少年スポーツの重要なスキル「試合中の声掛け」とは、試合中に選手同士で会話するという大切なスキル

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツの試合中では、指導者や保護者の声はよく聞えてきますが、選手達からは全く声が聞えてこないという試合があります。

これってとても勿体ないことなんです。試合の流れを引き寄せたりコントロールしたりと、試合結果を左右するぐらい大切な事なんです。

今までも散々少年スポーツについての「声」の大切さを書いてきました。

関連記事:なんでスポーツで大声を出すの?団体スポーツで声を出すメリットと自然に声を出す為の方法

関連記事:少年スポーツ、試合の流れを変えられる方法は1つだけです!プレーの質よりも大切な少年スポーツ時代から習慣にしたい大切な事

しかし、ここではもう少し具体的な「試合中の選手間の声掛け」について書き留めていきたいと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツ 試合中の声掛けというスキル

試合中に選手同士で会話する事はとても重要な事です。

例えば「ナイス!」「ドンマイ!」等も大切な言葉ですが、試合中にもう少し意味のある会話をすることが出来れば、今まで以上に試合を制することが出来るようになります。

試合中の選手同士の声掛け(コーチング)

試合中に選手が選手に指示を出すことを私は「コーチング」と呼んでいます。

指導者ではなく、一番近くで見ている選手が他の選手に「声掛け」するという事です。

例えばサッカーやバスケットボールでは「逆サイ!」とか「○○フリーだ!」等の指示を、選手同士で言い合うことが多々あります。

普通によく聞く言葉ですが、少年スポーツでは全く声を掛けていないチームが存在します。

コーチングが出来ないチームは、逆サイドがガラ空きで味方がフリーになっていても、ボールを持っている選手が自分で気付かなければ、パスを出すことができません。

これは気付いているチームメートが多数いるのにも係わらず、声を出すことに抵抗がある為に、単純にチャンスを潰す結果になったという事です。

反対に相手チームの選手がフリーになっていても、誰もコーチングすることをしなければ、相手チームにとっては、とても楽な試合運びが出来てしまいます。

たまに、声を出したら相手にバレるから出さなかったという選手もいますが、その声によって「体が反応する選手がいる」ということも重要な事なんです。

声掛け(コーチング)による効果

相手選手への効果

大きな声で選手間の声掛けをすると、その声に反応するのは味方選手だけではありません。

そのコーチングで相手選手も反応させることが出来ます。

大きく動かせなくても「視線を送らせる」や「体重を移動させられる」等々の効果があります。その声が相手へのフェイントになっていると言っても過言ではないくらいです。

味方選手への効果

常に声を掛けあっているので、攻め込まれている選手が孤立した気持ちになる事を防ぐことが出来ます。

試合中、全員が1人ぼっちになることがありません。

スポーツの試合では弱い部分から攻撃を仕掛けるチームが多々あります。

そんな時にチームに声が出ていなければ、狙われた選手は一気に弱気になり試合終了まで1人ぼっちの気分で試合どころではなくなってしまいます。

声を掛けあっているだけで、全員が弱気にならずに戦い続けることが出来るようになります。

声掛けにより確認し合える

少年野球では守備の場面で集中していない選手による、アウトカウントの間違いが起きてしまうことがあります。

声掛けをしていれば勿論、アウトカウントの間違えを減らすことが出来ます。

「2アウト!」と全員で確認し合うことで、自分の所にボールが飛んできた場合の、次の動作をイメージし準備しておくことが出来ます。

「2アウトだからファーストに投げる」といった具合に、選手全員が自分の守備位置によってのプレーイメージをして準備することが出来るようになります。

スポンサーリンク

まとめ

少年スポーツでは同じくらいの技術をもったチーム同士が対戦した場合、圧倒的に声を出したチームが勝ちを引き寄せることが出来ます。

とにかく試合中に気付いたことはすぐに大きな声で伝えることが大切なことです。

そんなの分かってるよってことでも、自信を持って大声で会話してみましょう。

試合中に声を出す事は、一番最初に出来る一番重要なスキルということです

関連記事:全ては同じ場面なんだ。スポーツでいう平常心を保つ為のたった1つの考え方。緊張と集中、そして平常心の考え。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。