1つで、「普通は○○だ」という○○が1つしか無いのです。

そのため、いろいろな人と話をする機会があっても、柔軟に考えることも出来ましたし、言葉を選んで会話が出来るようになったと自分では思っています。

スポンサーリンク

転職するなら20代にしておきたい理由

転職は勿論、何歳になっても考えいいことですし、出来ないことはありません。

しかし、転職するなら20代の若いうちにするのが良いと考えています。

20代には常識が無い?

「若いやつには常識が無い!」といったことではありません、、、。

例えば、40代など中年になってから転職を考えると、先ほど説明した「会社の常識」が邪魔をしてしまうことがあります。

自分の常識を転職先で否定されてしまうと、「わかっていない」とか「この会社は変わっている」「前の会社ではこうやっていた」等々、前に働いていた会社の常識を新しい会社でも求めてしまう人が多々います。

転職どころかその面接でさえも「前の会社ではこうだったけど」等と、何故か自分より若い面接官に対し上から目線で常識を押し付けてしまいます。

1つの会社の常識にドップリ浸ってしまう前の、20代の若い会社員の時に、自分が納得できる転職をしておくのが大切だということです。

こんな事を考えているなら転職してみては

20代で転職を考えるのは、給料が安かったり会社の人が嫌いだったりという理由ばかりではありません。

今の会社で、少しでも将来の自分が想像出来ないなら転職を考えるべきかもしれません。

今の会社で働き続けると、自分も先輩社員や上司のような会社員になります。それが想像出来ないのなら、転職を考えてもいいと思います。

「この人のようになりたい」や「この人は会社員として尊敬する」という理想の先輩や上司が会社にいないなら、将来その会社では自分もその理想の先輩や上司になることは難しいことです。

別に上司や先輩が嫌いとかではなく、そうなりたいか、なりたくないのか、ということです。その会社の年上の社員を見て、自分の将来を想像し不安に感じるなら転職を考えてはいかがでしょうか。

転職を成功させる方法

転職を考えた時、まず思いつくのがネットでの求人情報だと思います。それで気に入った会社があればいいのですが、なかなか素人には判断できることではありません。

こういった求人サイトの情報は、企業の一方的な条件を見て判断するしか方法がないといえます。

若い会社員にとっての転職は、これからの人生に大きく係わってくることなので、慎重に行きたいところです。給料が高そうだから転職しようでは、どんな内容の仕事かもわかりません。

20代という若い人材を求めている、質の高い企業は本当に沢山あります。しかし、個人でその企業を探し、希望通りの条件で面接まで取り付けるのは不可能に近いことです。

そこで20代の若い人材を求めてる企業を探す、転職のプロに相談することをオススメします。

20代の転職に特化した【20代の転職相談所】というサービスです。

20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談

20代の転職相談所とは

【20代の転職相談所】とは、その名の通り20代の転職に特化し、約5,000件の正社員限定求人情報を用意したサービスで、転職のプロであるアドバイザーが内定まで徹底サポートしてくれます。

転職サイトとの違いは、気になる企業の社風などの情報が聞けることや、転職先の条件等を伝え希望に合った企業と引き合わせてくれることです。

20代で転職するか否か迷っている会社員は、まずは転職するべきかどうかの相談だけでも検討してはいかがでしょうか?すぐそこに明るい未来があるかもしれません。

20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談

スポンサーリンク

まとめ

私が転職した時、辞める会社の人から「勿体ない」と言われたことを思い出しました。

恐らくせっかく就職したのに辞めてしまうなんて、という意味だと思います。

しかし、転職したことにより手に入れたものの方が大きかったと実感しています。

転職を好ましく思わない人はまだまだ沢山いると思います。でも、転職も人生で大切な「経験」です。

転職自体が大切という意味ではなく、経験したことのないことをやったという経験が大切という意味です。

人間は経験からしか大きく学ぶことは出来ません。やらないよりやったほうが成長できるという考えです。

何度もいいますが、1つの会社を定年まで全うすることも、素晴らしいことだといえます。

20代で転職を考えている人へ、転職しようが1つの会社に拘ろうが、どちらも間違ったことではありません。

ただ、今の会社にいて悩んでいるなら、若いうちに転職を考えた方がいいかもしれない、ということだけです。

20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談