1日10分で問題がスッキリする?【「ひとり会議」の教科書】という本を読んだ感想レビュー。

スポンサーリンク

 

こんにちは。

【「ひとり会議」の教科書】という本について、紹介していこうと思います。

この本の初版は2010年で少し古い本ですが、当時は本の題名が目を引き購入しました。「ひとり会議」って聞いただけで、なんだか興味をもってしまい「えっ?どんな?」や「いつやるの?」等々、頭の中で「?」が沢山出てしまいました。もうどうしても読んでみたくなり、内容とか構成とかはどうでもいいから、取り合えず読んでみようって気持ちになりました。本でも何でも「題名」は大事ですね‥。

スポンサーリンク

「ひとり会議」の教科書

著書 山崎 拓巳

以下の内容は、この本の著者プロフィールの内容より。

三重県生まれ。大学の教育学部を中退し、22歳の若さで会社を設立しています。他にも著書があり主なものに「やる気のスイッチ!」「人生のプロジェクト」「気くばりのツボ」等があるそうです。

本の題名が気を引く本ばかりで、読んでみたくなる題名ばかりですね。

本の特徴

教科書っていうだけあって、中身も教科書っぽく構成されています。

それというのもこの本は、左開きである事と文章が横書きになっているという、まさに学生時代を思い出す「教科書」って感じの構成となってます。

最初は違和感がありましたが、すぐに慣れ他の本を読むときに今度は「右開き」に違和感を覚えるようになってしまいました‥。

本の内容

各章では「ひとり会議」のやり方や種類、そしてそれをどう活かし問題解決やビジネス等で活かすかの考え方や、更にその「ひとり会議」を飛躍させ、夢を叶えるまで突き詰める考え方を教科書の様に見やすく書かれています。

その問題を解決するには、どうすればいいのか。という考え方をまとめた教科書って感じです。本の種類で言えば、自己啓発本やビジネス本の種類になると思いますが、他の自分なりの問題に当てはめて考えることも出来ますので、ホントに教科書って感じがします。

スポンサーリンク

まとめや感想

本の題名だけで買ってしまった【「ひとり会議」の教科書】という本ですが、読み進めやすくて内容が入ってきやすい本だと感じました。

こういう本は、私にとって「一度読んだらもう読まない。」という種類の本ではなく、なにか有った時に読み返しやすい本です。本棚に沢山の本が溢れていても、この目立つ題名ですぐに見つけることも出来ますし、「なんか読もう、あっ!これでいいや」と目に付きやすい題名なので‥。実際今回、たまたま家で見かけた一番目立った本がこれでした‥。

この本は一度全部読んでおけば、途中のページから読みだしても内容がわかりやすいので、ちょっと時間があるって時にいいかもしれません。教科書なので、どこからでも内容わかります。

でも、教科書ってだけで見たくないって人もいるかもしれませんが、内容はもちろん教科書よりも受け入れやすいと思いますので、興味があれば是非読んでみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

合わせて読みたい

公表されていない遺留品!?【府中三億円事件を計画・実行したのは私です。】感想レビュー。「犯人しか知り得ない事実」とは!
【府中三億円事件を計画・実行したのは私です。】あの有名な未解決事件をやったのは自分っす!って感じのタイトルに惹かれ買っちゃいました。この本を読まない手はないと思い、早速読んでみたんで感想レビューを書き留めていこうと思います。 「公表されていない遺留品」とは!?「犯人しか知り得ない事実」とは!
本レビュー:いったい何があったのか‥【清原和博 告白】を読んでの感想レビュー
「清原和博 告白」この本は発売されたばかりの本なので、内容については触れることが出来ませんが、どうのような感じだとか流れで清原元選手(以下、清原選手)が「告白」しているのかを、伝えられればと思っています。 ドラフト会議や桑田選手や巨人に移籍してからの事、そしてあの事件のこと等をいったいどの様に告白しているのでしょうか。
血液型をコミカルに紹介する「B型自分の説明書」が面白いので感想レビュー。
今回紹介するのは「B型自分の説明書」という本で、けっこう古い本で初版が2007年ですので、もう10年ほど前の本になります。でも本って古くても、内容が面白かったら読まれる事が多いしオススメもしたいので紹介します。 この本は私ではなく妻が買ってきた本で、私も妻も夫婦でB型ってこともあり、爆笑しながら読んでいた記憶があります
行動する事がとにかく重要?【断捨離セラピー】って本の感想レビュー
本を選ぶ時のポイントは、「本の題名」です。新しいか古いかは気にせずに、ビジネス書のコーナーを見渡して、面白そうな題名の本を迷わず買います。出張の移動で読む本なので。とくに当たり外れは気にしないで決めてました。 今回紹介するのは「断捨離セラピー」という本で、丁度我が家が引越しを控えていた時期の出張中に買った本です。