少年スポーツの問題点?父兄の皆さんその考えはチームに悪影響かもしれません。保護者が関わり過ぎると起きる問題とは?

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツでは、チームの規模や地域環境により、保護者の力の入れ方も随分と違うものです。

関連記事:少年スポーツ、毎年メンバーが替わるのにそれなりに強いチームの1つの特徴。その要因は指導者?保護者?子供?それとも?

特に小学生のスポーツ少年団等では、指導者より保護者が力を持ってしまっているチームまで存在してしまってるのが現状のようです。

私も自分が子供の時から自分の子供の時までと、数年かかわってきた少年スポーツですが、いろいろと「?」と感じてしまう父兄(親)の発言や行動を見てきました。

そんな保護者達の勝手な発言や行動の中で「それはダメでしょう?」って内容を書き留めていこうと思います。

積極的に係わっていくことが悪いという事ではありません。係わってはいけない事もありますよ。というお話です。

スポンサーリンク

少年スポーツの問題点 保護者が関わってはいけない事とやらない方いい事

ここでは主に、小学生メインの少年スポーツ団での話です。中学校以上になるとそういう意見で指導者が流されることは少なくなってきますので‥。

他のチームの指導者に自チームの指導者の事を言う保護者

これは実際に自分の子供が少年スポーツ団にお世話になっていた頃に、他チームの父兄がやっていた事です。(実際に話している場面の隣にいました‥)

勿論、他のチームの指導者だろうが保護者だろうが、挨拶くらいするのは当たり前ですし、ちょっと世間話くらいするのも当たり前です。しかし、その話の内容が問題だってことです。

他のチームの指導者に「あの場面は間違ってますよね?」とか「ウチのコーチは○○を分かってないんですよ」や「ウチの子は何で試合に出れないのでしょ?」や「ウチのチームの練習がダメなんですかね?」等々、よくも他のチームの指導者に言えますねって事を平気で言っちゃうんです。

それを聞かされている他のチームの指導者は、メチャクチャ困った様子で「いやぁー試合見てないんで‥」と言ってました。試合で結果が出ない事を全て指導者の責任にして、更には悪口まで言っちゃう始末です‥。

ちょっと面白かったのは、「ウチの子は何で試合に出れないのでしょ?」と聞かれた他のチームのコーチが「いやぁ~、どの子か知らないんで~」と言った時は吹き出しそうになりました‥。

顔見知りで、子供も知っているコーチと喋ってるのだと思っていたら、その試合会場の中で1番強いチームのコーチにただ話し掛けているだけでした‥。本当に恐ろしい事です‥。

自分のチームの保護者が、そんな事をしていると知ったら、その指導者はどう思うでしょうか。考えるまでもありません。

そして他のチームのコーチ同士は、数年でいなくなる父兄より長い付き合いです。発言には十分気をつけましょう。

我が子を試合に出すよう平気でお願いしてしまう保護者

こういった話は、映画やドラマ等での事だと思っていました。

「ウチの子が試合に出れなかったと泣いている、次の試合には最初から出してあげて下さい。」ということらしいです。

これは、私が小学校の頃に父が指導者をしていたチームでの話だそうです。(最近母から聞きました)昭和の話です‥。

弱かったチームが強くなり、一気に人数が増えた時期でのことです。チームに入れば即試合だと思っていたらしいです。(勿論事情を説明しこの保護者には分かって頂けたそうです)

この家族全体がスポーツ少年団に入れば、必ず直ぐに毎回試合出場できると思っていたことからの勘違いだったらしいです。その少年は間もなく退団したそうです。(私は全く覚えておりません。)

それ以外でも、やっぱり人数が増えてくると「○○君よりウチの子の方が‥」とか「どこどこのポジションをやってみたいようだ」とか「ウチの子は練習はダメでも本番に強いですから是非!」等々あったそうです。

練習すら見た事のない保護者が、我が子可愛さに指導者に平気でお願いしちゃうんです。

自分も子供の時スポーツ少年団に入っていたなら、そういった事は絶対に言っちゃいけないし考えもしないというのが分かるのですが、極稀に本当に「チームに入る=毎試合出場」と思っている方もいます。是非この記事に辿り着いたならご理解頂き、こういったお願いを指導者にするのは止めた方がいいな、という考えを持つようにしてみて下さい。

関連記事:少年スポーツでの父兄(親)の役割とは。気を使う事は1つだけ?保護者がやった方がいい事とやらない方がいい事を考えてみる。

とにかく人の悪口は言わない聞かない

これは指導者だったり保護者同士だったり選手だったりです。

私の子供が当時4年生だったころ、同じ地区のあるチームのある学年の保護者が、かなり悪口を共有する方々だったようで、同じ学年の父兄同士がまず分裂してました。

そのため、嫌気がさした指導者は去ってしまい、数カ月指導者不在という状況になってしまいました。そのため選手も半分以上辞めてしまったそうです。

チーム内で悪口を言う人が1人でもいると、全てのチームバランスが崩れて取り返しのつかない状態になります。

人それぞれ、合う人・合わない人というのはいます。それは仕方がない事です。でもそれを他の人に伝える必要は全くありません。そんな話は夫婦でしてればいいことです。

保護者同士で指導者や他の保護者の悪口を共有してしまうことが最悪なことです。そして更にそこから選手(子供)の事まで言い出したら、もうチームではなくなってしまいます。

自分の子供の前で指導者や他の父兄や子供の事を悪く言うのは更に最悪です。子供は思った以上に、友達に家での会話を喋ってしまいます。そして自分の親が悪く言った人のことを見下してしまうこともあります

子供が大人を見下してしまう状況の中で、チームが上手く機能するはずありません

関連記事:少年スポーツにおける保護者の自宅でのアドバイスって迷惑?親が教えない方がいい事と、まず第一に考えるのは子供の気持ちです

スポンサーリンク

まとめ

少年スポーツで問題になりそうな事でした。

特に言えば、最近ではやっぱり指導者を軽視していることが1番の問題だと考えています。

親が指導者を軽視すれば、子供も結局同じような考えになってしまいます。これは少年スポーツでは絶対に避けるべき事です。

親と違う考えを指導者から学ぶことも、素晴らしい経験ですし教育だと考えております。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。