あの子は経験者だから?中学の部活でレギュラーを諦める保護者の間違い

あの子は経験者だから?中学の部活などでレギュラーを諦める保護者の間違い少年スポーツ

中学世代の部活などで、入部してすぐにレギュラーを諦めてしまう保護者の方はいませんか?

同級生を「あの子は少年野球をやっていたから」「ミニバス経験者だから」「少年サッカーでレギュラーだったから」などといって、中学世代でのレギュラーを諦めてしまう親子です。

野球なら9人、サッカーなら11人、バスケなら5人の経験者が入学してきたら、もう「自分は試合に出れない」や、「ウチの子はずっと補欠だ」などと考えてしまうのでしょう。

実際、私もこれらの話をしている人を多く見てきましたが、それは勝手に諦めているだけです。

今回は、どうして諦めてしまうのかや、諦めなくてもいい理由などを考えてみましょう。

「どうせ試合に出れない」諦め発言をする保護者の考えと子供への影響

「どうせ試合に出れない」諦める発言をする親子の2通りの考えとは

経験者が多いからといって、試合に出ることを諦めるのはどのような理由なのでしょうか。

  • 経験者にはどうやってもかなわない、という思い込み
  • 練習すらまともにやらせてくれい、という思い込み

最悪の場合「試合に出るのは諦めたほうがいいよ」「どうせ試合に出れないから適当に頑張りな」など、これから1つのスポーツを頑張ろうとしている子供に対し言ってしまいます。

親にこのようなことを言われた子供は、親に部活を頑張っている姿を見せるのが恥ずかしくなり、スポーツに集中できる環境を奪われてしまうのです。

経験者がいても諦めなくてもいい理由

経験者がいても諦めなくてもいい理由

経験者が多くても諦める必要はありません。

野球は9人、サッカーは11人、バスケは5人、全員が飛び抜けて優れた選手が1つの部活チームに入ってくるのは考えられないことです。

1つの部活チームの同じ学年では、優れた選手はいても1〜2人です。

私立中学や越境入学で選手を集めたなら話は別ですが、それでも野球9人・サッカー11人・バスケは5人を完璧に揃えることはできません。

中学校の部活における越境問題|越境生徒がいる理由?越境による影響は?
中学部活における「越境」。少年スポーツに携わっている人なら、耳にしたことがあるのではないでしょうか。この記事では、中学のバスケットボール部などで話題にされることが多い、部活のための越境について考えていきます。

そもそも、1世代に誰にも負けない優れた能力がある中学生は、全国で見ても1人か2人です。そういった選手がいない世代もあります。

小学時代の経験が活かせるのは、せいぜい中学1年の最初の時期くらいまでです。

ほとんどの子は経験だけで初心者を上回っているだけなので、そのスポーツの動きが自然にできるようになれば、十分にレギュラーを狙うことができます。

したがって、経験者が多くいるからといって、レギュラーを諦める理由にはならないのです。

経験者からレギュラーを奪うために意識すること

入部してすぐは難しいですが、上手くいけば2年生になったころから経験者を追い抜ける可能性があります。

そのためには、以下のことを意識して頑張ってみてください。

  • 反復練習の自主トレ
  • 練習中は声を出す

そのスポーツで活躍するには、まずは動きを身体に染み込ませる必要がありますが、部活での練習だけでは経験者に追いつけません。自宅でそのスポーツの動きの反復練習をひたすら続けましょう

また、部活での練習中は誰よりも声を出します。指導者の目は経験者に向きがちなので、声を出して存在感をアピールしましょう。声を出すことには、集中できたり自信を持てたりと、さまざまなメリットがあります。

なんでスポーツで大声を出すの?声を出す6つメリットと自然に声を出すための方法
この記事では、スポーツで声を出すことで得られる6つメリットを説明します。また、スポーツを始めたけど声を出すのが苦手という子供たちに向け、どうすればスポーツで声が出るようになるかも紹介しましょう。

これだけやれば、後は一生懸命頑張るだけです。2年生の頃には、経験者の何人かは追い抜いているでしょう。

まとめ:やるからには諦めないことが大切です!

まとめ:やるからには諦めないことが大切です!

やりたいスポーツなら、全力で頑張ってみることをおすすめします。経験者がいるからといって、子供に諦めるようなことは言わないようにしてください。

中学世代では、チームに経験者がいてもレギュラーを狙えます。

ただ、部活の練習だけでは追いつけません。徹底した反復練習は必要です。

もし、子供が中学で新しいスポーツを始めたいといった際は、諦めさせるのではなくアドバイスを送ってあげてください。

少年スポーツ
スポンサーリンク
New Myself