さよならPSVR!使い道が無くなった…2年利用した結果、買って良かった?後悔した?かを考える!

スポンサーリンク
PSVR

PSVRの使い道が無くなってしまった…。

タイトルでは「2年所有」となっていますが、ここ半年くらいは使ってません…。

というわけで、PSVRを2年所有した間に、どのような使い道があったのかや、どれくらいの頻度で使っていたのか、使ってみて実際どうだったのか、などを思い浮かべていきます

PSVRの購入を検討しているなら、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

購入当初は最高の驚きをくれたPSVR!

買った当初は本当に驚かされました。想像を遥かに超えるVR映像に感動し「買ってよかった!」と心底感じたことを憶えています…。迫力満点のバーチャルリアル映像に、時間を忘れのめり込んでいました。

買った日は家族も興味をもってくれたので一家団欒に一役かっていたのですが、2〜3日もすると私以外誰も使わなくなってしまったのです。

その日から約2年、私は1人でPSVRと付き合っていくことになりました。

PSVRは、仮想空間を楽しめるのはもちろんですが、ほかにもさまざまな楽しみ方があります。

私が実際によく利用していた時期には、以下のようなことを楽しんでいました。

使い道利用頻度
VR動画(YouTubeやDMM動画など)
MV鑑賞(DVDやBDなど)
映画鑑賞(Amazonプライムビデオなど)
ゲーム(VR対応ゲーム、2Dゲーム)

具体的に、それぞれどのように使っていたのか紹介します。

VR動画

やはりVR動画を観るのが一番多かったです。

当初は、PSストアにある動画ばかり観ていましたが、YouTubeにもVR動画が多数投稿されているのを知り、時間を忘れてかなり視聴していた気がします。

また、高画質でVR動画を楽しめたのがDMM動画です。無料の高画質VR動画もあるのでPSVRの使い道の幅を広げてくれました。

MV鑑賞

ミュージックビデオです。

PSストアにはさまざまな無料のVRMVがあります。それらを視聴したり、VRではない自分が持っているDVDなどを観ていました。

VR動画と同じくらい利用していたと思います。

映画鑑賞

Amazonプライムビデオがメインです。

まさに自宅が映画館になったようなスケールを感じて鑑賞していました。

ゲーム

ゲームはほとんどVRではない、普通のゲームをPSVRのシネマティックモードで試しにやってみたくらいです。

VRゲームも体験版などはやりましたが、ハマったゲームはありませんでした。自分で操作はしませんが、パワプロのVR観戦観戦モードは、とても癒やされます。

スポンサーリンク

なぜ、もう「さよなら」なのか…

VR映像やミュージックビデオなど迫力満点で楽しいPSVRですが、私はもうしばらく使わないでしょう。

もちろん、新しいVR動画は観たいと思いますし、興味が無いわけではありません。では、なぜ使わないと感じているのでしょうか?

面倒くさい

PSVRは電源を入れると、想像以上に速く起動し視聴することができます。電源ボタンを押すだけです。起動は何のストレスも無く快適なのですが…。

日々使っているうちに、いちいち頭にかぶる動作が面倒くさくなってしまい、時間があっても「PSVRでもやるか」とならなくなりました。

体調の問題

慣れればほとんどのVR動画は大丈夫なのですが、どうしても「VR酔い」で体調が悪くなってしまう種類の動画があります。

PSストアにある動画は大丈夫なのですが、YouTubeに個人が投稿している動画の中には激しく目線が揺れるものがあり、これには慣れることはできませんでした。

リラックスできない

個人差がありますが、周りが見えないため落ち着きません。

また、頭にかぶるので髪の毛が引っ張られるなどして、痒くなったり痛くなったりとリラックスできないこともあります。

ヘッドセット(PSVR本体)が重たく感じることが、もしかしたら使いたくないと感じるきっかけになっていたかもしれません

誰も使わない

PSVRは自分のためではなく、家族のために買った意味合いが強いものでした。

しかし、蓋を開けてみれば家族は最初の数日しか使わなかったのです…。

私自身も欲しかったのですが、そもそも「絶対にこれをやりたい!観たい!」というゲームや映像もなかったので、そこまでのめり込むことはできませんでした。

仕事柄、難しいケースも

私は基本的に自宅で仕事をしてるため、電話やメール、チャットなど時間に関係なく連絡が入ります。

PSVRをかぶっていると気がつけないわけです…。スマホをバイブにしても「今、スマホが鳴ったような?振るえたような?」と気になって集中できません。

使い道が少ない

「コレをやりたい!」という明確なものが無いので、毎回使う度に「何か面白いのないかなぁ?」という感じでした。

そのため、面倒くさいやリラックスできないなど考えると、どうしても使用する気になれなくなってしまったのです。

使えば面白いし凄いと今でも思いますが、どうしても「面倒」というのが勝ってしまうようになりました。

スポンサーリンク

結果、PSVRを買って良かった?後悔した?

2年で使い道がなくなってしまいましたが、PSVRは買って良かった!です。金額的にも2年間近く楽しめたので、十分だと考えています。

今まで経験したことのないVR仮想空間の映像を自宅で存分に楽しむことができました。

また、シネマティックモードの大画面で観る映像は圧巻です。

購入前に想像していたよりも圧倒的にVR映像は凄い!と感じました。

PSVRをこれから購入しようと検討している方へ、私はかなりオススメできるアイテムです。

スポンサーリンク

まとめ

PSVRですが初めて使ったときの驚きや感動は今でも忘れていません。でも、今の気持ちは「さよなら」です。

大きさや重さ、かぶるという使用方法など考えると、本当に「コレやりたい!」という使い道がないケースでは、日に日に必要性が感じられなくなってしまいます

また、十分楽しめたので無駄な買い物ではありませんでした。

しかし、もっと軽量で簡単に利用できるVRがあれば、再び購入してしまうかもしれません…。