少年スポーツ「試合前に緊張しちゃう」と困っている少年達へ、緊張することが大切という考え方もあるってことも覚えておこう!

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツでよく耳にすることで、子供達が試合前に緊張するということがあります。

この「緊張」ですが、子供達のなかには「緊張しなくするにはどうしたらいいか」と考えることが多いようで、私も実際に良く聞かれることがあります。

私の考えとしては「緊張はした方がいい」という考えです。緊張は悪い事だけではありませんし、試合に入る集中力を上げるためには必要なものと考えています。

そして、スポーツの試合中では緊張する事によって平常心を保つことが出来ると考えております。

少年スポーツでいう「緊張」とは、どんな種類があり、それによってどんな効果があるのかを考えていこうと思います。

スポンサーリンク

試合前どんなことで緊張してしまうのか。その緊張との向き合い方

まず、どんなことで緊張してしまうのかを考えていこうと思います。そしてその緊張との向き合い方を考えていきます。

不安な気持ち

「試合で上手く出来るかな」とか考えてしまうと緊張してしまうということです。更には「ミスをしたら恥ずかしい」という気持ちもあると思います。

自分を試合に出すと決断してくれた人がいます。そして、自分が試合に出ることにより出れない人がいます。

その人達の事を考えると、こんな不安な気持ちになるということは無責任なことです。不安な気持ちを持ったまま試合に入ってしまうと、弱気で自信なさげなプレーしかできません。

試合に出れない人の前で、気の抜けたプレーをしてしまうことは絶対に避けなくてはいけません。

気持ちの入った自信に満ちたプレーでのミスは誰も責めません。それが今の自分が出来る最高のプレーなので、胸を張って何度でもチャレンジするだけです。

人前でプレーするから緊張する

公式戦等になると試合を観に来る人が増えて、それにより「緊張」してしまう選手もいるのではないでしょうか。

試合を観に来る人は、そのスポーツの試合を観に来ているということです。自分個人を観に来ているのは自分の家族くらいです。でも、その家族が観に来るから緊張するという子供もいます‥。

それなら逆に緊張するより、自信を持って今自分が出来るプレーを全力でやるだけです。

この種の緊張を保ったまま試合に入る事は良い事とは言えませんので、とにかく試合に集中する準備を怠らないことが必要です。

関連記事:全ては同じ場面なんだ。スポーツでいう平常心を保つ為のたった1つの考え方。緊張と集中、そして平常心の考え。

スポンサーリンク

少年スポーツ 緊張で困っている少年達へ、緊張することが大切という考え方

とにかく試合前に緊張しているということは、試合の事を考えているという証です。そこに子供なりの責任感があるということです。

その責任感からの緊張によって、頭の中がパンクしそうなくらに考え込んでしまっている状態を、余計な事を一切考えないくらいの集中力に変えることが出来ます。

関連記事:なんでスポーツで大声を出すの?団体スポーツで声を出すメリットと自然に声を出す為の方法

緊張するから集中することが出来ますし、緊張するからいつもとは違うテンションで躍動することが出来ると考えています。

少年スポーツによる「緊張」は、大切な試合になればなるほど大きくなります。だから、緊張すればするほど集中力も大きくなると考えています。

スポンサーリンク

まとめ

緊張が解けるのは試合に気持ちを完全に切り替えた時です。それでも緊張が残っているのは、気持ちの切り替えが出来なかったか、人間に緊張しているだけです。

「緊張してる。どうしよう?」と試合前の子供に言われたら、「何で緊張なんかするんだ、平常心だ」と具体的ではない事を伝えるより、嫌な緊張というもの大切なことだと伝えてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。