少年スポーツの自主練の目的は1つだけ?その意味とコツ!保護者は理解しておきたい自宅で行う自主トレは何の為に始めるのか

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツをやっているご家庭では、子供が少しでも上達するようにチームで集まって行う練習とは別に、自宅で自主的に練習を行っているご家庭があると思います。

その自主トレは、とても大切なことだと思いますし、その前向きな気持ちは大切にしたいものです。でも、もしかしたら数日や数週間でいつの間にか自主練をやらなくなってしまったってことはないでしょうか?

最初はあんなにやる気になっていた子供がが、いつの間に全く自主練をやらなくなったという話は本当によく聞きます。

そこで今回は、自主練をやる意味と自主練を続かせる為のコツを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツにおいて自主練をやるたった1つの目的 その意味とコツ

今回の記事では、主に自主練を始めて行うであろう、小学生の自主練について考えていこうと思います。

自主練の意味とは

少年スポーツでの自主トレに何の意味があるのか?ってことですが、その目的は「習慣にする」ということだけです。

「自主練を毎日の習慣にする」ということが、小学生時代での自主練のたった1つの目的です。

中学や高校と進学していくにつれ、チームの第一線で活躍する選手になる為には、自主連は必須となります。

しかし中学生になり、いざ「やるぞ!」となってもなかなか習慣になっていない事を、わざわざ家でやるのは難しいことになってしまいます。

だから、せっかく小学生の頃からスポーツをやっているなら、習慣にしとけば何も難しくないという事です。

中学生になって親から「自主練やれ!」って言われても腹が立つだけになってしまいます。ですので、保護者の方は子供が小学生の頃から「自主練は習慣付ける」という目的だけで、協力してあげた方がいいと考えています。

自主トレを習慣づけるコツとは

これも気にする事はたった1つだけです。長い時間やらせないって事だけです。

子供は毎日自主練を長時間やるとやらされていると感じ、1日でその自主練の時間がただの苦痛な時間になってしまいます。

毎日その苦痛がやってくると感じながら生活していかなければいけなくなってしまいます。そして、楽しいはずのスポーツさえも苦痛になってしまいます。

ですので、自宅での自主トレ等は本当に数分間、ただ必ず毎日行うことだけを習慣付けていくだけにすることが1番のコツだと考えています。

30分も1時間もやる事は、よっぽどの事情が無い限り小学生には集中出来ることではありませんし、それを毎日続ける事は難しいです。

そしてこの「毎日やる」というただの習慣が、やがて中学や高校へと進んだ時には、自分で考えた自主トレメニューを、しっかりと時間を決めて行うことが出来るようになっています。

小学生スポーツでオススメする自主練

とにかく、スポーツを始めたばかりの小学生は反復練習が必要です。

同じ動作を繰り返すことで、体が自然に反応出来るようになり、それで初めてそのスポーツを競技出来るようになります。

その反復練習を、時間を決めて毎日やり続けることが、その競技の動きを理解し動けるようになる最短の練習となります。

小学生スポーツでオススメしない自主練

これは競技の種類等で大きく変わってくるかもしれませんが、私は主に団体スポーツの球技をやっていましたので、その場合だとご理解ください。

小学生時代は、筋トレには力を入れなくてもいいと考えています。

その理由としては、小学生になり初めてスポーツを始めたことにより、練習等でそのスポーツの動きにより必要な筋肉は勝手についていくと考えているからです。

少年スポーツを始めると、ほぼ毎日練習し今まで使ったことのない筋肉をいっぱい使うことになります。そしてご飯も急にいっぱい食べるようにもなります。それだけで小学生は十分です。

筋トレを優先するより、反復練習に力を入れて基本動作をしっかりとマスターすることが、そのスポーツの上達には1番重要な事だと考えています。

小学生のスポーツでは、全員が基本的で正しく動くことが出来れば、簡単には負けることはありません。

スポンサーリンク

まとめ

小学生スポーツでの自主練は、習慣付けるということを最優先とし、短時間を毎日続けられる様にやっていく。という考えでした。

もし、お子様の自主トレが三日坊主になってしまうという方がいましたら、短時間を毎日やるように言ってあげてみて下さい。結構驚くほど長続きするものです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

少年スポーツにおける保護者の自宅でのアドバイスって迷惑?親が教えない方がいい事と、まず第一に考えるのは子供の気持ちです
少年スポーツでは所属するチームや団体での指導の他に、自宅で両親がそのスポーツについて子供に指導してしまうという家庭が多々あります。 この自宅での「アドバイス」というのは、良い事なのか?良い事ではないのか?ということを考えていきたいと思います。 どんなアドバイスを止めた方が良いってことを書き留めていこうと思います。
少年スポーツでの父兄(親)の役割とは。気を使う事は1つだけ?保護者がやった方がいい事とやらない方がいい事を考えてみる。
昨今の少年スポーツにとって重要な役割をしていると言っても過言ではない存在が「父兄(親)」です。 何が重要な役割かというと良い意味が殆どではありますが、残念ながら悪い意味もあります。 少年スポーツにおける「保護者の役割」を今までの経験で考えて書き留めておきたいと思います。