指導者による影響!?少年スポーツで毎年良い成績を残すチームの特徴!勝てるチームの指導者とは

スポンサーリンク
少年スポーツ

小中学生スポーツ団体競技の特徴として、毎年チームメンバーが替わるということがあります。

そして、毎年メンバーが違うのに毎年そこそこ強いチームってありますよね。

その逆で、今年は良いメンバーが揃ってる優勝候補と言われていたチームでも、そんなに勝てずに期待外れのチームだったということもあります。

同じくらい練習時間を掛けていても、期待されていたチームが勝てずに、そうでないチームが勝つのはなぜなのでしょうか?

皆さんも自分が子供だった頃や、自分の子供のチームなどで経験した人は沢山いると思います。

こういったことが起きる要因になるのは、「指導者」である場合が多いのです。

それでは、どのような理由で指導者によりチームの強さが違うのかを考えていこうと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツで勝てるチームを作れない指導者の特徴

少年スポーツでは、自他共に認めるくらいメンバーが揃っていても、蓋を開けてみると勝てそうなチームにも勝ち切れない平凡なチームになるケースがあります。

そういったチームに選手が揃っても、勝てるチームを作れない指導者とは、どんな特徴があるのでしょか。

自分の理想「その形」しかやらない

これが全てと言ってもいいくらいです。

自分の学生時代のチームが「その形」で強かったから、少年スポーツでも勝てると考え、「その形」でしか教えない指導者です。

勝てない少年スポーツチームは、指導者が自分の学生時代などのチームのやり方にこだわり、子供達を当てはめていくことしかしません

駒(選手)を集めるやり方です。自分の理想の形(ポジションや作戦)に、その能力のある駒を当てはめるということです。そのため、駒が能力不足だと機能しない形となります。

もちろん、「その形」は高校や大学などでやれば素晴らしいのかもしれません。しかし、小中学生に理想の動きを期待するのは無理があることです。

当然、少年スポーツでは能力のある駒を集めることは難しいことなので、この方法は高校以上のチームでしか考えるべきではありません。

毎年、違う特徴のある選手なのに「その形」のやり方を練習し、試合で勝てないということを繰り返してしまうのです。

小中学生向けの少年スポーツには向かない指導者と言えます。

怒り方が選手のヤル気を無くしてしまう

教えられたことを一生懸命やろうとしている子供に、口汚い言葉を浴びせる指導者です。

まだ経験の少ない小中学生に高度な作戦をやらせ、指導者の理想的な動きができないときに「お前のせいで台無しだ!」などと平気で罵倒します。

それでも一所懸命に動こうとする子供に「お前もういいから出てけっ!」などとも言ってしまう指導者です。

サボったり集中してないプレーには怒ることも必要ですが、能力的にできないことに対し罵倒するのは、少年スポーツでは良いことではありません。

強いチームの指導者が怒っている姿には、あまり違和感を覚えませんが、弱いチームの指導者が怒っている姿には違和感しかありません。

勝てないチームで子供を怒鳴り散らすということは、「勝てないのは動きの悪い子供達だけのせいだ」と言っているようなものです。

その動きができるように教えない指導者に問題があります。少年スポーツで重要な指導は、そのスポーツをするための体力と基本の反復練習です

スポンサーリンク

少年スポーツで勝てるチームを作る指導者の特徴

毎年メンバーが違うに強いチームを作る指導者の特徴とは?

選手に合わせて組み立てる

毎年同じメンバーではないので、その年代メンバーの能力に合わせた作戦などでチームづくりをします。

自分の理想の作戦を押し付けるわけではなく、選手の成長や能力に合わせる方法です。

選手たちの能力で作戦などを決めるので、毎年違うタイプのチームになります

特徴は、とにかく基本を覚させることに力を入れるので練習の大部分が基本の反復練習です。

例えば、野球ならキャッチボールが完璧ならエラーが減ります。バスケットボールでもパスミスで相手ボールになることが減らせるのです。

力やスピードがあっても、エラーをしては試合が不利になるのは間違いありません。そのため、基本をしっかり身に付けるだけで、勝てるチームになるのです。

野球で言えば、チーム全員がしっかり基本の反復練習をし身に付けていれば、そうそう負けるチームにはなりません。

特別目立った選手がいない年代でも基本練習で選手を成長させ、その選手たちの能力を把握し毎年違う特徴のあるチームを作ります。そのため、毎年それなりに強いチームになるのです。

怒るより教える

もちろん、サボっていたり集中していないプレーには怒りますが、子供ができないことや教えてないことには怒るよりとにかく教えます

少年スポーツでは、そのスポーツの経験が少ない子供に教えることが一番大切な指導です。経験の無い子供を作戦に当てはめるのは、少年スポーツの指導ではありません。

とにかく基本があっての応用なので、とにかく丁寧に理解するまで厳しいくらいに教え込むのが重要です。

基本がしっかりした選手は、その後の飲み込みが早くなります。そうなると色々な作戦などに対応できる選手になるのです。

チーム全体の基本がしっかりしているので、最終的にはある程度強いチームができ上がります。

スポンサーリンク

まとめ

少年スポーツだけに限ってのことですが、大雑把に言うと、勝てる指導者は選手を育てて、勝てない指導者は選手を育てないということです。

少年スポーツでは、基本をしっかり身に付ければそうそう負けません。それだけ基本の反復練習を疎かにしている指導者が多くいるということです。