会社を辞めるにはかなりのストレスが付きものです!40代で退職した私が感じた「辞めるという行動」からのストレスとは?

サラリーマンとして中堅くらいである40代、バリバリ会社のために働いている人もいれば、会社を辞めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

私も、一昨年に40代で会社を辞めましたが、辞めたいと考えているときや辞めた後よりも「辞めるという行動」を起こしているときのほうが、多くのストレスを感じていました。

今回は、この「辞めるという行動」についての説明と、それによって感じたストレスについて紹介しようと思います。

今、30~40代で会社を辞めたいと考えている人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「辞めるという行動」とは

会社を辞める時系列は、次のような順序になるのではないでしょうか。

1.会社を辞めたい「きっかけ」  2.会社を辞める「決断」 → 3.会社を「辞めるという行動」  4.会社を「辞める」

まず、会社が嫌だとか新しいことに挑戦したいとかなど、ネガティブでもポジティブな理由であれ、会社を辞めたいと思う「きっかけ」があります。

いろいろ考えたり悩んだりしてその結果、会社を辞める「決断」をするはずです。

そして、退職を決断したら、会社を辞めるという行動を起こす必要があります。

これが本当に会社を辞めるにあたって、1番ストレスに感じてしまうことです。

辞めるという行動を乗り越えてしまえば、会社を「辞める」ことができます。

では、1番ストレスを感じるという辞めるという行動とは、いったいどのようなことなのでしょうか。

家族に退職の意思を伝える

これが第一関門となります。反対されるものと考えて、伝えることが肝心です。

理由はどうであれ、自分の状況をいつも見ている家族ですので、反対されたとしても気持ちは伝わるでしょう。

前向きな意見や今後のことを説明し、不安を感じさせないように説得することで理解してくれると思います。

会社の上司へ退職を伝える

これが、ストレスを最大に感じることになります。

「退職を引き留められたらどうしよう」や「退職自体を取り合ってくれなかったらどうしよう」など不安ばかりが先行してしまいます。

また、退職を伝えるために、どのように上司との面談をセッティングするのかなど、それはそれはストレスを感じてしまうでしょう。

ある程度の質問されそうなことを予想しておき、すぐに受け答えできるように準備しておく必要もあります。

注意すべきは、言葉を詰まらせないようにすることです。

少しでも言葉を詰まらせてしまうと、畳みかけるように退職を引き留める言葉を浴びせられ、言い包められてしまいます。

とにかく、この上司に退職を伝えるという行為は、準備や心構えなど多くのことを意識し臨む必要があるストレスを多く感じてしまうことなのです。

上司に退職を伝え、話し合い認められれば、あとは引き継ぎや挨拶などいろいろな「会社を辞めるという行動」はありますが、とくにストレスを感じずにこなすことができるでしょう。

この、上司というか会社に退職を伝えるということが、難しかったり拒否されたりなどで、会社を退職できないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

会社に退職を伝えられない人が利用するべきサービス「退職代行」とは

もうどうしようもなく辞めたい会社なのに、辞めさせてくれなかったり退職を伝える話すら聞いてくれなかったりなど、行き詰まり身動きのとれない人もいるでしょう。

こうなってしまうと、毎日がつらく休日も会社のことばかり考えてしまうなど、メンタルヘルス的にもかなり危険な状態といえます。

そんな危険な状態からは、すぐにでも脱出しなければ、本当に取り返しのつかないことになりかねません。

しかし、「嫌だから明日から会社へ行かない」というのは、退職金の問題や雇用保険の問題などがあり、賢い退職方法とはいえないことです。

そこで、最近では「会社を辞める」と伝えられない状況にある会社員などへ向け、「退職代行」というサービスが活躍しています。

「退職代行」サービスとは

退職代行はその名の通り、会社を辞めたいけど辞めさせてくれない、退職を会社へ伝えられないという会社員に代わって、退職を会社へ伝えて退職させてくれるサービスです。

ケースによっては、退職代行サービスに依頼すれば、会社へ二度と行くことなく退職することもできます。

会社を辞める際に、最大のストレスとなる「会社を辞めるという行動」を、ストレスなく実行することが可能です。

こんな悩みを解決してくれるサービスですが、次ではおすすめする「退職代行サービス」を、いくつか紹介します。

退職代行ニコイチ

ここは何と言っても、14年以上の実績があり、その退職成功率100%を誇る退職代行サービスです。

100%なので、依頼した時点で自分の退職は決定したも同然ではないでしょうか。

公式HP → 退職代行サービス「退職代行ニコイチ」

汐留パートナーズ法律事務所

こちらは、法律事務所なので法律のプロである弁護士が退職の代行を行ってくれます。

未払い賃金や残業代など、お金に関わることがある場合にでも全て対応することができので、複雑な事情を抱える退職は、プロに依頼することも重要です。
公式HP → 汐留パートナーズ法律事務所

スポンサーリンク

まとめ

会社へ行くだけで感じてしまうストレス、さらに退職を伝えるためにもストレスを感じるものです。

勇気を出してやっと会社へ退職を伝えたとしても、受け入れられなかったり引き留められたりと、それでもまたストレスを感じてしまいます。

新しい自分になるためにも、働きたくない会社で働き続けることはおすすめできません。

会社を辞めたいのに辞められないなら、「退職代行」サービスを検討してみてはいかがでしょうか。