会社を辞めた人を食事に誘うときのマナー?退職後の案内やお礼の仕方なども紹介!

スポンサーリンク
会社を辞めてから

退職したのにも関わらず、食事や飲み会に誘われることはないでしょうか。

また、退職した人を食事などに誘うこともあるでしょう。

正直、辞めた会社の食事や飲み会に参加することも、退職した人を飲み会に誘うことも、どちらのケースも気が引けることはないでしょうか。

誘う方も気をつかってのことですが「誘って迷惑にならないかな?」、誘われる方も「断ったら悪いかな?」と考えるものです。

この記事では、会社を辞めた人を食事に誘うときの案内方法や、誘われた人のお礼方法などを中心に、店の選び方なども紹介します。

スポンサーリンク

退職した人を食事に誘う案内や店選び方法

退職した人を食事に誘うケースも少なくはありません。また、送別会も終え、有給休暇に入っている人を食事に誘うこともあるでしょう。

基本的に、メールか電話で誘うことが多いと思います。そして、店選びに悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

ここでは、誘うときのマナーや、店選びについて紹介します。

食事や飲み会への誘い方

退職して日が浅いなら電話でもいいですが、月日が経っているならメールがいいでしょう。

メールで相手に考える時間を与える

電話の場合、相手が「すぐに返事をしなければ」と考えてします。メールなら、じっくりと考える時間があるというわけです。

メールでは、何度かやり取りすることを意識して、すべての情報を最初のメールで送らないようにしましょう。

また、本当に来てほしい場合は、予め店を決めない方がいいでしょう。

店を決めて日時だけを連絡し、店に集合としてしまうと、退職した人にとっては「気をつかって、ついでに呼ばれたのだから今回は遠慮しよう」と考えてしまいます。

会社の行事に「辞めた自分が参加するのは変だろう」と感じてしまうので、メールでは日時だけを伝えて、「都合がいいのか」を問いかける内容にしましょう。

そして、メールの文面が形式的なものになってしまうと、複数人へ送っているものと捉えられ「辞めた自分は行くべきじゃない」と断られてしまうので注意が必要です。

何を食べたいかは聞かない

「何が食べたいですか?」などの質問も、相手を困らせてしまう可能性がありますので、まずは食事内容などにも触れずに、日時だけを連絡し確認するようにすべきです。

相手との関係性にもよりますが、おおよその好みを把握しているのではないでしょうか。

店の決める際の考え方

店はできるだけ、誘う方が選ぶようにしましょう。

「どこがいいですか?」や「何食べたいですか?」など、聞かれるのを嫌がる人も少なくはありません。

店選びに迷う人は多いと思いますが、どのような店でどのような内容がいいのでしょうか。

席だけ予約

居酒屋など何処でもそうですが、席だけ予約することも多いのではないでしょうか。

しかし、会社員のなかには「メニューを選ぶのが面倒」と考える人も少なくはありません。

筆者も、20年くらい会社員をしていましたが、出張であったり付き合いであったりと、年の半分以上が居酒屋などでの食事という時期もありました。

そうなると、何か食べたいけれど「何を注文すればいいのか分からない」や、「何を注文するにでも、選ぶのが面倒だ」と感じてしまうのです。

「なんでも好きなもの頼んで」という言葉が、本当につらく感じている時期もありました。

そのため、会社員として長く働いてきた人には、同じように「メニューを選ぶのかぁ…」と、メニューを選ぶことに対して「つらい」と考えている人も少なくはないのです。

もし、席だけ予約するなら、誘った人ばかりに注文内容を決めさせるのではなく、誘った側から積極的にメニューを決めてあげましょう。

選ぶ方が喜ばれると考えていることが、逆に苦痛を与えてしまっているケースもあるというわけです。

コース料理や専門店を選ぶ

コース料理にすることで、注文したり選んだりする手間が省けますし、相手に気をつかわせることも少なくできるのではないでしょうか。

また、「○○料理」などの、専門店もいいでしょう。

店の選び方

昨今では、さまざまな種類の飲食店を、パソコンやスマホから簡単に予約することができます。

そして、コース料理などの詳細も確認してから予約可能です。

また、予約完了後、出席者に店舗やコース内容などの情報をメールでそのまま送れるので、とても便利ではないでしょうか。

ここでは、店選びに役立つサービスを、いくつか紹介しましょう。

食べログ


言わずと知れた国内最大級の予約サイトです。

月間1億件以上のユーザーが利用しているので、口コミやレビュー数も多く店舗選びに役立つサーブと言えるでしょう。

条件検索が使えるので、無駄なく好みの店を見つけることができます。また、Tポイントも効率的に貯められるのも特徴です。
詳細は「食べログ」公式ホームページをご覧ください⇒食べログ

一休.comレストラン


高級ホテルや旅館など、ワンランク上の宿泊予約ができる「一休」ですが、飲食店の予約も可能です。

「一休.comレストラン」は、限定プランやタイムセールなど、さまざまなサービスを展開しています。

上質なレストランを、お得に利用できるのが「一休.comレストラン」の特徴を言えるのではないでしょうか。
詳細は「一休.comレストラン」公式ホームページをご覧ください⇒一休.comレストラン

ぐるなび

ぐるなびネット予約で楽天スーパーポイント貯まる!

月間利用者数5千万人以上という、歴史のあるグルメサービスです。

ぐるなびの特徴は、クーポンなどでお得に飲食店を利用できるということではないでしょうか。また、楽天ポイントも効率的に貯められます

予約時に、クーポンを反映させることができるので、煩わしいやり取りがなくスムーズに使うことができるサービスです。
詳細は「ぐるなび」公式ホームページをご覧ください⇒ぐるなびネット予約

ホットペッパーグルメ


若者を中心としたユーザーに、人気のあるグルメサービスと言えるでしょう。

また、女性向けのお店も多く探すことができるのも特徴といえるではないでしょうか。

そして、「ホットペッパーグルメ」も、クーポンが充実しています。
詳細は「ホットペーパーグルメ」公式ホームページをご覧ください⇒ホットペーパーグルメ

スポンサーリンク

辞めた会社の人から食事に誘われたときの振る舞い方

誘われるのもいいですが、ちょっと困ってしまうケースも少なくありません。

しかし、断るのも簡単なことではない、と感じてしまう人も少なくはないでしょう。

食事後のお礼はメールで

「先日はありがとう」などと、簡潔に送るようにしましょう。

できるだけ、相手が返信するのに時間がかかりそうな内容のメールは避けるべきです。

例えば、「今度いつ行ける?」など、考えてから返信しなければいけない内容は、相手に時間を使わせてしまうので注意する必要があります。

「また機会があったら行きましょう」などとメッセージを入れるか、次回については触れないようにするのがいいでしょう。

会計について

食事の料金は、基本的に払うようにしましょう。

誘った方がお金を払おうとする傾向が強いですが、払ってもらうと次回行きづらくなってしまいます

料金を払われてしまうと、次に誘われたとき「また奢ってもらうことになる…、行きづらいなぁ…」と考えてしまい、それがきっかけで疎遠となってしまうこともあるのです。

また行きたいと考えたり長く付き合いたいと考えたりするなら、自分の料金は自分で払うようにしましょう。

しかし、受け取ってくれないのも、よくあることです。

そのため、誘った側も長い付き合いを望むなら、それなりに断った後、料金は受け取った方がいいのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

同じ会社で働いているときは、仲間であり同僚であり上司や部下の関係であっても、退職後はなかなか連絡を取りづらくなることもあります。

もし、長い付き合いをしていきたいのなら、相手に気をつかわせないように振る舞うべきでしょう。

そのポイントとなるのは、会計時やメニュー選びに気をつかわせないことです。

肝心のお店選びは、グルメサービスでコースや専門的な料理を選ぶことで、満足いく会食ができるのではないでしょうか。

お店選びは、下記のようなグルメサービスを目的別で利用すると、お得で満足できる料理を堪能できるでしょう。