少年スポーツで他の子供に嫉妬し悪口を言ってしまう保護者‥その問題点とトラブルを回避する方法で意識したいこと

スポンサーリンク

こんにちは。

現代の少年スポーツでは、チームに保護者が多く係わっているのが現状です。

チームに保護者が係わると勿論良いが多くあります。

関連記事:少年スポーツでの怪我、、。保護者は時間が空いているなら試合観戦に行った方がいい?人任せでは取り返しの付かない事態に‥。

関連記事:少年スポーツでの父兄(親)の役割とは。気を使う事は1つだけ?保護者がやった方がいい事とやらない方がいい事を考えてみる。

しかし、口は災いの元と云われているように、少年スポーツにおいては保護者の悪口や陰口が、子供を巻き込んでしまうことも少なくありません。

子供が巻き込まれてしまうとチームにいづらくなり、最悪の場合はそのスポーツをも出来なくなってしまう恐れもあります。

こういった、保護者の行動で子供を巻き込まない為には、どういった行動に気を付けるべきかを考えていこうと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツである保護者による嫉妬とは

少年スポーツにおいて、保護者が他人の子供に抱く嫉妬とはどんなものなのか。

これは、全ての少年スポーツの父兄が持ち合わせている感情ではありません。本当に一部の人だけです。しかし、どのチームにも1人はいるかもしれません。

試合に出ている他人の子供へ嫉妬する

これはよくある話で、子供が試合に出られないという保護者が抱いてしまう嫉妬です。

自分の子供が試合に出られないのは、どこのウチでも親心をしては複雑だし出してあげたい気持ちになるのは分かります。

しかし、試合に出れるレベルに達していないのなら、試合に出れるように何かを努力させることのほうが大切です。

自分の子供が努力して試合に出れるように協力し応援することではなく、試合に出ている他人の子供に対し嫉妬してしまう保護者です。

指導者に可愛がられている他人の子供に嫉妬する

これを凄く気にする保護者がいます。自分の子供が、指導者から1番可愛がられていないと我慢出来ない保護者です。

自分の子供は他の子供と違って、特別な存在であるのは当たり前です。

しかし、それは家族に限ってのことなので、他人にまでそれを望むのは無理な話です。

こういった考えの保護者は、どこへ行っても気苦労が絶えません。いつだって誰にでも自分の子供が気に入られていないと気が済まないのですから、、。

しっかりと挨拶や返事をし真剣に練習をしていれば、指導者は自然と気に掛けてくれます。大人と子供といっても、最初から信頼関係があるわけではありません。

スポンサーリンク

口は災いの元!保護者の嫉妬が子供を巻き込んでしまう

少年スポーツで、保護者が他人の子供に嫉妬すること、どんなことをしてしまうのか?その行為が子供にまで影響してしまうこともあります。

他の保護者に他人の子供の悪口・影口を言ってしまう

嫉妬する保護者は、他の保護者に平気で他人の子供の葉もない悪口や影口を言ってしまいます。

通常では、保護者が他人の子供の悪口等を言っていること事態、違和感や嫌悪感を抱いてしまうものです。

しかし、嫉妬する保護者はそういったことを考えずに、とにかく嫉妬を感じている子供を悪く言うことで、自分の子供は正しいと思わせようとします。

悪口を聞かされた保護者は、大人が子供の悪口を言っていることに驚き、自分の子供にそれを確認してしまうでしょう。

そうなってしまうと、子供は親に対し異常なまでの嫌悪感を持ってしまいます。そうじゃないのに誰がそんなことを言っているのかと、、、。

根も葉もない作り話をされるのは、大人の世界ではよくある話ですが、子供は「よくあることだ」では済ませることができません。

子供は、事実ではないことが言われていることを許すことができません。仲間だと思っていた友達が裏切ったと感じてしまうものです。

結果、嫉妬を抱いている保護者の子供は、チームでの居場所を失ってしまいかねません。子供の為にとやったことが、子供から友達もスポーツも奪ってしまうことになります。

他の保護者の悪口や陰口を言ってしまう

嫉妬する保護者は、他の保護者の悪口等を言ってしまいます。

例えば「○○さんは、コーチの機嫌ばかりとっている」とか、「○○さんは、○○さんの悪口を言っている」や「○○さんは、コーチを批判している」等と根も葉もないことを言います。

特定の保護者が周りから嫌われるよう仕向ける為に、その保護者の悪口や陰口を言ってしまう保護者です。

しかし、その行為こそが周りから嫌われる行為です。これでは他人を嫌わせようとして、結局は自分が嫌われてしまいます。

人の悪口ばかりを言うと、その本人が悪く言われてしまいます。それこそ、根も葉もない噂を立てられてしまいます。

そして、嫌な噂を立てられた保護者の子供も、チームにいづらくなってしまいます。

指導者に他の保護者や子供の悪口や陰口を言ってしまう

他人の子供に嫉妬した保護者は、指導者にまで他の保護者や子供の根も葉もない悪口や陰口を言ってしまいます。

「指導者の批判をしていた」とか「練習や試合が面倒だ」と言っていたや、更には「あの子は試合で活躍していない」とまで言い出します。

しかし、これは他人のことを指導者に告げ口しているようで、自分が指導者の悪口を言っていることになります。

特に、試合で活躍していない等と言ったら、試合に出すことを決めたのは指導者なのですから、良い気持ちにはなりません。

そして、指導者は何を言われているとか、どう思われているとかよりも、子供達が練習や試合で気を抜かずに自分の指導を受けているかしか気にしていません。

指導者に陰口を言うのは、自分にとっても子供にとってもプラスになることは皆無です。

スポンサーリンク

トラブル回避する方法で意識すること

子供の成長を見守りながら楽しめる少年スポーツですが、その少年スポーツが悩みの種になってしまう場合もあります。

トラブルに巻き込めれないようにするためには、どういったことに意識することが大切なのでしょうか。

他人に悪口を言ってしまう人が意識するべきこと

これは大前提ですが、他人のしかも子供の悪口などを言ってしまうのは、言ってる本人がどうかしてる人と思われてしまいます。

やっていることは、子供が嫌われるように仕向けているという恐ろしいことです。そんな人の話を他人が信用するわけがありません。

自分が子供の為と思っていることも、結局は自分の為ということです。

例えば、子供が試合に出るということを願うのは、子供の為を思っているようで、根本は自分の子供が試合に出ているところを観たい、という自分の為ということです。

結局、その自分の為に他の子供を悪く言ってしまい、そのせいで自分の子供がチームにいづらくなってしまうということです。

大人であり親である自分が、子供ではなく自分を中心に考えてしまっていたことに気付き、恥じべきことをしたと感じることが出来れば、他人の子供を悪く言うことも無くなると思います。

とにかく、子供が何らかの犠牲になってしまうという意識をもって行動することです。

他人の悪口を聞かされてしまう人が意識するべきこと

まずなぜ、よく聞かされてしまうのかを考えてみて下さい。

こういった、人の噂話ばかりを聞かされる人の特徴は、自分の意見を言わないし、どんな話も聞いてくれ、更にはその話を広めてくれる人です。

人の悪口を聞いても、相槌を打ったり笑って聞いたりしてしまうと、その悪口を「○○さんが言ってった」等と言われてしまいます。

タダ話だけ聞いているのに、トラブルに巻き込めれてしまう可能性が出てきてしまいます。

特に相槌では、「へぇ~」「えぇ~」「そうなんだぁ~」等、興味を持っていると思われるものは避けた方がいいです。人の悪口が好きな人だと思われてしまいます。

とにかく、他人の子供の悪口を言う人の話には、嫌悪感を示すことを意識するべきです。

心では嫌な気持ちになっていたとしても、悪口を言っている人から見れば興味を持って聞いてくれていると感じます。そして、一緒に悪口を言った人と感じられてしまいます。

嫌悪感を示すことは難しいことかもしれません。しかしそんな時には、大人だけの世界ではなく、子供も絡んだ世界だということを意識することです。

他人に悪口を言われてしまう人が意識すること

言われないようにするよりも、気にしないようにすることです。

どんな世界でも、嫉妬というものは必ずあります。嫉妬されるほど子供が頑張っているということです。

決して悪口や噂話が耳に入っても、対抗したりはせずに気にする素振りも見せずに振る舞うことを意識するべきです。

子供の悪口を言われるのは、堪え難いし許せないことです。しかし、こういった話に乗っかってしまうとトラブルにしかなりません。

子供が頑張って結果を出しているのですから、腹を立てトラブルになるより、子供を第一に考える意識をもてば、気にせずやり過ごすことができる筈です。

理不尽と感じるかもしれませんが、子供が活躍すればするほど、必ずと言っていいくらいに嫉妬による悪口・陰口はありますので、気にしてばかりではいられません。

スポンサーリンク

まとめ

とにかく、他人の悪口や陰口は、言わない方がいいし聞かない方がいいってことです。

特に自分の子供が絡んでいる世界で、そんな話をすることはリスクしかありません。

少年スポーツで試合に出るには、他人の子供のことを気にする前に、自分の子供を努力させることが重要ですし近道です。

自分の親が、自分の友達の悪口ばかり言っていると知った子供の気持ちを想像してみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。