今後の人生を左右する?挨拶の重要性を考える。「おはようございます」を言わない人は、職場に馴染めないだけじゃない理由。

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

会社って同じ期間一緒にいても、上司や同僚や先輩・後輩等々とすぐに馴染める人全然馴染めないって人がいます。

新入社員として何人かが職場に配属されて来ても、ひと月も経たずに職場での馴染み具合に新入社員各々に大きく差が出てきてしまいます。

そのたった入社ひと月の馴染み具合で、長い長い会社員人生が大きく変わってしまいます。馴染んだ人は仕事をどんどん教えてもらい経験する事が出来ます。

逆に馴染めない人は、いつまでも最初に教えられた事をだけをやり、他の人には何も聞けないし誰も教えようとしてくれません。結果、仕事を経験することが出来ません。

この馴染めるか馴染めないかの違いは、朝の挨拶「おはようございます」を言えるか言えないかの違いだと私は考えています。

20年以上サラリーマン生活を送って来て(もう退職しましたが‥)、同じ条件なのに差が生じてしまう人達を見てきました。もちろん自分もそうです。

では、なぜ「おはようございます」なのかを考えていこうと思います。

 

スポンサーリンク

「おはようございます」が今後の人生を左右する理由。

朝、オフィスに入った時や社内の人に会った時に交わす「おはようございます」。この挨拶というマナーが持つ力を考えていこうと思います。

「おはようございます」を言える人

「おはようございます」が言える人とは、そのまますぐにでも会話が出来ます。朝のダルい時間でも挨拶を交わす事で、すぐに話し掛けたり話し掛けられても、全く自然に話す事が出来ます。

とくに、新入社員とか数人が入社してくる時期なんかは、朝の挨拶をした新入社員にしか誰も話し掛けません。挨拶をする新入社員は自分から新しい職場に馴染もうとしているってことです。

仕事も教えやすくなるし外回りも連れて行きやすくなり、色々な仕事を経験させてあげる事が出来ます。

更に、上司から新入社員の様子を聞かれた時なんかには「あの若いヤツ、やる気があっていいですよ」って言えます。すると上司は「じゃあ今度俺も行くから、メシでも誘ってやって」ってなります。

そしてバリバリ仕事を経験し覚えていき、他の新入社員より早く職場の仲間って感じになります。こうなってしまうと、もう先輩方は彼にしか仕事を頼まないくらいになってしまいます。

朝の挨拶をしっかりしたことにより、他の新入社員よりも仕事を沢山覚える事ができ、更には二年目の社員よりまで仕事を経験してしまう人もいます。

そういえば、私がお世話になっていた上司たちも、やはり皆「朝の挨拶」は元気です。(うるさいです‥)

「おはようございます」を言えない人

「おはようございます」が言えない人とは、一日中ひと言も会話しないこともあります。

後輩社員や新入社員で、朝の挨拶もしない人にはこちらから話す事はありません。「話しかけない方がいいのかな?」って思っちゃいます。

朝の挨拶もしないのに、突然話し掛けられても「挨拶もしないのに、聞きたい事あるのか?」って思っちゃいます。

誰からも仕事の話をされなくなり、いつまでも同じパソコン画面を見つめ終業時間になったら何も言わずに帰ってしまう‥。

こうなってしまうと、なかなか仕事を頼むことが出来ませんし、外回りも行きたくないんじゃないかと思ってしまいます。頼まれたから行ってやるなんて思われたくもないですし‥。

結局挨拶をしなかった人は「自分は嫌われているのではないか?」とか、「あいつばっかり気に入られてる」って思っちゃうんです。でも、そのきっかけを作ったり作らなかったのは自分なんです‥。

どうして差がつくのか

誰でも新しい職場に行く時は、緊張もするし不安もあると思います。でも「おはようございます」くらいは言えばいいじゃんってことです

新しい職場の人達だって、新しい社員が来る時は何かと気を使うものです。朝に挨拶しただけで色々と質問しやすくなりますし、仕事を教えてもらいやすく出来ます。

自分がその会社でお世話になるってことは、それなりにその会社に自分から馴染まなければ誰も自分の事なんて気にもしてくれないってことです。

恥ずかしいとか人見知りだとかって誰にでもありますが、会社員として働くなら必ず克服しなければいけないことです。

会社員時代によくあった話ですが、仕事を沢山経験している同僚を気にし始めて「○○には仕事を教えてるのに私には教えてくれません。」等と上司にいきなり相談してしまう人が結構いました。

会社員だから仕事は必ず時期が来たら教えます。しかし、仕事を不平等に教えているのではなく、すぐに仕事を教えてもらえる人は自分からその環境を作れているのです。

仕事を早く覚える環境を挨拶をする事により自分で作ってるから、人より早く仕事を教えてもらう事が出来るのです。

私は会社員時代に挨拶をしない後輩や新入社員に朝の挨拶は大事だと言ってきました。殆どの人は、自分が挨拶していない事を意識してなく気が付いてもいませんでした

気付かせることにより、少しずつ朝の挨拶を意識するようになり、徐々に自然な挨拶を言えるようになりました。朝に会社で挨拶することすら、意識してない人がいるんです。

だから、それを意識していないってことは、自分が気が付かないうちに損しちゃってるんです。

スポンサーリンク

まとめ

「おはようございます、昨日の夕方○○会社からお電話がありました」

「すいません、昨日の夕方○○会社からお電話がありました」

皆さんは朝一番のオフィスで、どっちの言い方で話しかけられたいでしょうか?

朝からすいません‥、とは言われたくありませんよね。

今からでもぜんぜん遅くありません。今まで挨拶をしてこなかった人は「おはようございます」って会社で言ってみて下さい。おそらく周囲と自分に劇的な変化があると思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

会社を遅刻する理由に嘘を伝えてはいけない理由。後悔することになる自分を守るための嘘‥。
皆さんも経験があるのではないでしょうか?、起きた瞬間に遅刻だと分かった時の、あの例え様のない感情。 急な遅刻や欠勤等、会社員はその度にそれを上司に伝えなければなりません。そしてその度に遅刻や欠勤の理由も伝えなくてはいけない事が殆どです。 そこで今回は、どんな理由がいいの?って事を書いていこうと思います。
「名物社員?」若いサラリーマンが40代の中堅サラリーマンになるまでにやっておくべき1つ意識
サラリーマンとして生きて行くと決めたからには、凄く気にする必要は無いとは思いますが、それなりに他人の評価を気にしなくてはいけません。 本気でサラリーマンとして大きく成功したまま定年の日を迎える為には、会社や社員達や取引先等から色々な意味で頼られ注目される必要があります。 殆どの会社員は、定年の頃には色々と「仕事が出来ない」や「何もしていないのに高給取り」等と陰口を叩かれ会社を去っていってしまいます。(注:私の経験だけの話です。) その逆で、定年退職するって話が社内全域に広がり全国各地の支店や事業所から「送別会を是非やりたい」と言われる、会社にとって名物的な社員もいます。 どうしてこのような「差」が生れるのでしょか?
会社員として絶対に気をつけなければいけない1つの事、言ってはいけないし聞かない方がいい話しって何?
様々な場面で他社の方達と係わることがあります。その時に絶対に気を付けた方がいいって事が1つありますので、その話を書き留めておこうと思います。 私は約20年間、会社員として働いてきましたが、本当に色々な他社の人とも仕事中に接する場面が多くありました。 聞きづらいし絶対に言ってはいけない様な話が結構頻繁にされていました。