少年スポーツでの父兄(親)の役割とは。気を使う事は1つだけ?保護者がやった方がいい事とやらない方がいい事を考えてみる。

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツには、スポーツ少年団や中学校の部活等、様々な形態で物凄い数のチームや団体があります。そのスポーツの種目を全て挙げるとしても挙げきれない程の種類もあります。

そして昨今の少年スポーツにとって重要な役割をしていると言っても過言ではない存在が「父兄(親)」です。

何が重要な役割かというと良い意味が殆どではありますが、残念ながら悪い意味もあります。

少年スポーツにおける「保護者の役割」を今までの経験で考えて書き留めておきたいと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツでの父兄(親)の役割

ここでは主に小中学生での少年スポーツについて書いていこうと思います。

そして私は団体スポーツしか経験したことがありませんので、団体スポーツでの親の役割について考えていこうと思います。

応援すること

応援することです。自分の子供は勿論ですが、自分の子供が所属するチームを好きになりチームを応援する事です。

自分の子供だけ活躍すれいいという考えも確かに理解できるような気がしますが、チーム全体が気持ちを入れ練習したり試合に勝つということが子供の成長には欠かせない事です。

チーム全体が盛り上がり、そしてやる気に満ちた状況を父兄達で維持していくことが、少年スポーツでの上達に少しは役立つ事だと考えています。

手伝う気持ち

少年スポーツでは、「配車」等と呼ばれる保護者が練習場や試合会場へ、自家用車で子供達の送り迎えを頼まれることが多々あります。用事がなければ車を出し子供達の送り迎えをやってあげましょう。

また、試合中のドリンクの買い出しや、氷・応急処置の救急箱等々も父兄が準備するチームも最近では殆どかもしれません。頼まれたら快く引き受けるようにしましょう。

もちろん仕事や家の事情が最優先です。本当に配車や買い出しが可能な時だけでも手伝ってあげることが大切です。

挨拶にはしっかり返事をする

なんのこっちゃと思うかもしれませんが、これは子供の成長には大切な事だと考えています。子供達に挨拶されたら絶対にしっかりと返事をするという事です。

少年スポーツではまず「挨拶」と「返事」を大切な事だと教えることが殆どです。

その子供達が学び心得た大切な事を実践したのに、父兄に無視されたと思ってしまったらどうでしょうか?

恐らく大人しい子だと、もう二度と父兄の方には挨拶しなくなってしまいます。大切だと教わったことを大人は全くしてくれないと考えてしまいます。

気が付かなかったってこともあるかもしれませんが、子供達がいる時はとにかく気遣って意識して振る舞うことがチームの成長に繋がります。

感謝する気持ち

チームや指導者やその他の関係者に感謝するのは当たり前かもしれませんが、私がここで言いたいのは、子供に感謝するという気持ちです

色々な考えがあるかもしれませんが、私にとって子供がスポーツを通し成長して行く姿を見るのはこの上なく幸せな事です

そのかけがえのない時間を経験させてくれる子供に感謝することが、一番の父兄の役割かもしれません。

スポンサーリンク

少年スポーツの保護者がやっては行けない事

本当は人それぞれで、こんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、一応参考程度に書き留めておきたいと思います。

とにかく保護者は、自分の子供が他の保護者にお世話になったら、お礼の気持ちを伝えるようにして下さい。これは本当に基本中の基本です。

挨拶をしない

知らない人にでも、その場所にいるなら挨拶くらいはしたほうが良いってことです。

特に初めて観戦に行って知らない人ばかりだからという理由で、黙って観ているのは良くない事だと考えています。

ただ、会釈するだけでも全然印象は違って見えるものです。無視されたって気にしちゃいけません。初対面のの大人同士はそんなもんです。

だから自分から挨拶しちゃいましょう!

文句を言う

例えば「配車」の時なんかには、こういったことが起きることがあります。

「そんな話は入団する時に聞いてない!」や「ガソリン代はどうする!」とか「ウチの車には他人を乗せたくない!」「お金払っているのに何で!?」等々、他にも挙げたらきりがありません。

この様な意見を言いたくなる人もいるかもしれませんが、強制ってことはないのが一般的ですので、車を出したくなければ「出せません」とだけ言えばいいだけの話です。いちいち文句を言うことはスマートな振る舞いではありません。

また、「お金を払っているのに!?」という方へは、超一流のクラブチームやプロのユースとかなら分かりますが、普通の少年団や部活では「会費」程度の月数百円~数千円ってことが殆どです。

そのお金が指導者や関係者の報酬になっていると勘違いしている方が本当に極稀にいらっしゃいます。会費は大会参加費や用具の新調や維持費に使ってるだけで、誰も個人的に貰ったりガソリン費に使ったりはしてないことが通常です。

殆どの場合はガソリン代や高速代等々は車を出した人が負担しています。(中にはキチンと精算しているチームもあります)文句を言うくらいなら、一言お礼を言ってみて欲しいです。

たった一言のお礼だけで、言われた方は自分が車に乗せてあげた事を不公平だとかは考えないものです。

指導者に電話しちゃう

別に電話することは悪いかどうかと言われればどっちでもいいかもしれません。でも、絶対に人の悪口と自分の子供を使って欲しい等ということは言ってはいけません

真剣に指導してくれている方が殆どです。その人が今まで経験した知識や技術を教えてもらっているのに、そのチームの子供の悪口を言うってことはだだの指導者批判です。その気が無くても、自分が指導している子供を悪く言われるのは良い気分ではありません。

自分の子供を試合に出してほしいという話はよくテレビやなんかで観ますが、私の周りでは聞いたことがありません。これも我が子可愛さにの行動かもしれませんが、だだの指導者批判です。

試合中怒鳴る父兄。選手や審判、挙句指導者にまで文句を言う

これは少年スポーツでは一番見たくない場面かもしれません。

自分が係わったチームでは一度も見た事がありませんが、毎年何度かは見てしまう光景です。何も良い事はありません‥。子供の事を一番に考え意識して行動すればこうはなりません。

更に最悪なのは、対戦相手の子供達に口汚い事をいう父兄です。これは本当にあってはならないことです。

家でチーム批判

子供の前で、チームの指導者や他の子供や保護者等を批判することを言うのは絶対に止めましょう。

子供がやっと家族以外の組織で成長していこうとしている時期です。子供が信じ熱中していることをバカにしていることになります。

学校以外で勉強以外のことを他人から教わり怒られたり褒められたりを経験し、更にはチームで同じ目標に向かい努力するという貴重な経験をいている時期です。

そして、親が言った事って結構子供は外で言っちゃいます‥。気をつけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

私が子供のころ、父はスポーツ少年団の指導者をしていました。引き受けた頃はチームは弱く、私が小学4年生で所属しておりよく観に来ていて、更に教えていた経験があった為に、ほぼ強引に監督を頼まれてしまった為です。

当時はチームが弱かったこともあり、父兄も練習はもちろん試合でも誰1人として観に来る人はいませんでした。

父は自家用車にチームの用具を全て積み、更には試合の日は試合会場まで5往復くらいし、子供達全員を運んでいました。

当時は何で自分の家ばかりと子供の私は感じていました。休日に出掛けることも出来なかったし、本当に休んでる日が無いってくらい大変だったと思います。

そして徐々にチームが勝てるようになってきた頃、少しずつ父兄が試合を観戦しにくるようになりました。

「強くなったからってイキナリ観に来るなよ」と子供だった私が言うと、父は「本当に良かった」と言いました。「こんなに観にきてくれて本当に嬉しいな」と笑いながら涙ぐんでいました。

でも、この頃(小学6年)の私には父の言葉や感情が全く理解できませんでした。しかし、自分が子供のチームの保護者となり、やっと意味がわかったような気がします。

家族に喜びや感動を与えることが出来るような子供に成長してもらう事が、少年スポーツ指導者の目指していることかもしれません。

とにかく、まずはその感動を与えてくれる「子供」に感謝する事が一番大事だということだと考えてます。この1つだけを気に掛けていれば、きっと全て上手くいく筈です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

少年スポーツの監督やコーチが試合中に怒鳴る理由を考えてみる。なぜ指導者は怒るのかを理解しようとする気持ちと行動。
小学生や中学生のスポーツにおいて、大きな声で怒っている監督やコーチを目にすることが多々あります。 でも少年スポーツの指導者においては【怒る=パワハラ】と考えるのは、ちょっと違うような気がしますので、そこら辺を書き留めていこうと思います。 私個人の考えですので、ご参考程度になればと思います。
少年スポーツにおいて審判の判定に不満を持つのは絶対にやってはいけない事だと肝に銘じる事の重要性。
少年スポーツでも審判のジャッジについて不満を露わにする選手を見掛けることがあり、とても残念に思うことがあります。 少年スポーツにおいては絶対に選手が審判のジャッジに対し不満な態度を露わにしてはいけません。 少年スポーツでは判定に対して不満な態度を露わにしてはいけないのでしょうか?ということを書き留めていこうと思います。
なんでスポーツで大声を出すの?団体スポーツで声を出すメリットと自然に声を出す為の方法
試合を観ていると、大声を出してプレーする場面が見受けられます。恐らくスポーツ経験が無い方や子供達にとっては不思議な光景に映っていることでしょう。 疲れていても大声を出す選手達、ではいったい何で選手達は声を出し続けるのでしょうか。 声を出す事によって得られているメリットはあるのかとどうやったら声出しが出来るようになるか