少年スポーツ(スポ少)「ウチの子供って本当は凄い!」をアピールする保護者の特徴と悪影響

少年スポーツ(スポ少)「ウチの子供って本当は凄い!」をアピールする保護者の特徴と悪影響少年スポーツ

少年スポーツ(スポ少)に関わっていると、本当に変わった保護者の人と出会うことがあります。

ある程度の自慢話などは聞き流ぜますが、子供の自慢話へは正直面倒です。

今回は、どのような面倒な保護者がいて、それによってチームに悪い影響があるのかを考えていきます。

子供の成長期をサポートしたいなら

子供の成長期応援サプリ「ノビルン」がおすすめ!

【おすすめな理由|サービスの特徴や強み】

  • 6年連続でモンドセレクション金賞
  • シリーズ累計100万袋突破|親子満足度95.4%!
  • ラムネ風タブレット|「おやつ感覚」で簡単においしく摂取!
  • 1日2粒でOK|無理なく続けられる!
  • JAB(日本バスケットボール協会)公式マガジンでも紹介!

「ノビルン」には子供の成長期に必要とされる栄養素が含まれています。「牛乳嫌い」「好き嫌いが多い」「少食や偏食」などの悩みがあるなら

まずはノビルンの詳細を確認してみてください。

面倒な保護者の特徴

面倒な保護者の特徴

少年スポーツで、他の保護者を不快にさせてしまう保護者とは、どのような人なのでしょうか。

「ウチの子供って実は凄い」などと言い出す

練習や試合でも、特に飛び抜けて優れているわけでもないのに、自分の子供は「実は凄い」と言い出します。

「監督のやり方が合わない、本当は凄いのに」「〇〇くんとはやりづらそう、ウチの子に任せれば勝てるのに」などと、平気で他の父母に言ってしまうのです。

もちろん自分の子供のことなので、そう考えるのはダメなことではありませんし、そう思うのも自由です。

ただ、声に出して他人にアピールすることは、やらない方がいいでしょう。

活躍することや目立つ動きをした選手のことは、保護者の間で自然と話題に上がるので、話題に上がらないということは、誰も気にしていないということです。

自分の子供のことは誰でも注目していますが、他の子供については活躍することや目立つ動きをしたり、チームの中心選手だったりする場合に限られます。

家では明るいし元気があるからキャプテンに向いている

チーム内で元気も無く声を出さない大人しい子なのに「ウチの子って、家では明るくて元気なんだよ!本当はリーダーっぽい性格だと思うから、キャプテンに向いてる」と言ってしまいます。

なんと返答していいのか分からなくなってしまうことです。

「あの子は今日全然ダメだったね」などと言い出す

負けた試合の後などに、他人の子供のことを平気で名指しで「あの子は今日全然ダメだったね」などと言い出します。

特徴は、明らかに自分の子供の力不足などが原因で負けたのに、先手を打って言い出すということです。それはまるで、敗因を他の子供にすり替えるような言動といえます。

そういった発言をすることで、他の保護者も「なるほど、そうだったのか」となると思っての発言なのでしょうが、誰もそんな話には耳を傾けずに嫌な気分になるだけです。

少年スポーツ(スポ少)で他の子供に嫉妬し悪口を言う保護者の問題点|トラブル回避と意識すべきこと
現代の少年スポーツでは、チームに保護者が多く関わっているのが現状です。この記事では、少年スポーツ(スポ少)である保護者による嫉妬について紹介し、保護者の行動で子供を巻き込まないためには、どういった行動に気をつけるべきかを考えていきます。

「ウチの子もあの子同じなんだよね」などと言い出す

チームで1番上手な主力選手や、その地区で1番活躍している選手などと比べ「ウチの子もあの子と同じなんだよね」などと言い出します。

これは、本当はウチの子がチームで1番上手だと言いたいのか、そう思われたいのか分かりませんが、他の保護者はドン引きしてしまう発言です。

そして結局、他の子のプレイが悪いとか遅いなど、いろいろな理由をつけて「チームのメンバーが悪い」と言い出します。

面倒な保護者の言動でチームに起きてしまうこと

面倒な保護者の言動でチームに起きてしまうこと

面倒な保護者の面倒な発言は、チームにどのような影響を与えてしまうのでしょうか。

試合に影響が出る

面倒な保護者は、自分の子供へも面倒なことを言います。

「お前は、他のヤツより凄い」「あのミスは、お前じゃなく他のヤツが悪い」「お前がいなきゃ、あのチームはお終いだ」などです。

それを聞いて「面倒だ」と感じる子供なら良いですが、「俺って凄いのかも」と考えてしまうケースも少なからずあります。

そう思ってしまった子供は、試合中に起こるチームのミスなどを、自分ではなく他の選手だけが悪いと本気で考えるようになり、常にイライラしてプレーするようになるのです。

そして、家に帰ると「あいつが悪い」「あいつらは邪魔だ」などと、今度は子供が自分の親に言うようになってしまいます。

こういった選手が1人でも出てしまうと、その年代のチームが試合で勝つことは難しくなってしまうのです。

保護者同士がギクシャクする

もちろん、このような発言を繰り返す面倒な保護者がチームに1人でもいると、保護者同士でギクシャクしてしまいます。

それにより、誰も応援に来なくなってしまったり、試合を観戦しても応援しなくなってしまったりするのです。

少年スポーツ(スポ少)で保護者の役割は4つ!やってはいけない5つのことも解説
少年スポーツには、スポーツ少年団や中学校の部活、クラブチームなど、さまざまなチームや団体があります。少年スポーツで重要な役割をしているのが、「保護者」「父兄」「父母」などです。この記事では、少年スポーツにおける「保護者の役割」を考えます。

選手同士がギクシャクする

自分の親が、他の選手を悪く言うことを無視できる子供もいます。

しかし、そうでなかった場合は親の言うことを真に受けてしまい、その選手の粗探しばかりするようになるのです。

そうなってしまうと、試合どころではなくなってしまい、味方のミスばかりを望む選手がいるという「最悪のチーム」になってしまいます

面倒な保護者はどう対処するべきか

面倒な保護者はどう対処するべきか

もし、自分のチームに面倒な保護者が現れたら、どのように対処するべきなのでしょうか。

話し合う

チームのことを思うなら、そのような発言は止めてもらいたいと、真剣に話し合うという考えもあるでしょう。

しかし、面倒な保護者は自分の話を一方的にするタイプの人が多いため、会話をすることが困難といえます。

自分の発言が他人にとって面倒だと思われていると感じずに、良いことを言っているとすら思っている人もいるので注意が必要です。

子供がいるような大人に、今さら性格や言動を直して下さいとお願いしても、何も理解されないケースが多いので慎重に行動するようにしましょう。

また、子供のチームの話なので、双方の子供に関わることになってしまうかもしれません。

聞き流す

無視するのも考えられることですが、無視は仲をこじらせるだけの最悪な方法なので、どんな話をされても聞き流すのが良いでしょう。

また、詰まらなそうな表情を浮かべるもの効果的です。自分で良い話をしていると思っている人は、相手が作り笑いをしていることにも気付かずに話し続けます。

そこで、露骨に詰まらなそうな表情を見せることで、面倒な発言が減るかもしれません。

自分の子供を成長させる

これを1番に意識することです。

自分の子供が、面倒な保護者の子供より圧倒的に実力をつければ、何を言われても全く気にならなくなります。

そして、他の保護者も、面倒な保護者の発言を自然と聞き流すようになるのです。

選手達も、圧倒的な実力がある選手がいれば、イライラしたり粗探しをする選手がチームにいても、気にすることもなくプレーに集中するでしょう。

勝てない試合だから気にするのであって、勝てる可能性がある試合中には余計なことを考えなくなるのです。

まとめ

とにかく、子供たちがスポーツを楽しめる環境であるのかを意識することです。

そのためには、他人の悪口などを言ったり聞いたりする必要はありません。ましてや子供の悪口を大人が言うなど、絶対にしてはいけないことです。

それぞれの家庭にそれぞれの常識があるので、それを理解し意識すれば他の家庭のことなど気にならなくなります。

少年スポーツで試合に勝ちたいなら、他人の粗を探す前に、自分の子供に実力をつけるように努力させるべきです。