やれば出来た!退職準備として生活習慣を振り返える大切さと節約術の考え方

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

今回は、会社を辞めるのだから生活習慣も見直そう!ってことです。

会社を辞めるのだから収入も変動しるし生活リズムも変わってきます。ですので、今現在の自分を分析し無駄を無くして退職後の生活を快適に送れるように考えていく必要があります。

そして会社を辞めたら安定した収入が一時ストップしてしまいます。少しでも節約出来るところはしたほうがいいと思います。色々計算してみると、私の場合は会社に行くだけで結構な出費がありました。

この記事では、節約出来た分を収入と表現していきたいと思います。節約なんで実際には収入ではありませんが‥。その私なりの考え方を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

会社を辞めるなら改善したい習慣

私は会社を辞めると決心した時、生活するにおいて必要のない物事を止めてしまえば退職実現にかなり近づくと考えていました。

これは無駄なく生活している人にとってはつまらない話かもしれませんが、私にとっては会社を辞めるために絶対にクリアしなければいけない事でした。

まず自分で思う、良いお金の使い方ではない消費を考えてみました。(私個人の考えです。参考までに)

禁煙

会社を辞めるのだから、禁煙したほうがいいと考えました。

お金の面もそうですが、喫煙できる場所を探しまわって時間を無駄にしてしまうので効率が悪いので、私にとってタバコは消費と考えることができまし。そして私は会社を辞めると決めてから数カ月で禁煙し現在では非喫煙者です。

禁煙したことにより、タバコを買うことがなくなった私は、月に約4万円の収入を得る事となりました。私が吸っていたタバコは1箱420円それを1日に約3箱吸っていました

420×3=1,260円/1日  ・ 1,260×30=37,800円/1カ月

4万円あれば他に何が出来るだろうと考えてしまいがちですが、私は4万円分は今の仕事より収入が少なくても生活出来るんだと考えました。

会社の人との食事

とくに会社を辞めると決めてからは、会社の人とは夜の食事に行きませんでした。

しかも丁度、異動になったばかりの時期だったので新しい部署では「行かない人」というイメージを持ってもらうようにヤンワリと誘いを断りました。(もちろん会社の忘年会や送別会等々には参加しました)

以前の部署では月に少なくても5回、多い時には10回以上は行ってました。その他にも出張の時は毎晩行くので、ひどい月は半月以上も外食していたことになります。

この状況だと計算し辛いので月5回で計算します。一回1万円と計算すると5万円です‥。

会社の人と食事に行き会話をするのは大事なことだとは思いますし、それにより仕事がスムーズに進んだ事は確かにあります。しかし、陰口等で盛り上がったりする食事はつまらないですし時間の無駄です。

こういった食事は完全にお金も時間も消費してると考えました。会社に残るなら大切な事かもしれませんが‥。

スポンサーリンク

まとめ

ざっと計算しただけでも月に9万円の消費です。ってことは退職後9万円収入が減っても生活は出来るってことです。

タバコやお酒は、分かりやすく計算しやすいので取り合えずここから始めてみてはいかがでしょうか。

私は禁煙を決めた時、成功するとは思ってもいませんでしたが、会社を辞めたい気持ちが強すぎて「タバコ吸わない分は稼ぎが悪くなってもいいじゃん」って自分勝手に考えりことができました。

結局年間、約50万円がタバコに消費してるなら年収が50万安くなったって問題無いって考えにしました。

更に夜の食事代だって年間60万の消費になり、合わせると年間約100万円を消費している事になります。それに伴い年収も100万安くなってもいいじゃんって感じです。(全くもって私個人の考えです‥。限りなくご参考までに)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

【禁煙】自分に「3つの考え」を加えただけで禁煙出来た!やっぱり気持ちの問題だった!その方法とは。
私がとても簡単に禁煙する事が出来た時の禁煙方法を書き留めておきたいと思います。 この禁煙方法は私だけにしか効果がないかもしれません。しかしどんな禁煙方法も全て禁煙出来た本人にしか効果がない方法といえます。 禁煙したくてこのページにたどり着いた方は、自分なりに気持ちや考え方を変えて禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。