少年スポーツ、「勝てた試合だな‥」と観ている方が思った時、子供に掛ける言葉を考える。負け試合後になんて言えばいいのか。

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

子供がスポーツの試合で負けてしまった時、皆さんは家でなにか声を掛けてあげているでしょうか。

特に勝てそうな相手に負けてしまった時には、言葉を掛けるのも辛くなってしまいます。

負け試合後に家へ帰ってきても、特に気にせずにいつも通りの子供もいれば、本当に落ち込んだ様子をみせる子供もいます。

どちらの場合も少なからずは「スポーツの試合に負けた」という事を頭の中では考えていると思います。

その負けた事を気にしているのか、気にしていないのかで子供の帰宅後の様子も変わってくるとは思いますが‥。

しかし、どちらの場合でも子供の内は声を掛けるようにしておきたいところです。そこで、どんな言葉を掛けてあげればいいのかを考えて書き留めていきたいと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツ 勝てそうな試合に負けた子供に掛ける言葉

親からしてみれば、試合に負けたのだから「かわいそう」という意味で「早く元気出して」や「気にしないで」等々の慰めの言葉ばかりを考えてしまいがちです。

しかし、一応スポーツは自分1人でやるものではありません。敵味方がいてのスポーツの場合では、やはり声の掛け方も少しは考えた方がいいかもしれません。

負けたのにいつも通りの子供へ

もちろん、小学生の低学年くらいの子供へは慰めだけでいいと思います。

しかし高学年くらいになってくると、勝てそうなチームに負けてしまったことへの責任感を持ってもらう必要があります。

でも、技術的や作戦、更には指導者についての事を、負けた原因として子供に話す事は絶対に避けた方がいいです。

関連記事:少年スポーツにおける保護者の自宅でのアドバイスって迷惑?親が教えない方がいい事と、まず第一に考えるのは子供の気持ちです

関連記事:少年スポーツ「指導者が悪い」と平気で子供の前で言っちゃう保護者の問題点。スポーツ少年団で1番子供の成長に役立つ事とは?

ではどんな言葉を掛けるのかということですが、とにかく試合に負けて悔しくないということは、試合に勝つのだと強く思っていなかったことになります。(勿論例外もあります)

この場合は、決して「気合いが入ってないからだっ!」等と怒鳴ったりせずに、スポーツの試合というものは「今しか経験出来ないかもしれない最高に楽しい時間」だという様なことを伝えることが大切です。

最高に楽しい事をには必死になって勝ちたくなります。そして勝つ為にはどんな準備をしなければいけないのかを考えるようになる筈です。

関連記事:少年スポーツ、毎年メンバーが替わるのにそれなりに強いチームの1つの特徴。その要因は指導者?保護者?子供?それとも?

関連記事:少年スポーツ、勝てそうなのに勝てないチームが考えるべき1つのこと。技術では決してない戦う感情と競い合う気持ち‥。

負けて落ち込んでいる子供へ

落ち込むという事は、本当に勝ちたくて勝てなったとう、悔しい気持ちを持っているという事です。

そういう気持ちを持てるなら、試合や試合前だったり練習だったりと、色々な準備をすることを覚えるだけです。

この場合も決して技術の事や指導者のことを、負因として子供に伝える事は避けるようにした方がいいです。

落ち込むのは、そのスポーツにドップリとハマれている証拠です。

この場合は、とにかく試合で良かったところを褒めてあげてから、試合で勝つ要因を増やせるチームの振る舞いを伝えることが大切です。

関連記事:少年スポーツ、試合の流れを変えられる方法は1つだけです!プレーの質よりも大切な少年スポーツ時代から習慣にしたい大切な事

スポンサーリンク

まとめ

勝てそうで勝てなかった試合後に、子供へ掛ける言葉を考えるでした。

主に小学生くらいの子供へは声を掛けるべきです。そして必ず褒める言葉を入れるようにしたいところです。少しずつ「楽しい事に勝つ為には、一生懸命準備しなければいけない」ということを伝えるという考えです。

子供によっては本当は悔しいのに、親の前では落ち込んだ様子を見せなかったり、悔しくないと強がったりする子供もいます。だから必ず褒める言葉が必要です。

本当は落ち込んでいるのに無理して元気な振りをする子供に「気合いが足りないっ!」と怒鳴ったら、子供はどんな気持ちになるでしょうか。

でも、中学生くらいになると、試合後に親から子供へ声を掛ける必要はないと思います。声を掛けるなら、試合中に弱気になっていた時だけです。

中学生には、少し強い口調で大丈夫だと思います。反抗されてもその時は嫌われても、気持ちが入っていないプレーだけは指摘するべきです。

しかし絶対に技術面の事や指導者の事を悪く言ってはいけません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。