「もう会社辞めたい…」退職を決断するときに想像すべき 1つのこと「今よりも幸せになれそうか?」

スポンサーリンク
会社を辞める準備

朝起きて「もう無理…、会社に行きたくない…」と、今すぐにでも会社を辞めてしまいたい考えることもあるはず…。

そうと思っても、なかなか決断するのは難しく勇気がいることではないでしょうか。

しかし「もう限界だ…」と感じるなら退職した方がいいです。限界を感じながら我慢してしまうと、取り返しのつかない人生になる可能性もあります。

私は40代で退職しましたが、会社を辞めようと決断してから実際に退職するまで1年以上掛かりました。もちろん働いた年数で違いはありますが、決断してすぐに退職するのは難しいことです。

では、どのタイミングや考えで退職を決断すべきか、私の経験も書いていきます。

スポンサーリンク

「もう会社辞めたい…」はダメじゃない!

精神的にも肉体的にも限界で、「会社を辞めたい…」と考えるなら退職へ向けて気持ちを整理すべきです。

どのような考え方をすれば、退職を決断する気持ちになれるのでしょうか。

「つらい」なら退職を検討する!取り返しのつかないことになる…

まず、会社を辞めてやりたいことがあるなら、退職しそれに向かって行動すべきではないでしょうか。

問題なのは「会社にいるのがつらい…」と考えているのに、やりたいことも無く退職できずに思い詰めてしまうことです。また、転職できるのか?などの不安もあるでしょう。

そして「会社は辞めるものではない」と教えられたり考えてしまったりしているケースも少なくありません。

しかし、本当につらいなら退職を検討すべきです。我慢して辞めないのは、非常に危険なことだと意識しましょう。

例えば、つらくてやる気が出ないは「うつ病」である可能性もあります。

つらいと感じて会社を辞めるのは、甘えなどではなく精神疾患のリスクを軽減させる大切なことなのです。

悪いのは会社?自分?どちらでもないと考えるべき!

会社が悪くて精神的に追い込まれていると感じているかもしれません。

しかし、実際は社員一人ひとり性格も考え方も違うのが当たり前です。同じ職場であっても、つらいと感じる社員もいれば感じていない社員もいます

その職場に合わない場合は、どれだけ努力しても結局合うことなく、常に「つらい…」という気持ちになるのです。

よって、会社が悪いや自分が悪いなど考えず、その職場自体が自分に合っていないだけと考えましょう。

その職場から離れなければ、常につらい気持ちで会社員人生を送ることになります。苦痛でしかありません。そのため、つらいなら転職するなどして会社を辞めるべきと言えるのです。

では、「つらいから辞める」を決断するには、何を想像すべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

「もう会社辞めたい…」退職の決断で想像すべき 1つのこと

想像することで、前向きに退職を考えられるようになります。

具体的に、どのようなことを想像すべきか紹介しましょう。

今の職場より少しでも幸せを感じられるかを想像する

会社を退職することによって今の職場で働いてるより少しでも幸せを感じられるか」を想像してみることです。

例えば、転職を考えている場合、新しい会社に入ったらどうなるのか?どうしたいのか?今の会社と一緒なのか?でもそうしないように努力できそうか?など想像します。

自分が働きづらい職場は、すべての従業員が働きづらい職場とは限りません。もちろん理不尽なことは多くありますが、自分にもなにか問題があったのではなか?なども想像してみましょう。

具体的例!自分が想像してみるので参考に…

私は20年くらい勤めた会社を円満退職しました。円満退職といっても私の心の中では職場での自分が至らないことが多く浮かびます。

私の場合は、会社に長くお世話になりすぎたと考えました。

もちろん普通は定年までお世話になっていいのですが、退職を決断したときは業務に目新しいこともなくなり、正直なにをやっても暇に感じてしまっていたのです。

まるっきりやる気の無い状態で会社に通ってるだけの状態が嫌で嫌でどうしようもなく感じていました。

会社を辞めたいと常に感じながら勤めているのは非常につらいことです。そのため、会社を辞めることで、今より幸せになれるかを真剣に考えました。

会社を辞めたら今より幸せになれるか?

  • ただ会社を辞めて家に居ることは「暇」、現状が変わらず幸せでない
  • 自宅で仕事をするのは楽しそうか?
  • 毎日いろいろなことに挑戦していれば暇ではない?
  • 暇ではないということは会社にいるより幸せ
  • 転職したらどうなるのか?
  • 新しい職場なら暫くは暇な気持ちにならずに済む?
  • とにかく暇な時間を作らないにはどうればいいか?
  • 会社へ行くこと自体がつらくないなら私生活も楽しくなる?
  • 自分で時間を管理できれば、会社で働くよりも幸せでは?

他にも、久しぶりに友人に会うことができる、家族と出掛けることができたるなど、フットワークが軽くなることで人生が楽しくなることも想像しました。

こんな想像してしまったので、私は転職を想像するのを止めてしまい…。フリーランスで働くことを決めました。

どうしようもなく会社を辞めたくなったら、まず考えるのはたった1つ「今より少しでも幸せになれるかどうか考えてみる」ことです。

スポンサーリンク

どうしても会社を辞められないときの対処法

会社を辞めたくても辞められないことには、退職の意思を会社へ伝えられないこと、退職を拒否されること、再就職に不安があること、などがあります。

このようなケースには、退職や転職をサポートしてくれる支援サービスを利用するのもオススメです。

退職代行サービス

退職代行サービスは、その名の通り自分の代わりに退職の意思を会社へ伝えてくれるサービスです。

以下のような方にオススメのサービス!

  • 退職の意思を上司へ伝えられずに困っている…
  • 退職の意思を地耐えたのに辞めさせてもらえない…
  • 後味が悪い退職ではなく円満退職を目指したい!

また、ただ会社へ退職を伝えるだけのサービスではなく、さまざまなサポートを受けられます。

  • 退職書類のやり取りなども任せられる
  • 保険証などの面倒な事務手続き方法も教えてくれる
  • 会社の人と会うことも話すこともなく退職可能
  • 有休休暇の取得連絡もしてくれる
  • サービスによっては弁護士や労働組合が会社と交渉してくれる

自分だけではなく、退職代行を使われた会社も納得するサービス「退職コンシェルジュ」がおすすめです。後腐れの無い円満な退職を望むなら検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくは公式HPで確認してください。

公式HP → 退職コンシェルジュ

転職エージェント

転職エージェントは、自分にマッチした企業への転職をサポートしてくれるサービスです。

多くの業種への転職をサポートするサービスや、ひとつの職種に特化したサービスなど、さまざまな転職エージェントがあります。

特徴は、すべてのサービスを無料で受けられることです。

若い世代ならreフレッシュ転職ゲキサポ!転職がオススメ。20代の若い会社員が、新たな職種へも挑戦できる可能性を広げてくれます。

公式HP → reフレッシュ転職ゲキサポ!転職

30〜40代以上の方にはSamurai Jobなどのハイクラス転職に特化したサービスをオススメします。今よりもやりがいある仕事や、高待遇の企業への転職を目指せます!

公式HP → Samurai Job

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

会社を辞める決断をするときに想像することは、今より幸せになれる想像ができるか、できないかです。幸せを想像できたら退職を決断し準備しましょう。

とにかく、つらいまま会社で働き続けることは、自分にとっても会社にとっても良いことではありません。

会社のため生きているような人生で終わらないためにも、今より少しでも幸せを感じられる想像ができたら、それに向かって少しずつでも行動しましょう。

しかし、本当につかったら、すぐに何も考えずに会社を辞める検討が必要です。うつ病などの精神疾患など取り返しのつかないことに繋がります。とにかく我慢できない程つらいなら迷わず現状を変えましょう

いくら努力しても自分では現状を変えられないなら、支援サービスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。