スポ少の飲み会に行きたくない?その理由9選!保護者飲み会に1度は参加すべき理由

スポ少の飲み会に行きたくない?その理由9選!保護者飲み会に1度は参加すべき理由少年スポーツ

スポ少など少年スポーツでは、保護者の飲み会などが年に数回開催されることがありますが、「飲み会には行きたくない」という保護者の方もいるでしょう。

今回は、スポ少の保護者の飲み会に行きたくない保護者の理由、飲み会に1度は参加しておいたほうがいい理由を紹介します。

子供の成長期をサポートしたいなら

子供の成長期応援サプリ「ノビルン」がおすすめ!

【おすすめな理由|サービスの特徴や強み】

  • 6年連続でモンドセレクション金賞
  • シリーズ累計100万袋突破|親子満足度95.4%!
  • ラムネ風タブレット|「おやつ感覚」で簡単においしく摂取!
  • 1日2粒でOK|無理なく続けられる!
  • JAB(日本バスケットボール協会)公式マガジンでも紹介!

「ノビルン」には子供の成長期に必要とされる栄養素が含まれています。「牛乳嫌い」「好き嫌いが多い」「少食や偏食」などの悩みがあるなら

まずはノビルンの詳細を確認してみてください。

スポ少の飲み会は行きたくない保護者の理由9選

スポ少の飲み会は行きたくない保護者の理由9選

スポ少など、少年スポーツにおける保護者の飲み会に行きたくない!という人の理由5選は以下の通りです。

  • 親しい保護者がいないので話し相手がいない
  • 子供が試合に出してもらえていない
  • 子供が好きでやっているだけだから親は関係ない
  • 決まったメンバーが飲みたいだけ
  • 自分が嫌われているから参加したくない
  • 他の保護者とは話が合わない
  • 気を使うのが面倒
  • お金がもったいない
  • 用事がある

親しい保護者がいないので話し相手がいない

親しいママ友や、家族ぐるみの付き合いがある保護者などがチーム内にいないため、飲み会に出たくないという理由です。

飲み会に参加しても、集合時間のどれくらい前のタイミングで行くのがベストなのか、誰の隣に座ればいいのか、お酒を注文したくても言い出せないかもしれない、話す相手がいないから話に入れない、などの不安があるでしょう。

親しい人がいないので、誰でも最初は話し相手がいないのは当然です。ただ、飲み会は他の保護者と親しくなるチェンスともいえます。

お酒が入るので、時間が経てば自然と親しくなれるでしょう。親しい保護者が増えれば、子供の試合を観に行くのも1つの楽しみになります。

子供が試合に出してもらえていない

子供が試合に出してもらえていないから、飲み会なんて参加したくないとう理由もあるでしょう。

スポ少の飲み会は、試合に出ている保護者のための行事ではありません。全選手の保護者の交流の場です。

スポ少の活動についての話やチームのこと、子供の私生活のこと、子育てについてなど、さまざまな話を聞けます。

試合に出る出ないではなく、子供に同じスポーツをやらせている保護者の集まりなので、学校の保護者とは違った有用な情報が得られるケースもあるのです。

子供が好きでやっているだけだから親は関係ない

子供が好きでやっているだけだから親は関係ない

スポ少は子供が好きでやっているだけだから、保護者には関係ないという理由もあるでしょう。

これは、単にチームへ子供を預けていると思われてもしかたないことです。スポ少のチームは保護者の協力があってこと成り立ちます。

たまに、お金を払っているのだから「しっかり世話をしてほしい」「試合に出してほしい」と耳にしますが、これらの意見は間違いです。

月数千円のお金は、保険や登録費、用具代などに充てられるもので、子供を預かってもらうための料金ではありません。指導者は基本ボランティアです。

そのため、保護者が協力し運営に関わらなければチームは回りません。したがって、子供が好きでやっているから保護者は関係ない、とはならないのです。

決まったメンバーが飲みたいだけ

どうせ決まったメンバーが飲みたいだけ、それに付き合うのは嫌だと考える保護者もいるでしょう。

毎回参加する決まったメンバーは確かにいますが、自分たちが飲みたいだけ、というよりは参加しないといけない立場の人が多いように思います。例えば、役員などです。

好きで参加している人もいますが、飲み会の調整や店の予約、開催案内、会計、領収書の手配など、面倒なことはいつも同じ人がやっています。

全員に開催案内を出しても返事をもらえず、わざわざ再度確認し断られるなども珍しくありません。

開催案内は役目だから出すだけです。「どうせ暇な人がやっている」という意見も耳にしますが、普通に仕事をしている人たちです。どちらかといえば、仕事経験がないとできない役割かもしれません。

「決まったメンバーが飲みたいだけ」と考えるのは間違えです。

自分が嫌われているから参加したくない

自分が嫌われている、と感じているから飲み会に参加したくないという保護者もいるでしょう。

何かきっかけがあるなら嫌われている可能性はありますが、単にあまり話したことがない、会話の輪に入れないなどなら、勝手に嫌われていると感じているだけです。

普段は話しかけれなく悩んでいるなら、飲み会はお酒が入るのでスムーズに会話できます。

嫌われていると感じている人こそ、積極的に参加してみましょう。

他の保護者とは話が合わない

他の保護者とは話が合わない

他の保護者とは話が合わない、と感じ飲み会に参加しない人も多いでしょう。

話したことがなくても、試合会場で見かけた感じで判断していることがほとんどです。

飲み会ではお酒が入るので、見た目からでは判断できない、話してみると意外に気が合う人はいます。

気を使うのが面倒

気を使うから飲み会に行きたくない、という人もいるでしょう。

みんな同じです。大人なので、あまり親しくない人には気をつかう必要があります。

試合会場にいるだけで気を使うから、飲み会ではさらに気を使うと考え飲み会に行きたくないと考える人も多いでしょう。

ただ、飲み会で打ち解けておけば、その後の試合会場で気を使うことが減るかもしれません。

お金がもったいない

お金の問題で、飲み会に行きたくない人もいるでしょう。

お金も問題なので、生活に影響があるなら参加すべきではありません。

ただ、もったいないという理由なら、参加を検討してみてください。

1度参加してみて、もったいないと感じるなら、次回から参加しなければいいだけです。

用事がある

用事があるから飲み会に参加できない、という人もいるでしょう。

用事があるときは、参加できないのは当然です。

ただ、予約やキャンセルなどの関係で、連絡が遅れると迷惑がかかわる可能性があります。

用事があり欠席するときは、できるだけ早めに連絡しましょう。

スポ少の保護者飲み会に1度は参加すべき理由

スポ少の保護者飲み会に1度は参加すべき理由

スポ少の保護者飲み会に、1度は参加すべき理由があります。

それは、監督やコーチなど指導者の話が聞けるからです。

普段は立ち話くらいはするかもしれませんが、飲み会ではじっくりを会話することができます。

例えば、指導者がどのような考えで指導しているのか、自分の子供の印象、今後どのような方向性で指導していくのかなどです。

多くの子供を指導してきた人なので、運動面でなく性格など傾向も把握している指導者もいます。親には見せない家とは違う子供の振る舞いも聞けるかもしれません。

また、飲み会は指導者に感謝の言葉を伝えられる機会です。自分の時間を使って子供を指導してくれている指導者へ、直接感謝を伝えられます。

このように、さまざまな機会があるので、ぜひスポ少の保護者飲み会に1度は参加してみてください。

私自身も息子のスポ少の飲み会は行きたくないと感じていた

私もスポ少の飲み会は行きたくない派でした。

当時の私は仕事の関係で、息子の試合をほとんど観にいけなかったため、親しい保護者がいなかったのが原因です。

たまに試合会場へ行って保護者の方に挨拶しても「誰この人」みたいな感じで見られ、飲み会なんて冗談じゃねー!という考えでした。

そのとき私が他の保護者に抱いていた印象は、感じが悪い人たちです。

ただ、いつも預けっぱなしだったので、指導者に1度しっかり挨拶でもと、嫌々ですが飲み会に参加しました。

すると、お酒の力もあってか、保護者の方たちとすぐに意気投合です。

他の保護者も私を感じの悪い人と考えていたようなので、単純にお互い会話しないことで自分には合わない人と感じていただけでした。

それがきっかけで、息子の中学、高校の部活の保護者飲み会には、全参加です…。それにより、保護者同士が変な雰囲気になるのを防げていると思います。