少年スポーツ、勝てそうなのに勝てないチームが考えるべき1つのこと。技術では決してない戦う感情と競い合う気持ち‥。

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

少年スポーツでは、勝てそうなのに勝てないというチームがあります。

圧倒的な戦力差が目に見えているチームなら諦めも付くかもしれませんが、同じくらいの戦力だったり、もしかしたらこっちの方が強いのではないかってチームに、よく負けてしまうチームってあると思います。

接戦になったら勝ちきられたり、ちょっとでも逆転されたら追いつけなくなってしまうなんてこと有るのではないでしょうか?

そんなチームの特徴とたった1つだけ意識すれば勝てるようになるかもしれない考えを書き留めていこうと思います。

スポンサーリンク

少年スポーツで勝てそうなのに勝てないチームの特徴

前評判で来年はこのチームは強い、と思われていたチームが蓋を開けてみたら「えっ!?」っと言うくらい勝てないことが、少年スポーツにはよくある話です。

そんな強そうなのに勝てないチームの特徴を考えていきたいと思います。

声なんか出さなくていいと思っている

例えば小学生の時、それなりにプレイ出来ていた子供が中学生になり、かなり期待されていたのに全く活躍出来なかったという話をよく聞きますし、目の当たりにしたこともあります。

その特徴は練習でも試合でも「全く声を出さない」子供です。そういった子供の保護者の方とお話したこともありますが、殆どの人は「声を出してはもらいたい」と言いますが、中には「スポーツで声を出す意味なんてあるんですかね?」」と言う方も少なからずいらっしゃいます。

更には「○○チームも声を出してないのに強いですよね?」ということもおしゃられます。更に更に「ウチの子は昔から人見知りでお家でしか喋らないんです」という方もおられます。

スポーツで声を出すのは重要では無い、と考えている選手が多いチームは接戦になると勝ちきれません。

関連記事:なんでスポーツで大声を出すの?団体スポーツで声を出すメリットと自然に声を出す為の方法

スポーツで対戦しているのに戦っていない

集中力もなければ、もちろん声も出していない。明らかに弱いチームには勝てるけど、同じレベルのチームには勝てない。それは戦ってないからです。

とにかく勝ちたいなら戦う事です。ムキになったっていいでしょう。

ギリギリでも勝ち切るチームの子供達は、とにかく戦っています。勝負しているということを自然に感じ取り、それに沿った感情で試合をすることが出来ます。そしてチーム全体から自然に声が出て、試合を完全に支配しコントロールしてしまいます。

だから相手チームを精神的に追い込み完全に流れを掴むことが出来る為、試合を引っくり返すことが出来たり、相手のミスを誘いチャンスに出来たりとよい方向にばかり試合を運ぶことが出来ます。

戦ってないチームは流れが相手チームに傾くと一気に崩れます。その為、その流れを引き戻すパワーなんて持ち合わせていませんので、その試合の負けが決定してしまうのです。

接触プレーが多いスポーツでは戦ってないと勝ち目がありません。戦っている相手が迫って来ただけで逃げ腰になるチームがどう頑張ったって勝ちを引き寄せることは出来ません。

スポンサーリンク

少年スポーツで勝てそうなのに勝てないチームが考えるべき1つのこと

ここでは、団体スポーツについて書いていこうと思います。個人競技は演技するという部分が大きく占めるので、ちょっと変わってくると思いますので‥。

戦うという感情、大切なのはやっぱり【声】?

昨今では、精神論や根性・気合い等々はかなりの勢いで蔑ろにされてます。

著名なスポーツ選手や評論家が競技を問わず、スポーツ全般での精神論を否定してしまっていることも影響しているのかもしれません。

しかし少年スポーツでは、この戦う感情は試合に勝つためには絶対に必要な感情だと考えています。

少年スポーツでは、同じ練習をして技術的に飛び抜けられる選手は極一部の子供だけです。それは運動神経や体格やスポーツに対する考えが初めから違う子供達です。

残念なことに、こういった極一部の選手達に、少年スポーツ時代に技術面等で追いつくことは非常に困難な事です。よって、これらの選手達と同じ練習をしても、同じく上手くなっていくということは無いってことです。

でも、あるレベルまではしっかり練習することで上手くなることができます。そしてそれは自分だけではなく、非常に多くの殆どの子供達がそのレベルまで成長するってことです。

その同じレベルのチーム同士が試合をする時に勝敗を分けるのが「戦っているという気持ち」です。

そしてその気持ちを高ぶらせるのが「声を出す」ということです。

声を出すだけで、勝ちを引き寄せることが出来ます。だから声ぐらい出さないより出した方がいいんです。

関連記事:全ては同じ場面なんだ。スポーツでいう平常心を保つ為のたった1つの考え方。緊張と集中、そして平常心の考え。

試合中の声の効果

試合中には集中力を持続させる為に一番大切なことが声を出すということです。

そして更には、試合の中で選手間の意思の疎通も容易となります。

例えば野球なら「前進!」「バック!」等、守備の補助効果もありますし、バスケットボールやサッカーでも「後ろ来てる!」や「短い!リバウンド!」等々相手選手やボールの情報を色々な角度から一番早く助言出来ます。

とにかく瞬時に大きな声を出すチームは本当に流れを引き寄せることに長けています。技術はそこそこでも、勝ち切るチームはとにかく大きな声を切らさずに「会話」しているという事です。

スポンサーリンク

まとめ

とにかく勝ちたかったら声を出し続けて集中し会話し続ける事です。

指導者の声しか聞こえないチームは、是非実践してみて下さい。勝てなかったチームがその意識を変えただけで、勝ち続けられるチームになったことを経験したことがあります。

全てやれることはやり切ることが大切です。少年スポーツでは全ての事を準備できたチームが勝者になれることが殆どです。技術の差は大きくはありません。

無言で試合をするチームと、集中を保ち会話しながら試合をしているチームとでは勝敗は明らかです。

それに気が付けた子供だけが、もしかしたら夢叶う日に近づけるのかもしれません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。