少年スポーツ、子供ころから親が「緊張するな!」と言い続けることによって起きてしまうこと。試合は緊張するから集中出来る!

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツでは試合前等で「緊張なんてしない」という選手がいます。

それは例えば、本当は緊張しているのに緊張していないと言ってみたりと、緊張していることが恥ずかしいと考えている選手が結構いるのではないでしょうか。

それと同時に、緊張する事が臆病だったり気が小さいと勘違いしている保護者の方が、子供に普段から「緊張なんかするな」と言い続けている場合もあります。

「ウチの子は緊張しないんですよ」や「物怖じしないタイプなんですよ。私に似たのかな?」等々、本当に色々な父兄の方から聞かされます。

しかし私は「ウチの子は緊張します」と答えます。えっ?という顔をされますが、私の考えは少年スポーツの試合を緊張しないまま臨むのは決して良い事ではないと考えているからです。

関連記事:少年スポーツ「試合前に緊張しちゃう」と困っている少年達へ、緊張することが大切という考え方もあるってことも覚えておこう!

そこで今回は、親から「緊張するな」といつも言われている選手のよくある試合での様子を書き留めて、それを改善する為の方法も考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツで親が「緊張するな!」と言い続けることによって起きてしまうこと

緊張することが恥だという考えは、全く間違っていると思います。これから試合という戦いに挑むのに、緊張しない方が自然ではありません。

親が「緊張するな」と子供に伝える理由

緊張=気が小さい。と考えてしまっている方が殆どのように感じられます。

だから、自分の子供は「物怖じしない大物だ」と思われたい考えから言ってしまう父兄が多いように感じます

考えてみて下さい。自分が子供の頃、人から「緊張するな」と言われたくらいでリラックスできたでしょうか?

緊張しないと言う選手の様子

「緊張してない」と言うのは、親から緊張するなと言われているから言うだけです。本当は緊張してします。

緊張していない振りをするので、試合前にその緊張を集中力に変える大切な準備が出来なくなってしまいます。

関連記事:全ては同じ場面なんだ。スポーツでいう平常心を保つ為のたった1つの考え方。緊張と集中、そして平常心の考え。

その結果、1人だけ試合の流れに入って行けずに、手を抜いたかのようなプレーをしてしまいます。

決して本人はそのつもりでは無くても、他の集中している選手とは全く違うテンションで、試合になかなか入り込むことが出来なくなってしまいます。

特に団体スポーツでは、1人だけ動きが悪いと非常に目立ってしまいそこを相手チームに狙われ、最後まで試合に入り込めずに終わってしまうこともあります。

「緊張するな」と言われ、その振る舞いをしていたばっかりに、大切なチームの試合を壊しかねないということになります。

スポンサーリンク

試合は緊張するから活躍できる

緊張するということは、その試合の事を強く考えていることです。

これは非常に大切なことです。これから試合で相手チームと戦うということを、真剣に普段では考えられないくらい1つの事を集中して考えられている証拠です。

試合の直前まで緊張し続けてアップの時間に大声を出し、一気に緊張を集中力に変えることで、普段では考えられないくらいのテンションで試合に臨む準備か出来ます。

選手全員が緊張感をもって、アップで一気に集中した時のチームは物凄い力を発揮します。

大きな試合になればなるほど、緊張も大きくなり集中力も増す筈です。

とにかく、緊張するのも選手なら緊張を集中に変えるのも選手です。この試合前に集中し口数が少なくなっている子供に親が掛ける言葉は存在しません

試合前、無責任に「緊張するな」という親の言葉は、少年スポーツでは必要無い言葉だと考えております。

しかし「緊張するな」の言葉にもう一言添えて、その意味をキチンと伝えることが出来るなら、そうしてあげることも子供にとっては良いことかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

少年スポーツの「緊張」についての考えでした。

本当に「ウチの子は緊張しない」という保護者の方が多いです。なんて答えていいか分からないです‥。

「動じない」「物怖じしない」「大物かも」等々、みんながみんなそんな筈ありません。

緊張しない原因の殆どは、まだ子供だからなだけなんです‥。だから早く緊張するくらいの子供になってもらわないと‥。ってことです。

もし、「ウチの子は緊張しないんですよ」って言っちゃてる方いましたら、言われた方は困ってますので気を付けてみて下さい。

私の子もあなたの子も普通です。緊張もすれば集中もします。そして試合で勇気を出して戦い勝つのです。それだけです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。