行動する事がとにかく重要?【断捨離セラピー】って本の感想レビュー

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

今回は書籍のレビューです。

私は会社員時代から出張での移動中によく読書をしていました。そして会社を辞めた今でも、読書する癖が付いており、必ず1日に少なくても数十分は読書をしています。

ジャンルは様々ですが、会社員の時は主に「ビジネス」や「自己啓発」のような、他人の仕事に対する考え方等が書いてある本を好んで読んでいました。

そして本を選ぶ時のポイントは、「本の題名」です。新しいか古いかは気にせずに、ビジネス書のコーナーを見渡して、面白そうな題名の本を迷わず買います。出張の移動で読む本なので。とくに当たり外れは気にしないで決めてました。

今回紹介するのは「断捨離セラピー」という本で、丁度我が家が引越しを控えていた時期の出張中に買った本です。この本中身はなんと漫画になっており、当時引っ越しを控えても、全く物を捨てられない妻と子供達にも読んでもらいたくて買った事を憶えています。多分読んでないでしょうが‥。

しかし、私が毎週のように本を買ってくるので、気が付けば部屋中に大量の本が積み上げられてしまい、引っ越しの時はその選別に苦労したことを覚えています。そんな中、妻にオススメの本だと言っても読むはずもなく、危うく「断捨離セラピー」も断捨離されるところでした‥。

スポンサーリンク

断捨離セラピー

著者について

監修 やましたひでこ

「クラター・コンサルタント」という肩書をもつ断捨離の提唱者です。因みにクラターとはガラクタという意味だそうです。

著者 あいかわももこ

断捨離と出会い、今ではダンシャリアンとして断捨離に励む「漫画家」さんです。私はこの方の他の漫画は読んだことはありません‥。

本の特徴

何と言っても、漫画だから読みやすく早く読み進めることが出来るので、時間がない人や普段あまり読書をしてない人にも読みやすくなってます。

また、断・捨・離と三つの章に分けられており、そこではしっかりと文章で解説があってから漫画に入る作りになっているので、イメージしやすく漫画が読めます。

本の内容

各章では、よく家庭で起こりうる「あるある」を解決していく流れが多いです。実際によくありそうな話を、わかりやすく漫画で読めるので実用性のある本だと思います。

問題発生 → 断捨離 → 解決

という流れで話は進み、その断捨離部分の考え方と方法を解説してくれています。

断捨離という言葉について

私はこの「断捨離」とう言葉を昔から知っていた訳ではありませんし、聞いた事もありませんでした。

なんとこの「断捨離」って単語はこの本を監修している【やましたひでこ】氏が、考案した言葉で商標登録もされている言葉なんです。だから昔は聞いたことがなかったんです。

この本によると「断捨離」は、ヨガにおける心の執着を手放す行法哲学がベースになっている言葉だそうです。

スポンサーリンク

まとめや感想

このブログのキャッチフレーズでもある「新しい自分になる」という意味で、この本をまた読み返してみました。

何にしても行動力が大事だと考えさせられます。こんなに細かく解説してくれている本を読んでも、結局自分の行動力が無ければ、ただ読んだだけになってしまいます。

この本を読んで私は、行動力をつけ幸せになるために、まず「断捨離」という身近な所で行動しようと思えました。

この本は漫画で表現されていてイメージしやすいので、自分の家をイメージしながら読むと、どこから手を付ければいいのかのヒントもあると思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい

本レビュー:いったい何があったのか‥【清原和博 告白】を読んでの感想レビュー
「清原和博 告白」この本は発売されたばかりの本なので、内容については触れることが出来ませんが、どうのような感じだとか流れで清原元選手(以下、清原選手)が「告白」しているのかを、伝えられればと思っています。 ドラフト会議や桑田選手や巨人に移籍してからの事、そしてあの事件のこと等をいったいどの様に告白しているのでしょうか。
1日10分で問題がスッキリする?【「ひとり会議」の教科書】という本を読んだ感想レビュー。
【「ひとり会議」の教科書】という本について、紹介していこうと思います。 この本の初版は2010年で少し古い本ですが、当時は本の題名が目を引き購入しました。「ひとり会議」って聞いただけで、なんだか興味をもってしまい「えっ?どんな?」や「いつやるの?」等々、頭の中で「?」が沢山出てしまいました。取り合えず読んでみよう
血液型をコミカルに紹介する「B型自分の説明書」が面白いので感想レビュー。
今回紹介するのは「B型自分の説明書」という本で、けっこう古い本で初版が2007年ですので、もう10年ほど前の本になります。でも本って古くても、内容が面白かったら読まれる事が多いしオススメもしたいので紹介します。 この本は私ではなく妻が買ってきた本で、私も妻も夫婦でB型ってこともあり、爆笑しながら読んでいた記憶があります