子供も筋肉痛?スポ少を始めて慣れないスポーツで筋肉痛になった際の対処方法

子供も筋肉痛?スポ少を始めて慣れないスポーツで筋肉痛になった際の対処方法少年スポーツ

スポーツを始めたばかりの時期に、子供が「足が痛い」など言うと、何か怪我でもしたのではと心配になるものです。

その痛みは、筋肉痛の可能性があります。

この記事では、子供のスポーツによる筋肉痛の対処法などを考えていきましょう。

子供の成長期をサポートしたいなら

子供の成長期応援サプリ「ノビルン」がおすすめ!

【おすすめな理由|サービスの特徴や強み】

  • 6年連続でモンドセレクション金賞
  • シリーズ累計100万袋突破|親子満足度95.4%!
  • ラムネ風タブレット|「おやつ感覚」で簡単においしく摂取!
  • 1日2粒でOK|無理なく続けられる!
  • JAB(日本バスケットボール協会)公式マガジンでも紹介!

「ノビルン」には子供の成長期に必要とされる栄養素が含まれています。「牛乳嫌い」「好き嫌いが多い」「少食や偏食」などの悩みがあるなら

まずはノビルンの詳細を確認してみてください。

よくある筋肉痛の部位|子供でも筋肉痛は起きます

子供でもスポーツによって筋肉痛は起きます

子供でも筋肉痛になります。

子供は筋肉痛にならないとおっしゃる方もいますが、慣れない動きをすると筋肉痛は起きるので、これからお子さんにスポーツをやらせる方は覚えておしましょう。

スポーツの種類によって痛む部分は異なりますが、スポーツを始めたてのころは以下の部位などが痛む傾向があります。

筋肉の名前とか詳しく知らないので、身体の部位を参考にしてください。

  • 太ももの表も裏も両方の筋肉
  • お尻の上の方の筋肉
  • 腕の付け根付近の筋肉
  • 脛(すね)の外側の筋肉
  • 脹脛(ふくらはぎ)の上の方の筋肉
  • 肩の筋肉
  • 脇腹の筋肉
  • 腰や背中の筋肉

スポーツによっては肩や脇腹、腰などが筋肉痛になりますが、ほとんどが下半身の筋肉痛です。人それぞれ動き方が違うので、痛みの度合いは異なります。

子供の筋肉痛はどれくらいで痛みは和らぐのか

子供の筋肉痛はどれくらいで痛みは和らぐのか

子供のスポーツによる筋肉痛の痛みは、一晩寝れば消えるケースもあれば、次の日まで継続して痛む場合もあります。

だいたい1〜2日が目安です。

筋肉痛が残っていても、身体を動かして汗をかけば、気にならなくなる子もいます。

ただ、痛み方は本人しかわかりません。心配なら専門医に診てもらいましょう。

スポーツを始めたての頃は、新しい動きをするたびに痛みを訴えると思います。

しかし、慣れていくと筋肉痛は減っていくものです。最初だけはしっかりと気にかけるようにしましょう。

子供の筋肉痛への入浴による対処法

子供の筋肉痛への対処法

子供の筋肉痛を無理して緩和したり防いだりする必要はないかもしれませんが、入浴による対処法があります。

まず、入浴前には十分な水分を摂ってください

  • 浴槽(温)→シャワー(冷)→浴槽(温)→シャワー(冷)→浴槽(温)
  • シャワーは(冷)は子供なので我慢できる温度にするのがポイント

湯船に浸かり汗をかいたら、湯船から出て我慢できるレベルの冷たいシャワーを浴び完全に体を冷やします。

そしてまた湯船に浸かり汗をかいてと続け、筋肉を温めて冷やして温めるって感じです。

風呂の時間が少し長くなりますが、筋肉痛が長引くよりはいいかもしれません。

果物・飲み物による対処法がもっとも効果的!

果物・飲み物による対処法がもっとも効果的!

果物や果物ジュースが、筋肉痛の低減に効果的です。

農林水産省「主な果物の健康機能性」では、果物のタルトチェリー(酸果オウトウ)果汁の飲用により、筋肉痛が低減されるとしています。

スポーツ時の果物摂取による効用については、タルトチェリー(酸果オウトウ)果汁がよく研究されており、その飲用により筋力低下や筋肉痛が低減することが確認されています。ポリフェノールを豊富に含み、それが筋肉の炎症軽減に関与し効果を示すのではないかと考えられています。
出典元:農林水産省:主な果物の健康機能性

また、炭水化物とクエン酸を摂取するグリコーゲンローディングで、疲労の開始を遅らせる効果も期待できます。筋肉痛への関連性は薄いかもしれませんが、子供なら疲労回復や疲労を溜めないことに役立つかもしれません。

食事と運動を組み合わせて体内のグリコーゲン貯蔵量を高めておく方法は「グリコーゲンローディング」、もしくは「カーボローディング」と呼ばれています。グリコーゲン含量の増加により運動可能な時間が延長され、疲労開始を遅らせることができるため、持久系種目においては有効と考えられています。
出典元:えひめ飲料公式HP

グリコーゲンローディングの作用は、糖分とクエン酸を同時に摂ることで生まれるそうです。

スポーツの合間や直後、スポーツ後の食事などで、糖分とクエン酸が含まれるオレンジ100%のジュースを飲むことで、筋肉疲労への対処につながる可能性があります。

まとめ:まずは疲れにくい身体づくりを!

まとめ:まずは疲れにくい身体づくりを!

スポーツを始めたての頃の筋肉痛は、ほとんどのケースで防ぐことはできません。

一般的に痛みは長引かないので、痛みを緩和する方法を考えるより、身体づくりを優先することが大切ではないでしょうか。

そのために効果的なのが、よく食べることです。

試合当日の朝ご飯を食べれない?食べやすい朝食と少年スポーツ(スポ少)での考え方
少年スポーツ(スポ少)で、試合当日の朝食を食べれなくて困っているお子さんや保護者の方も多いしょう。今回は、その食べたくない朝食で「これなら食べれるかも」という食べ物を考えていこうと思います。

スポーツ後は、オレンジジュースなどで糖分とクエン酸を摂取し、食事をしっかり摂れば疲れを溜めずにスポーツに打ち込めるでしょう。

ただ、筋肉痛が続くようなら他の原因があるかもしれません。その場合は、専門医への相談をおすすめします。