会社を遅刻する理由に嘘を伝えてはいけない?嘘は取り返しがつかないことになる!

スポンサーリンク
会社員について考える

会社員だった頃、寝坊してしまい遅刻したことが1度だけあります。寝坊以外には何回かありますが、寝坊による遅刻は1度だけでした。

起きた瞬間、時計を何度確認しても、あと15分程で始業時間「絶対に間に合わない休んじゃおうかな」と思い、どんな理由で休もうかと数分間考えた記憶があります。

結局会社は休まずに遅刻する旨を電話で上司に伝え出勤しました。

皆さんも経験があるのではないでしょうか?、起きた瞬間に遅刻だと分かったときの、あの例えようのない感情。

急な遅刻や欠勤など、会社員はその度にそれを上司に伝えなければなりません。そして、その度に遅刻や欠勤の理由も伝えなくてはいけないことがほとんどです。

そこで今回は、どんな理由がいいの?ってことや嘘をつくことの影響などを、私が会社員のときに経験したことに基づいて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

会社を遅刻する理由の伝え方

自分の不注意で会社を遅刻するときの理由の考え方です。

まず、もっとも大切なのは嘘をつかないってことではないでしょうか。自分を守るための嘘は、後々は自分の首を絞める結果になるのがほとんどです。

例えば、寝坊してしまった場合は「申し訳ありません。寝坊してしまったので20分程遅れます」と伝えるしかありません。

そのまま会社を休んでしまうなら、また違った言い訳もあるとは思いますが、会社に自分の不注意で遅刻する場合は、絶対に嘘を言わずに正直に伝える事が大切です

スポンサーリンク

嘘を伝える影響とは

まず、自分の不注意で寝坊し遅刻するってことは、その時点で遅刻という会社にとっては歓迎できない状況にあり、その遅刻は絶対に免れませんしどうやっても遅刻は遅刻です。

その状況で寝起き声のまま上司に嘘の言い訳をするのは、さらに自分の首を絞めてしまうことになります。

「寝坊して遅刻したやつ」から、「嘘つき」になってしまいます。自分の不注意を自分で大きくしてしまう結果になってしまうのです。

1度会社で「嘘をつくやつ」というレッテルを貼られてしまうと、定年退職まで「嘘つき」と見られながら会社生活を送ることになります。

ですので、自分の不注意での遅刻理由は正直に伝えましょう。

スポンサーリンク

まとめ

会社での嘘はバレてないのではなく指摘されないだけです。上手く誤魔化せてるつもりでも、どんどん信用を失っていきます

どうせ遅刻してしまうのですから正直に言ってしまった方が気楽です。遅刻の事実は変わらないのに、嘘をついて一生の信用を失ってしまうことになります。

自分の不注意での遅刻は、事実を伝えて謝るしか方法はありません。責められるのはそのときだけと考えましょう。

誠意を持ってとか許してもらうためとかではなく、嘘をつく必要がないってことと嘘をつくと遅刻どころではない程の信用を失ってしまうのです。

くれぐれも、自分を守るだけの嘘には、気をつけるようにしましょう。