転職って必要?20代から考えるべき将来の自分!今の自分に不安なら転職すべき理由

スポンサーリンク
会社員について考える

「会社員として人生を全うするなら、一度は転職を経験しておくべき」

これは私が20代のろきに転職し、数年経ったころに転職して良かったという意味で感じたことです。

もちろん、入社して定年まで1つの会社で働き通すのは、素晴らしいことですし誇れることで至極正しいと言えます。

しかし、転職経験がある人は、1つの会社で働き通すことを良しとしないと考える方が多いのではないでしょうか。

私自身も、転職を経験することによって失ったものなど無く、得ることしかありませんでした。

若い会社員は、少しでも将来の自分が想像できなかったり、今の自分に不安を感じたりするなら、転職を考えるの良いのではないでしょうか。

若いときに転職した人は私の周りにも多くいますし、皆問題なく生きています。どちらかというと楽しそうです。

この記事では、なぜ転職をした方が良かったと考える人が多いのか、そして若いうちに転職をした方が良い理由とは?について紹介しましょう。

スポンサーリンク

なぜ、転職した方が良かったと考える人が多いのか

転職することが、全ての会社員にとって必ずしも良いと言うつもりはありません。何度も言いますが、1つの会社で定年まで働き通すのは素晴らしいです。

しかし、会社員として働いていると、その会社に飽きてしまったり、やりがいを感じなくなってしまったりして、他にも自分に合った会社があるかもしれないと考えてしまうこともあるでしょう。

ここでは、実際に転職を経験した人が「転職して良かった」と、考える理由を紹介します。

転職しようと考えた理由

まず、転職したいと考える理由は、どのようなものがあるのでしょう。

人間関係を改善したい

これがきっかけの会社員は多いのではないでしょうか。転職したい気持ちより、すぐにでも退職したいと考えることです。

上司や先輩社員が嫌い、会社が合わないなど、人間関係にはさまざまな原因があります。

給料に不満がある

昔ほど聞かなくなったような気がしますが、給料が安すいと感じるなら転職したいと考えるのは当然なのかもしれません。

他にやりたい業種の仕事がある

とりあえず就職したけれど「やっぱり自分は○○の仕事がしたい!」という人も多いのでは?

こういった人の場合は、常に転職を考えてしまうのは当然です。

休日をしっかり取りたい

これも多いのかもしれません。私が以前勤めていた会社も、仕事の経験を積めば積むほど休みが取りづらくなり、さらに残業ばかりになってたので気持ちはすごくわかります。

自らのスキルアップやキャリアアップ

やりがいのある環境を目指し転職したり、今より大きな会社への転職に挑戦したりと、前向きな人の転職理由です。

 

転職を考える理由は、上記のような感じではないでしょうか?大きく分けると、ネガティブに考えての転職なのか?ポジティブな考えの転職なのか?となります。

転職して良かった理由

思い切って転職して良かったと考える人が多くいます。転職にはどのようなメリットがあるのかを考えてみましょう。

人間関係が改善された

とくに若いときの転職では、人間関係を改善できるケースもあるのです。

若い社員が多い職場なら、嫌な上司や先輩がいても気にならないことが多く、どちらかというと普通の環境で働きやすくなります。

しかし、若い社員が自分だけという環境では、どうしても嫌な思いをしても1人で抱え込んでしまうことになるのです。

転職によって職場環境が変われば、人間関係を改善できる場合もあります。

給料が上がった

これは転職に成功したという自信にも繋がるでしょう。

自分の価値が上がったような気分にもなれますし、なにより生活も良い方向へ変わる重要な結果です。

望んでいた業種に就けた

自分のやりたかった仕事に就くことができたら転職は大成功です。生き甲斐を感じながら人生を楽しめるようになります。

休日が増えた

休日が増えると会社のための仕事から、自分が豊かな生活を送るための仕事へと考えが変わるでしょう。

休みが無く会社のためと考えていると、やる気も無くなり会社に通い嫌々仕事をこなすことになります。しっかり休みが与えられると、自分のために仕事を頑張ろうと考えられるのです。

スキルアップやキャリアアップできた

完全に転職成功という結果です。自らを高めるという考えは会社員にとって、とても大切な考え方といえます。

私が転職して良かったと思えた理由

実際に私が20代の頃に転職を経験し良かったと思えたのは、「違う常識を得ることができた」ことです。

会社にはそれぞれ違った常識があります。1つの会社でしか働いていないと、その会社の常識が会社員としての常識になるのです。

会社によって働いている人の常識まで違うことに気が付きましたし、その会社で覚えた常識が自分の生活や振る舞いにも大きく関わるものだと感じました。

転職経験がない人には1つの会社の常識しかありません。「会社員とはこういうものだ」という考えが1つで「普通は○○だ」という○○が1つしか無いのです。

転職したことで、いろいろな人と話す機会があっても柔軟に考えられるようになり、言葉を選んで会話できるようになりました。

スポンサーリンク

転職20代から考えるべき理由

転職は何歳になっても考えて良いですし、できないことはありません。

しかし、転職するなら20代の若いうちから考えるべきです。

20代には常識が無い?

「若いから常識が無い」ということではありません。

例えば、40代の中年になってから転職を考えると、先ほど説明した「会社の常識」が邪魔をします。

自分の常識を転職先で否定されてしまうと、「わかっていない」とか「この会社は変わっている」「前の会社ではこうやっていた」など、前職の常識を新しい会社でも求めてしまうのです。

入社面接でさえも「前の会社ではこうだったけど」など、自分より若い面接官に対し上から目線で常識を押し付けてしまいます。

1つの会社の常識にドップリ浸ってしまう前の、20代の若いときから「いずれは転職する」と考えておけば、転職時も柔軟に対応できるでしょう。

「この人のようになりたい」がいないなら転職

20代で転職を考えるのは、給料が安かったり会社の人が嫌いだったりという理由ばかりではありません。

今の会社で、少しでも将来の自分が想像できないなら転職を考えるべきです。

今の会社で働き続けると、自分も先輩社員や上司のような会社員になります。それが想像できないのなら、転職を考えていいと思います。

「この人のようになりたい」や「この人は会社員として尊敬する」という理想の先輩や上司が会社にいないなら、その会社では自分が理想する会社員にはなれません。同じような会社員になる可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク

転職を成功させる方法

転職を考えたとき思いつくのがネットの求人情報だと思います。それで気に入った仕事があればいいのですが、なかなか素人では判断できません。

求人サイトの情報は、企業の一方的な条件を見て判断する方法しかないからです。

若い会社員の転職はこれからの人生に大きく関わることなので、給料が高いから転職しようでは後悔してしまう可能性もあります。

20代という若い人材を求めている企業は多くありますが、個人でその企業を探し希望通りの条件で入社するのは不可能に近いです

転職に失敗しないためにも、「転職エージェント」などの支援サービスの活用をオススメします。

20代の若い会社員に特化したサービスもあるので、参考にしてください。

年代別に強みがある転職エージェント

転職エージェントは、自分にマッチした企業への転職をサポートしてくれるサービスです。

多くの業種への転職をサポートするサービスや、ひとつの職種に特化したサービスなど、さまざまな転職エージェントがあります。

特徴は、すべてのサービスを無料で受けられることです。

若い世代ならreフレッシュ転職ゲキサポ!転職がオススメ。20代の若い会社員が、新たな職種へも挑戦できる可能性を広げてくれます。

公式HP → reフレッシュ転職ゲキサポ!転職

30〜40代以上の方にはSamurai Jobなどのハイクラス転職に特化したサービスがオススメです。今よりもやりがいある仕事や、高待遇の企業への転職を目指せます!

公式HP → Samurai Job

会社を辞めれないなら「退職代行サービス」を活用 

退職代行サービスは、その名の通り自分の代わりに退職の意思を会社へ伝えてくれるサービスです。

以下のような方にオススメのサービス!

  • 退職の意思を上司へ伝えられずに困っている…
  • 退職の意思を地耐えたのに辞めさせてもらえない…
  • 後味が悪い退職ではなく円満退職を目指したい!

また、ただ会社へ退職を伝えるだけのサービスではなく、さまざまなサポートを受けられます。

  • 退職書類のやり取りなども任せられる
  • 保険証などの面倒な事務手続き方法も教えてくれる
  • 会社の人と会うことも話すこともなく退職可能
  • 有休休暇の取得連絡もしてくれる
  • サービスによっては弁護士や労働組合が会社と交渉してくれる

自分だけではなく、退職代行を使われた会社も納得するサービス「退職コンシェルジュ」がおすすめです。後腐れの無い円満な退職を望むなら検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくは公式HPで確認してください。

公式HP → 退職コンシェルジュ

スポンサーリンク

まとめ

私が転職したとき、辞める会社の人から「もったいない」と言われたことを思い出しました。せっかく就職できたのに辞めるなんてという意味です。

しかし、転職により手に入れたものの方が大きかったと実感しています。

転職を好ましく思わない人は多くいますが、転職も人生で大切な「経験」です。人間は経験からしか学ぶことはできません。やらないよりやったほうが成長できるケースもあるのです。

20代で転職を考えている人へ、転職してもしなくても、どちらも間違いではありません。ただ、今の会社で自分の未来を想像できないなら、若いうちに転職を考えた方がいいということです。

現在では支援サービスが充実しているので、転職は難しいものではありません。