退職の意思決定で重要なのは1つ!辞めたいときに考える2つポイント

退職の意思決定で重要なのは1つ!辞めたいときに考える2つポイント退職を考えるブログ

「本当に会社を辞めても大丈夫だろうか…」
「こんな会社退職してやる!でも辞めてからどうしよう…」

会社を辞めたいけれど、行動に移せずに我慢しながら仕事をしている会社員もいるでしょう。

退職のデメリットばかり気にして行動できない会社員も少なくありません。

退職を実行するには、明確な意思決定が必要です。

このページでは、会社を辞める準備として「退職の意思決定」について説明します。

どのような気持ちで退職を考え進めるべきか、ぜひ参考にしてください。

誰にも会わず会社を辞めたいなら

退職代行サービス「ネルサポ」がおすすめです!

【おすすめな理由|サービスの特徴や強み】

  • 弁護士が監修する安心サービス!
  • 労働組合が運営|万が一の会社との交渉も可能!
  • 業界最安値|相談は無制限で無料!
  • 無料の転職支援サポートあり|転職成功で5万円のキャッシュバック!

「今すぐ誰にも会わずに会社を辞めたい」「会社を辞めさせてくれない」「退職の意思を上司に切り出せない」などの悩みがあるなら

まずはネルサポのサービスの詳細を確認してみてください。

退職の意思決定で重要なのは1つ「前向きな気持ち」

退職の意思決定で重要なのは1つ「前向きな気持ち」

退職を考えるきっかけは、人それぞれです。上司や先輩、同僚や後輩など人間関係だったり、通勤や仕事内容などの環境問題だったりと一人ひとり感じ方は異なります。

ただ、退職を決意するときの気持ちは前向きにすべきです。

なぜ、前向きである必要があるのかは以下の理由が挙げられます。。

  • 家族を説得できない
  • 辞める会社や上司を説得できない
  • 転職活動に影響する
  • 転職先での仕事に影響する

家族や上司などの説得に影響するのは「ハード面の問題
転職活動や再就職先などに影響するのは「ソフト面の問題

として次からそれぞれ説明します。

前向きな気持ちで退職すべき理由「ハード面」

家族も上司も、基本的には「会社を辞めてほしくない」と考えていることがほとんどです。

「会社の人が嫌だ…」「仕事がつらい…」など会社を辞めたい理由がネガティブであるなら、まったく受け入れてもらえません

家族にとってネガティブな理由での退職は、再就職できないのでは?働く気がないのでは?など、さまざまな不安を感じてしまうことです。

上司や会社にとってネガティブな理由は「異動、転勤」などで解決できることが多いため、退職の理由として簡単に受け入れることはありません。

そのため、退職を決意したなら「前向きな退職理由」を自分の言葉で伝えて、家族や上司を「安心、納得」させる必要があります。

ここを乗り切れないと、退職は困難です。

退職したいと家族を説得!反対されず納得してもらう2つのポイント!具体例も紹介
退職には「どうすれば家族を説得できるか」という問題があります。「会社を辞めたい」と家族にいきなり相談しても反対されるでしょう。このページでは、「会社を辞めたいことを、家族に相談した具体的な例や方法」を紹介します。
上司へ退職の意思を伝える2つのポイント!引き止められないための準備
退職を上司に伝えるときには、緊張のあまり自分の意思を上手く伝えられないことも考えられます。このページでは、退職を上司へ伝える際のポイントを紹介するので、退職を会社へ伝えられず悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

前向きな気持ちで退職すべき理由「ソフト面」

会社を辞めれば再就職する必要があります。しかし、ネガティブな感情のまま退職してしまうと、転職活動や転職先での仕事に影響が出てしまうでしょう。

会社に嫌なイメージを抱いたまま退職すると、そのイメージを引きずって転職することになるのです。

ネガティブなまま退職すると、転職など非日常的な慣れないことのつらさを、すべて他人や環境のせいにしてしまう傾向があります。それは、自分の意思で会社を辞めて新しい職場へ再就職するという気持ちになれなためです。

ネガティブのまま退職すると「会社のせいでやむを得ず転職した…」「自分は会社に潰された…人生狂わされた…」「(転職先は)自分が本来いるべき会社ではない…」などの感情ばかりが生まれてしまいます。

このように、前の会社に対する嫌なイメージを持ちながら転職先で働くことになるので、転職先でも不満を生み出してしまうのです。

したがって、退職や転職のときはポジティブにることが重要です。

気持ちを前向きにするための考え方

気持ちを前向きにするための考え方

どのようにして、ポジティブな感情にもっていけばいいのでしょうか。

ポジティブにするためには、以下などを意識してみてください。

  • 自分のための退職、転職だと強く意識する
  • この仕事は自分に合わない。だから自ら合う仕事を探す
  • 今が最悪なら転職で良い環境になると意識して退職する
  • キャリアアップのための転職と強く意識する
  • 退職、転職後の明るい自分や生活を意識する

とにかく、他人に動かされているなどのネガティブな感情は捨て、「自らの意思ですべて決めている!」と強く意識することが重要です。

退職の意思決定で考えるべき2つのポイント

退職の意思決定で考えるべき2つのポイント

年齡や家族構成などにより違いはありますが、退職を決断するとき考えるべきポイントは以下の2つです。

  • お金のこと
  • 人生のこと

これらのポイントについて説明します。

お金のこと

再就職先の初任給まで生活できるお金があれば、退職決断の目安になります。

貯金がなくても、雇用保険や退職金などがありますし、会社を辞めることによって掛からなくなる出費も少なくありません。

これらを一度じっくり計算してみることで、退職を進めるべきかの判断材料にできます。

人生のこと

退職、転職することで、「今よりも幸せになるのか、なれないのか」ということです。

嫌な仕事や会社で我慢して働き続けるのは、立派なことかもしれません。ただ、その環境に慣れてしまった自分は、幸せな生活を送っていると言えるでしょうか。

会社を辞めるなら、今より理想の生活を手に入れられるかを十分に追求してからジャッチしましょう。

このように、自分の仕事を今よりも良い環境にするために深く考えることで、「退職、転職活動も前向きにできる」のです。

まとめ

  • 退職の意思決定で重要なのは1つ「前向きな気持ち
  • 会社を辞めたいと感じたときに考えるべきポイントは「お金人生」の2つ

会社員として生きていくなら自分に合った職場環境で働くことが、日々の生活や人生を豊かにしてくれます。

もし、今の現状に満足いかないのなら、嫌な会社や仕事に対し「やってられない辞めてやる!」ではなく、「自分には合わないから良い環境を手に入れよう!」と前向きな気持ちで退職、転職活動をすることが重要です。

ただ、会社を辞めたくても辞めさせてくれない、再就職が不安などの悩みがあるなら、支援サービスの利用も検討しましょう。

 

おすすめの退職代行サービス「ネルサポ」は、退職代行だけでなく無料の転職サポートも受けられます。

【ネルサポの特徴や強み】

  • 弁護士が監修する安心サービス!
  • 労働組合が運営|万が一の会社との交渉も可能!
  • 業界最安値|相談は無制限で無料!
  • 無料の転職支援サポートあり|転職成功で5万円のキャッシュバック!

「会社を辞めさせてくれない」「上司に退職を伝えられない」などでも、今すぐ誰にも会わずに会社を辞めれるサービスです。

退職や再就職の悩みがあるなら、まずはネルサポのサービスの詳細を確認してみてください。