少年スポーツでの怪我、、。保護者は時間が空いているなら試合観戦に行った方がいい?人任せでは取り返しの付かない事態に‥。

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツでは競技にもよりますが、練習中や試合中の怪我というものが付き物です。

特に接触プレーが多いスポーツでの試合では、相手選手との接触による怪我という事が多くなるため、自分と相手の力が加わり骨折など至ってしまうことも多々あります。

高校生以上のスポーツでは、トレーナーが付いていたり他の選手もある程度のフォローが出来ますので、応急処置だったり病院までの移動もある程度スムーズに出来ます。

しかし、特に小学生でのスポーツ現場においては、怪我をしても指導者しかいなく、更には応急処置等のフォローが出来る選手は皆無です。

そこで、少年スポーツではこういった「緊急事態」に保護者が対応する必要が出てきます。

怪我以外にも小学生という時期は、色々な大人では考えられない事態が起きる事がしばしば出てきます。

今回は自分の子供をチームに預け、万が一の時にスムーズに事が進むように、普段から心掛けるべきことを書き留めていきたいと思います。

スポンサーリンク

保護者は時間が許す限り子供のスポーツに付き合うべきか?

最近、「昔と違って親が練習まで観に来て甘やかしだ。」という意見も聞かれています。

ホントにソレって甘やかしなんでしょうか?

昔の少年スポーツ団での状況

全てのチームが、ということではありません。私が経験したチーム状況を説明します。

私が小学生の時は、まだ「昭和」です、、、。

この当時は確かに、練習に父兄の方がいらっしゃることは殆どありませんでした。勿論、試合だっていつも決まった数人が遠くから眺めている感じでした。

そして、当たり前ですがチームの手伝いをしてくれる保護者の方もいませんので、全て指導者が1人でやってました。

怪我をしたら病院へ連れて行き、保護者に連絡するも連絡が取れなかったり(当時は携帯電話がありません‥)、試合会場までの送迎を何往復もしたりと、、、。

さらに指導者の自家用車は、移動式の用具入れという役割になってしまい、自家用車とは呼べない状態になってました。

他にも試合の審判やったり大会の運営の手伝いをやったりと、指導者というのは休む暇なく忙しそうにしていたとうい印象しかありませんでした。

そして、小学生スポーツでは、全て(殆ど?)これをボランティアで行っています、、。

恐らく、当時の父兄の方々は休日も子供を預かってくれる「便利な所」って感覚の方もいらっしゃったのではないでしょうか。

一度も見た事が無いチームメートの親もいましたし、、、。

でも、チームが少し強くなってくると、少しずつですが試合を観に来てくれる父兄の方も増えました。

こんな感じですので、当時のスポーツ少年団の感覚しか無い方は、今の少年スポーツは「子供を甘やかしている」と思ってしまうのかもしれません。

関連記事:少年スポーツでの父兄(親)の役割とは。気を使う事は1つだけ?保護者がやった方がいい事とやらない方がいい事を考えてみる。

少年スポーツでの保護者の付き添い

今の少年スポーツでは、保護者が練習や試合に付き添う事を「子供を甘やかしている」とは考えてはいけないと思います。

「過保護」だという意見もありますが、私は自分の子供を預けているのに「無責任」という意見の方が正しいように思えます。

例えば、自分の子供が怪我をしてもすぐに自分で病院に連れて行く事が出来ます。

もし自分がそこにいなければ、他の保護者の方が連れて行ってくれることになってしまいます。

指導者は他にも多数の子供がいますので、すぐに動く事が出来ないという場合が殆どです。

自分がいない時に子供が怪我をして、更に他の保護者の方に迷惑を掛けてしまう、ということは避けたいところです。

でも、保護者同士が顔見知りだと話は変わってきます。「○○さんの子供が怪我したから私が病院へ連れて行きます。」となります。

全く親の顔を見た事もない子供を病院へ連れて行く事を、もちろん誰も文句も嫌な顔もしませんが、「いつも来ないけど、どうなっているんだろう?」って位は考えてしまうものです。

ですから、もちろん仕事や家庭の事情等が一番大切ですし優先するべきだとは思いますが、時間が空いているなら、子供のチームに顔を出して誰が誰の親だとか、子供達の名前を覚えたりすることは大切なことだと考えます。

それは「甘やかし」とか「過保護」とかではなく、全て係わる大人達が無償でやってくれていることへのマナーとも考えています。

別に自分の子供が動いているから「観たいっ!」ってだけで、練習や試合を観に行っているだけではありません。

何かある可能性があるから、その場にいて対応できるように毎回保護者は、自分の子供の為、そしてチームの為に練習や試合に足を運んでいるのです。

しかし、指導者や他の保護者の陰口や、試合や練習方等には絶対に口を挟まないようにしましょう、、、。

関連記事:少年スポーツの問題点?父兄の皆さんその考えはチームに悪影響かもしれません。保護者が関わり過ぎると起きる問題とは?

スポンサーリンク

まとめ

今の複雑な少年スポーツの世界では、保護者の手伝い等は必要になっています。

「甘やかし」「過保護」ではなく、「責任」ということだと考えています。

段々子供が高学年や中学生になってくると、親が観に来ることが嫌になってくる時期かもしれませんが、保護者は子供のプレーを観たいということだけではなく、何かあるかもしれない状況で指導者に任せっきりの無責任はダメってことなので、子供に嫌がられても我慢して顔を出すようにしましょう、、。

ちょっと話は逸れますが、私は1年ほど前に会社を辞めました。辞めた理由は色々ありますが、そのひとつに子供のスポーツで迷惑を掛けてしまったと強く感じたからでした。

私の子供はスポーツで2度程「骨折」しています。その時私は2度とも仕事で出張へ行ってました、、。本当に申し訳なく思っています。子供にも保護者の方にも、、、。

皆さんは「仕事だからしょうがないよ」と言ってくれましたが、殆ど出張でいないのに怪我をする可能性のある事を子供にやらせておいていいのか?と考えてしまいました。

怪我をする度に他の父兄の方に迷惑を掛けてしまうと、、、。

でも、試合等はいつも行ける時は行ってたため、保護者の皆さんとも顔見知りだったので、お礼もすぐに言えたので本当に顔を出しといて良かったと思ってます。

皆さんも子供が怪我をするようなスポーツをしているなら、時間が許す限りでも顔を出しておいたほうが良いと思います。

でも勿論、仕事は大切ですし休めないことだってあります。そしてそれは皆さんも理解していますので、そのことだけで悩む必要はありません。時間があればという話でした

ただ行ける時に行って、会釈して「○○です。いつもお世話になってます。」って話すだけです。それも、子供のためってことです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。