少年スポーツ、毎年メンバーが替わるのにそれなりに強いチームの1つの特徴。その要因は指導者?保護者?子供?それとも?

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツは、同じチームでも毎年メンバーが替わり戦力が毎年違うということが通常です。

保護者の方達にとっては、自分の子供が最上級生になった年なんかは特に楽しみの1つではないでしょうか。

昨年までは凄く強かったのに急に弱くなってしまうということは、主に小学・中学でのスポーツにみられます。これは単純に選手の人数や質によるものなので仕方のないことだと思います。

しかし、少年スポーツに係わったことがある方にはお分かり頂けると思いますが、少年スポーツには「毎年それなりに強いチーム」というのが存在します。

勿論、前の年から前評判が良かったわけでもなく、目立つような選手もいるわけでもなく、しかも去年のレギュラーメンバーは全員卒業して、レギュラー全員が入れ替わったというチーム状況でも、それなりに毎年強いチームです。

そういったチームには細かく言えば沢山特徴は有りますが、大きく見るとたった1つだけの決定的に他チームとは違う特徴があります。

それは指導者なのか?保護者なのか?練習設備?練習内容?と色々考えはあると思います。

今回は、私が今まで見てきたメンバーが替わっても毎年強い名門(言い過ぎかな?)チームにある特徴を書き留めていきたいと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツで毎年それなりに強いチームの特徴

とりあえずは細かくそのチームの特徴を挙げていきたいと思います。

全員、挨拶がしっかりできる

特にここ最近では試合会場などで、他のチームの子供達に挨拶されるってことは随分と減った印象があります。(もちろん知ってる子供は挨拶してくれます。)

自分が子供の頃ではちょっと考えられない状況です。更に、自分の子供のチームでさえ顔も知っているし車で送り迎えを何度もしたことがあるのに、挨拶をしない子供も少なくはありません。

私は別に自分が挨拶されないって事を言いたい訳ではなく、大きな声でハッキリと挨拶するチームは、だいたい毎年強くなるチームの特徴だということです。

この挨拶をする時点で、チーム全員が同じ目的を果たしているということになります。心の中で何を考えていようが、声に出しそれを当たり前に実行することにより、その試合会場を自分達のホームへと変えることが出来ます。

他のチーム指導者や保護者・大会関係者等々全ての人に、しっかりと挨拶するチームは毎年強いことが多いです。

あの人知らないや目が合わなかったから挨拶しないでは、その時点で相手チームや会場にのまれてしまいます

効果は多少かもしれませんが、そんなことより少年スポーツを支えてくれている全ての大人に感謝するのが選手達の務めでもあります。

整理整頓されている

とにかく毎年強いチームは、選手のバッグやチームの用具やベンチ等々が整然とされています。

それは勿論、子供達が率先し自然な形で整理整頓されている状況です。見ていて実に気持ちがいい状況です。

やらされているというより、それが普通なんだといった感じで整理整頓されています。

練習や試合中に全員がしっかりと声を出している

他のチームと圧倒的に違うのがです

その声が試合会場全体に響き渡り、そのチームが試合をしていることが遠くにいても分かるくらいの声を出し試合をしています。

ちょっと強いくらいのレベルのチームでは、その声に圧倒されてしまい結局練習でやってきたことを全く出せずに、いつの間にか負けてしまうというわけです。

勿論その声はヤジを言ったり汚い言葉ではなく、本当に昔からある基本的な声出しを徹底されています。

その為、試合中でも選手たち同士が声を掛け合うシーンが圧倒的に多く、観戦していても本当にまとまったチームに見えます。

関連記事:なんでスポーツで大声を出すの?団体スポーツで声を出すメリットと自然に声を出す為の方法

ベンチのメンバーが集中している

これも他のチームとは全く違う部分です。

ベンチメンバーも声をしっかり出している為、チーム全体が集中している状態で試合を進める事ができます。

大きな声を出し集中していると、試合で気になった事を瞬時に言葉に出して伝える事が出来ます。これはとても重要な事です。

集中して声を出しているということは、全員がしっかりと試合を観て参加しているということになります。それにより、声を全く出さないチームに負ける要素を減らせるということになります。

ベンチから交代で途中出場する時も声を出し続けていた為、その瞬間から試合に入っていける集中力を持った状態でプレーできるので、交代させる指導者も安心して使うことが出来ます。

何度か見た事がある残念なシーンで、交代した選手がパスを受けボールをもらった途端に固まり、なんと反対のゴールに向かって走り出してしまうというものです。

これはベンチで全く集中せずに試合に参加していなかったという事です。このチームがよく声を出すチームに勝つ事は困難な事だと言わざるを得ません。

関連記事:全ては同じ場面なんだ。スポーツでいう平常心を保つ為のたった1つの考え方。緊張と集中、そして平常心の考え。

スポンサーリンク

少年スポーツで強いチーム たった1つの特徴

大きくみて他のチームと圧倒的に違う特徴を書いていきます。

意識して行動していること

少年スポーツで毎年それなりに強いチーム、たった1つの特徴は「意識して行動」しているいう事です。

例えば、試合会場で会う全ての人に挨拶をする意識を持つだけで、行動に集中力と責任感が生れます

そして、道具を整然と並べることが当たり前だと意識するということは、子供にとっては気を抜く瞬間がありません。

それらにより、試合でも集中し全員で声を出し、勝てそうにもないと思われていたチームに勝つという可能性を上げていくことは必然というわけです。

これらのチームは、練習中でも常に集中し取り組む環境が自然に出来上がる為、結果最終的には他のチームより強くなるということになります。

全ての行動に意識づけすることにより、練習や試合へ最高に集中した状態で取り組むことが出来る環境を持つチームが、毎年それなりに強くなるチームです。

どうすれば、その特徴あるチームにできるか

結局は長年の伝統みたいなことが、しっかりとしているチームが強いです。長年と言っても、今まさにこの記事を読んだ保護者の方や選手達が実践していくところから始まります。

先輩・上級生が挨拶したり整理したり声を出したりと、そういったことを教えてくれて尚且つ、実際にやっている場面をみると自然に後輩・下級生はそれを意識してやるようになります。

「挨拶しろ!」「片付けろ!」「声出せ!」等々言っても、やってる場面をしっかりと見せなければ、本当に全く後輩・下級生はやりません。そしてやり方も聴いて来ないことが殆どです。

だから、先輩・上級生が「挨拶しろ!」「片付けろ!」「声出せ!」と言いつつも自然にやっている所を見せることにより、後輩・下級生も自然と違和感なく受け継いでくれるという事です。

私は挨拶する声すら出せないチームが、練習や試合で声を出し集中することが出来るわけがないと考えています。

まず最初に、挨拶する習慣をチームに根付かせてみることです。それは勿論、自分が積極的に実践する姿をチームメートに見せることから始めてみる事です。

スポンサーリンク

まとめ

少年スポーツで毎年強いチームの特徴でした。

毎年強いチームには、行動に意思付けする伝統があるってことです。

私が子供の頃の少年スポーツでは、挨拶をしないチームや声を出さないチームというのは無かったかもしれません。

しかし、自分の子供のスポーツを観に行くようになり、本当に驚いたことは試合中に選手達から一切声が聞こえてこないということでした。

でもやっぱり強そうでもないのに何故か勝っちゃうチームがあって、そのチームはまさしく声を出し全員が集中しているチームでした。

本当に差が無い少年スポーツでの試合では、集中し試合に挑んだ方が勝ってしまうことが多々ありますので、皆さんも是非少しずつでも意識して実践してみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。