「ウチの子は次の試合ですか?」3つの悪影響…ヤバい保護者が少年スポーツで子供の競技人生をダメにする

「ウチの子は次の試合ですか?」3つの悪影響…ヤバい保護者が少年スポーツで子供の競技人生をダメにする少年スポーツ

少年スポーツでは、本当に驚く保護者を見かけることがあります。

当然、我が子を想っての行動でしょうが、周りを凍りつかせる言動や行動で、チーム全体のモチベーションを低下させてしまうことも少なくありません。

また、トラブルの原因になる可能性もあります。

今回は、私が実際に見たヤバい保護者の話を紹介しましょう。ヤバい保護者によって、どのような影響が起こるのかも考えていきます。

子供の成長期をサポートしたいなら

子供の成長期応援サプリ「ノビルン」がおすすめ!

【おすすめな理由|サービスの特徴や強み】

  • 6年連続でモンドセレクション金賞
  • シリーズ累計100万袋突破|親子満足度95.4%!
  • ラムネ風タブレット|「おやつ感覚」で簡単においしく摂取!
  • 1日2粒でOK|無理なく続けられる!
  • JAB(日本バスケットボール協会)公式マガジンでも紹介!

「ノビルン」には子供の成長期に必要とされる栄養素が含まれています。「牛乳嫌い」「好き嫌いが多い」「少食や偏食」などの悩みがあるなら

まずはノビルンの詳細を確認してみてください。

「ウチの子は次の試合に出るんですか?」と大会中に指導者へ発言する保護者

「ウチの子は次の試合に出るんですか?」と大会中に指導者へ発言する保護者

中学生スポーツでの話です。

公式戦が1日に2試合あるときでした。

1試合目が終わり、指導者が保護者に挨拶にきたとき、見かけたことのないお母さんが発言したことです。

ウチの子は次の試合に出るんですか?

何の躊躇もなく放った言葉なので、恐らく自分の発言に疑問を持っている感じではありません。

予想外の言葉を浴びた指導者は困惑、周りにいた保護者は言葉を失っていました。

指導者は言葉を選んで話すように「公式戦は登録メンバーしか出られないので、次回メンバーに入れるように頑張ってもらいましょう」

すると、その保護者は次はいつですか?そのときは出れるんですよね?

指導者は「まだ先の話なので、誰がメンバーに入るか決まっていません。出れるように頑張ってください」

指導者は、それで話を切り、ほかの保護者に挨拶をして戻っていきました。

その後も保護者はどうして、全員試合に出れないんですか?など、指導者に向けで発していたようです。

「ウチの子は次の試合に出るんですか?」3つの悪影響

「ウチの子は次の試合に出るんですか?」3つの悪影響

保護者が指導者に対し発した「ウチの子は次の試合に出るんですか?」には、以下3つの悪影響があります。

  • 指導者への悪影響
  • ほかの保護者への悪影響
  • 子供への悪影響

指導者への悪影響

指導者への悪影響として考えられるのは、選手を自由に使いづらくなることです。

特定の保護者から自分の子供を使うように依頼されることは、意外と少なくありません。

電話で頼まれるケースも稀にありますが、ほとんどのケースでは世間話や飲み会の中で冗談ぽく話す感じです。

しかし、今回は公式戦の場で、周りにほかの保護者が大勢いるところで「ウチの子は次の試合に出るんですか?」といっています。

指導者は

  • その子供を使うことで「いわれたから使った」と思われるのでは…
  • ほかの子供を使うことで「なぜその子供を使ったのか」とまた何かいわれるかも…

など、さまざまなことを考えてしまい、選手を自由に使いづらくなるのです。

ほかの保護者への悪影響

ほかの保護者への悪影響として考えられるのが、指導者への不信感です。

例えば、「ウチの子は次の試合に出るんですか?」といわれた後、その子供を少しでも使ってしまうと、ほかの保護者はどう感じるでしょうか。

「いわれたから試合に使った」と考える保護者も少なくありません。

こうなると、保護者の気持ちはチームから離れてしまいます。

今までの積極的にチームの手伝いをして支えてくれてい保護者の方たちが、チームから離れてしまうのです。

当然、指導者としては、いわれたから使ったわけではなくても、そういった発言の後はトラブルにつながりやすくなります。

子供への悪影響

子供への悪影響で考えられるのは、ほかの子供たちよりも発言した保護者の子供の気持ちです。

自分の親が指導者に対し「試合に出して」といったことを知ったら子供は傷つきます。

自分が試合に出れない理由は本人も理解したうえで、試合に出れるようになるために日々練習しているのです。

「試合に出して」といったことを知ったら恥ずかしくて悔しい気持ちになり、指導者と顔を合わせるのが嫌になるでしょう。

親に対しても、我慢できないくらいの感情を抱いてしまいます。

チームメートに対しても、「試合に出してもらうことを親から指導者に伝えてもらった奴」と考えられているのでは?と思い込み、一緒にいるのもつらくなるでしょう。

もう本人の気持ち的には、そのチームにいること自体が難しくなるです。

「ウチの子は次の試合に出るんですか?」後日談

「ウチの子は次の試合に出るんですか?」後日談

結局、その子供は数週間後にチームを去ってしまいました。

ある日の練習前、その子供は泣きながらチームを辞めると伝えてきたそうです。

理由は最後までいわなかったようですが、話を聞ける状態ではないほど泣いていたとか…。

そして最後に「すいませんでした」と指導者に伝え、チームを去っていきました。

 

保護者のやったことは間違えです。子供のためにと考えた気持ちはわかりますが、やり方は間違っています。

中学生くらいの年頃では、もっとも親にやってほしくないことです。

指導者に「すいませんでした」と伝え辞めたときの子供の気持ちを考えると…。

この保護者の行動が、1人の少年のスポーツ人生をダメにしてしまったかもしれません。

まとめ:少年スポーツにおける保護者は応援する人

まとめ:少年スポーツにおける保護者は応援する人

試合に出る選手を決めるのは、子供でもなければ保護者でもありません。指導者です。

試合に出たいなら、指導者に言葉で訴えるのではなく、目に止まるような選手になるしかありません。

そのためには、日々の練習や自主トレなど努力する必要があります。

少年スポーツで保護者がするのは応援と手伝いだけです。試合の方針や選手の出番などには関与するものではないので、注意しましょう。